★★★★★


by kusanokenji

<   2012年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「あいさつ」のブログを
終業式の全校生徒集会で
教頭先生が読み上げてくれましたよ


そのブログはここ
某中学校の女子バレーボール部の生徒は
「相手の名前を呼んでから挨拶をする」と書いたものです。

ちょうど日体協の義務研修で沖縄にでかけていたときの話でした。
2学期制のこの中学校は12月26日終業式。
そのあとの強化練習会で、冒頭の話をそこの顧問から聞きました。

2013年度は、学校中に
気持ちのこもった「あいさつ」が聞こえてきそうです。
考えるだけでもワクワクしてきます。
教頭先生、ありがとうございました。
バレー部の生徒の皆さんもありがとう!
君たちは素晴らしいよ。

2012年最後の日は、「いい話」を紹介しました。
今年一年、このブログを読んでくださってありがとうございました。
来年もできるだけ綴りたいと思います。
ではでは
よいお年を・・・・・・・・!
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-31 06:10 | ■連載“日々努力”
夕日は、一日の反省と感謝
大晦日は、一年の反省と感謝


元旦は一年の決意と覚悟をする日
間違っても「お願いばかり」はしないほうがいい(笑)
今日、このブログを見た人はラッキー!

初詣の心得
お詫び・お礼・お願いの順番でしよう!


何事も感謝から出発すれば神様も応援してくれる気になるかもしれない。
勝手なことばかりしているのに神頼みはいかがなものか。
神様から愛想つかれないように日々の暮らしをちゃんとしよう。


まっとな大人になろう!


2013年はこれくらいの決意と感謝をしたいものだ。
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-30 10:59 | ■連載“日々努力”
幼いときから実践して
 身に着けたものが一生の基礎となる


言葉づかい・・・親から聞いた言葉が一生の基礎・・・実感ですね。
善悪の判断・・・小学生の間に魂に刷り込まれる・・・これも実感ですね。

小さいときに善悪を知る!

思春期に反抗期がきても大丈夫!・・・・これも実感ですね。

小学生の心を傷つけたり
恐怖を与えたり
人格を踏みにじるような言葉を浴びせたり

どうか
そういうことは
やめてください!

そんなお願いをしてきました。
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-29 08:31 | ■連載“日々努力”

福岡

自然体バレー塾in北筑後 実施要項
1 目的
  選手の将来を見据えた指導方法を学び、かつ人間学にも精通し、指導者の資質向上を目指す。また、故障のない、身体メカニズムに即した指導方法で楽しく、笑顔でバレーボールの技術向上を目指す。
2 主催  自然体バレー塾in北筑後実行委員会
3 共催  金島コスモス保護者会
4 期日  平成25年3月 9日(土)  9:30~16:00(受付開始9:00~)
           3月10日(日)  9:30~16:00 (受付開始9:00~)    
5 会場  筑前町農業者トレーニングセンター
      朝倉郡筑前町東小田1576-2
      ℡0946-42-3973 (※講習会に関する問い合わせはしないでください)
6 対象  小学生、中学生、指導者及び保護者
7 講師  草野健次先生(自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師)
      ※インターネット上に講習会の様子が多数アップされています。また著書、DVDも多数ありますので、参考にされてください。
8 参加料 小中学生 500円/1日 大人 1000円/1日
      ※2日間続きで参加される場合は、小中学生 800円 大人 1500円とします。
      団体ごとに当日受付にて、徴収します。
9 申し込み方法
      別紙申込用紙で、実行委員会まで申し込んでください。
     金島コスモス関係者への手渡しでもかまいません。
申込先
〒830-1211 三井郡大刀洗町本郷3395-1 渡邊 正則宛
10 申込期限  平成25年2月11日(月)
       但し、期日を過ぎた場合でも、