★★★★★


by kusanokenji
カレンダー

<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

福島

【自然体バレー塾in福島Ⅶ】実施要項

1目 的 指導者はもちろん親としての心構えや人の育て方を学ぶ。
     故障のない、身体のメカニズムに即したバレーボールの練習方法を知る。

2主 催 自然体バレー塾in福島Ⅶ 実行委員会

3期 日 平成25年7月13日(土)14日(日) 
     2日間とも9時00分~4時(受付開始8:30)
     
4会 場 二本松市安達体育館
     
5内 容 指導者・これから指導者を目指す方・保護者のための指導方法等
    (具体的な内容は草野先生にお願いしております。)
    
6対 象 指導者・これから指導者を目指す方・保護者、
     小学生・中学生でバレーボールが上手になりたい人
     特に、
     これから指導者を目指す方や保護者の参加もお待ちしております。

7講 師 草野健次(くさのけんじ)先生
(前)松下電池工業女子バレーボール部監督
(現)日本バレーボール協会公認講師
     「自然体バレー塾」塾長 
「TEAM自然体研究会」代表

8参加料 大人1,000円/1日間 小学生・中学生500円/1日間 
     当日受付にて集金いたします。
9参加申込方法 参加希望の方は、
「自然体バレー塾in福島Ⅶ 実行委員会」事務局 石井一宛に参加人数、
懇親会への参加の有無を記入し下記メールアドレスにて申し込みください。
       HYPERLINK "mailto:hajikichi-shizentai@memoad.jp"
      hajikichi-shizentai@memoad.jp

[PR]
by kusanokenji | 2013-05-31 13:54 | メモ

打出

【第4回 打出中学校強化練習会 実施要項】
1)期 日
 平成25年6月8日(土)~9日(日)
2)会 場
 8日(土) 滋賀県大津市立 打出中学校 体育館
        〒520-0804 滋賀県大津市本宮2丁目46-1
         (最寄りの駅は、JR大津駅です)
 9日(日) 滋賀大学教育学部 附属中学校 体育館
        〒520-0817 滋賀県大津市昭和町10-3
         (最寄りの駅は、JR膳所駅です)
3)時 間
 午前9時~午後5時まで
  (生徒たちは、8時30分すぎからアップを開始する予定です。)
4)内 容
 打出中学校女子バレーボール部の強化練習
 「スリーアップ中学」が中心!
5)参加費
 指導者:ひとり¥1,000-(1日) 
 *選手の参加については要相談。
6)昼 食
 指導者:1食¥700-まで
7)懇親会
 8日(土)午後7時ごろより
 (場所未定 大津駅周辺を計画)
8)問合せ・申し込み
  参加ご希望の方は、6月5日(水)まで(期限厳守)に
  沖本宛にメール(uchidejhsvbc-coaching@yahoo.co.jp)
  でお申し込み下さい。
  問い合わせについても、上記メールアドレスにお願いします。
   *中学校へは連絡しないで下さい。
[PR]
by kusanokenji | 2013-05-31 11:31 | メモ
勉強を教えない塾

テレビの「よーいどん」でやってましたね。

普通は、塾で勉強をするのはいい成績をとるため。
いい高校、いい大学、いい会社に入るため。
しかし、人間はいつかつまづくときがくる・・・。
そのとき、何もできないようでは困る。
思春期の間に「自分で歩ける力をつける」こと。
そんな塾です。


素晴らしいと思いました。
講師の先生はまだ28歳。生徒は30人。
京都の亀岡でした。

自然体バレー塾では「小学生の間は試合に出ないチームがあってもいい」
と薦めることもあります。それを聞くとだいたいみなさん驚かれます。
「子供のモチベーションはどうして維持するのですか?」と。
試合よりも練習がしたい!
と思わせるような指導をすれば解決しますよ。
それが真の「指導力」ではないでしょうか! と僕は答えます。

お笑い芸人は厳しい世界です。
彼たちは、日夜、「ネタ」探しをしています。
「どうしたらお客さんに笑ってもらえるか!」といつも一生懸命です。
我々指導者も「どうしたら子供が喜んでくれるか」が必要ではないでしょうか。
そういうことを考えられる指導者を育成したいものです。

どうしたら子供を一生懸命やらせるか、ではなく
どうしたら子供が自分から一生懸命にやれるか!

そういうことを考える指導者でありたいものです。

冒頭の「勉強を教えない塾」とは
「自分で勉強する力をつける塾」
「自分で人生を歩く力をつける塾」ということです。

どちらも「子供の未来を見据えた指導」という視点では同じですね。
とても気持ちのいい朝でした。
[PR]
by kusanokenji | 2013-05-31 10:50 | ■連載“日々努力”

北六甲

【第2回:自然体バレー塾in北六甲】
緑のきもちいい山口地区にあそびにきてください。
主 催  北六カリヨンズ

期 日  平成25年7月20日(土)~21日(日)

会 場  流通東体育館(20日) 北六甲台小学校(21日)

時 間  受付:午前10時00分~(北六甲台小)
      午前10時~午後5時まで
近隣の迷惑になりますので、受付開始時間に北六甲台小学校に到着してください。

内 容  20日(土):午前 → 講義&実技
              午後 → 実技指導
      21日(日):終日 → 実技指導

参加費  指導者:ひとり¥1,000(1日)
       選 手:ひとり¥500(1日)
      ※学校・チーム単位、並びに個人参加でも結構です。

昼 食  指導者:1食 ¥700(ご希望であれば、選手のお弁当もご用意させて頂きます。)
       
懇親会  20日(土)午後6時30分より 鳥しん 会費:ひとり¥6,000

宿 舎  宿泊希望の方は、有馬リゾートミント(Tel:078-903-0023)で
直接お申し込み下さい。申込の際に、自然体バレーと、申しつけください。

その他  ボールは各チーム、各自で準備して下さい。

★参加者人数の変更は7月7日(金)午前中までにご連絡下さい。
それ以後の変更、当日キャンセル等の場合、参加費は徴収させて頂きますので、ご了承下さい。

 参加ご希望の方は、6月31日(金)まで(期限厳守)に自然体バレーin北六事務局・安部宛に
   メール(artisan1970@yahoo.co.jp)
   もしくはFAX(078-903-0670)でお申し込み下さい。

[PR]
by kusanokenji | 2013-05-30 13:04 | メモ
生徒の自主性が大事と言う割りには
生徒の自主性を無視していないか?
内発的、自主的、自発的と理屈では分かっていても
指導現場を見ているとそうとは思えない場面が多いような気がします。

バレー塾で取り組んでいるのが
黙々90分!

「UPー2011」が10分(各自で行なうウオーミングアップ)
それが終わったらサンバの音楽をかけながら「サンバでアップ」を約30分!
小学生から中学生まで一緒にできるアップです。
30分を5分にまとめた映像がここ
その後、「スリーアップ中学」を50分!


顧問の先生が来れなくても自分達でやるべきことをやるのが目的。
「三つの成長(スリーアップ)」という目標を持ってやる。
そのためにできたのが「スリーアップ中学」と「スリーアップ入門」
一生懸命に取り組んでくれる中学校も現れました。
その成果は・・・期待できそうです。
[PR]
by kusanokenji | 2013-05-30 11:00 | ■連載“日々努力”
勝つだけではダメだ!

ついに出ましたね。
ようやく出ましたね。
何か事件が起きないと出ないからね。こういうのは。
時間の問題だとは思っていたけど、政府正式通達になるみたいですね。
桜宮高校のことが発端となってできたとかテレビでは言ってましたね。
「運動部活のガイドライン」の趣旨が「勝つだけではダメ」ということらしい。
昨日の夕方のテレビニュースでの話です。
遅きの感はあるけど、でも、あったほうがいい。
強くすれば誰も文句言えないという風潮が消えるだけでもありがたい。
まだ「文部大臣に提出された」の段階だけどそのうち各学校におりるらしい。
一昨日の橋本でのバレー塾でも
「強いから勝つ」とか「勝つから強い」とかの理屈ではない。
「辛いことでも続けていると強くなるんだよ」

それを大事にしよう・・・そんな話をした。
その典型的な例が「ザ・母親」!
女性は強い、されど母はもっと強い!
子供を育てあげた母は強い!
若いお母さんの子育て奮闘ぶりを見ていると尊敬する。
孫たちを育てる二人の若いお母さんの姿を見ていると本当に頭がさがる。
「ありがとう」と心の中で叫んでいるよ。
天国で見守っている妻にも「大丈夫だよ、ちゃんとしているよ」と報告している。
すごいよ!
途中投げ出したりしたら大変だからね。
やっぱり、子育てと同じで、部活も勉強も仕事も何事も
しんどくても、つらくても「投げ出さないこと」が大事だよね。
そういうことを伝えていきたいね。
目先の試合とかに目くじらたてない心の深さが欲しいね。

まったく関係ないが、そういえば、昨日のNHK朝ドラ。
キョンキョンが「つらくても悲しくても腹はへるんだよね。
焼きそば食べたら歯に青のりがつくんだよね〜」・・・ここがおもしろかった。
このドラマをみていると
誰かに勝つ!?・・・・

そんなケチな考えは捨てようぜ!

そう思えてくるね。バレー塾ではそんな話もした。
誰かに勝ったって、自分に負けたらどうしようもないよ。
ついつい魔が差して警察に捕まるようなことをしたりしたらおしまい。
自分に克つということは自己コントロールが
できるということ。
感情のおもむくまま行動しないということ
これが「自分に克つ」ということ。
しっかりやっていこうぜ!
時間が経てばたつほどそれが自分のためになるし
世の中のためにもなる。
そんな話を小学一年生から大人まで真剣に聞いてくれることに感謝です。
バレーボールと人間学のセットが自然体バレー塾です。
このスタイルは当初から変わりなし!
不易の考え
これも続けてこそ。
20年、30年と言い続けてこその話。
続けていくと強くなるのは本当だ??

[PR]
by kusanokenji | 2013-05-28 00:45 | ■連載“日々努力”

橋本

【第788回】in橋本34(和歌山県)
2013年5月25(土)~2日)・・210名 県立橋本体育館ほか
★受講者累計 160,403名     ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  前回  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              第34回

<sanba de UP>
UP-2011を合わせると約40分。自分達で音楽にあわせて連続で行ないます。
この曲は智弁学園野球部の応援にも使っているそうです。




心の勉強はいつものカリキュラム
c0000970_1744636.jpg

はちきれる笑顔は心の宝
c0000970_17444359.jpg

【二日目、午後の苦しい時】
「みんなができることをみんなよりも頑張る。そういう子がいないことが僕は不満です。『この子すごい!』って思わない・・・。
その後、「修行」の映像を見ました。
「みんなができる当たり前のことを 手抜きしないでやる。手抜きをしないことで人生が変わる。この2人の人生は変わったよ!その後、どんどん動きが変わっていきました。」
・・・・参加者のブログ文より

それぞれに「成長のあと」が見られたバレー塾でした。

今日、運動部活のガイドラインが文部大臣に手渡されたそうです。

部活は勝つことだけを目的にしてはいけない
心の成長を目的とした教育の一環であるこ!

このような内容だそうです。
全国に配布されるそうです。
当たり前の話ですよね。
自然体バレー塾の理念です。
[PR]
by kusanokenji | 2013-05-27 17:45 | ■講習会リポート
与えたのに返ってこないのは
神様のポケットに入れたと思えばいいよ


それはいつ?
そうやな、こちらから挨拶しても
返してくれないときかな?

そんな時怒る必要はないんだよ
その挨拶はムダになってないからね
その君の笑顔もムダになってないよ

与えたのに返ってこないのは
全部「神様のポケットに入っている」
と思えばいいのと違う!
[PR]
by kusanokenji | 2013-05-27 15:34 | ■連載“日々努力”

弘前

平成25年度 
自然体バレー塾in弘前 開催要項  訂正版

~みんなが笑顔になれる、元気が出るバレーボール講習会~ 



1 主  催  自然体バレー塾in弘前実行委員会

2 開催期日  平成25年7月27日(土)
        12:00~17:00(開場10:00)                          ☆受付 10:00~12:00           
        7月28日(日)  9:00~15:00(開場 8:00)                  ☆受付 8:00~9:00

3 会  場  7月27日(土) 弘前市民体育館
        7月28日(日) 弘前市立第一中学校体育館    

4 目  的  バレーボール技術の習得とバレーボールを通して人間性を磨くこと
                
5 講演内容  『効果的なウォーミングアップ、モーションバランストレーニング、
身体メカニズムに則ったスパイクスイング動作、レシーブフォーム、
バレーボールの基本動作、コンディショニング、他』
講師 自然体バレー塾塾長(前松下電池工業女子バレーボール部監督)
   草 野 健 次 氏

6 申し込み  ◇参加申し込み 青森県弘前市城東五丁目1-1ー102
                外崎法夫まで
         TEL:090-2981-9749
         E-mail norio-tonosaki261355@m6.dion.ne.jp
         TEL または E-mail でお申し込みください
         随時受け付け
•参加費  児童・生徒 1日 500円
     学生・一般 1日1,000円
  ※会場の都合で、児童・生徒は150名を上限とします




7 その他   懇親会について
        7月27日(土) 18:30~ 場所「川 崎」会費5,000円
        
        ◇参加申込と一緒にお知らせ下さい。
[PR]
by kusanokenji | 2013-05-27 12:44 | メモ
危険なのは
若いときの小さな成功!


自分の今ままでの人生経験からしても
この言葉は知っておいたほうがいいと思います。

若いときに成功してしまうとその後に努力しなくなるというのがその理由です。
ちょっとした努力で、「なんでもなんとかなる」という錯覚が一番怖いからです。
大人になって
「こんなはずではない」と悔やんで欲しくありません。

失敗した人、負けた人は
「なぜ?」と考えます。
そして「考えて努力する」を覚えていきます。

考えて努力する!

若いときほど
この体験をたくさんしてもらいたいと思います。

我が子であっても
我が子でなくても
その気持ちは同じです。
[PR]
by kusanokenji | 2013-05-24 11:28 | ■連載“日々努力”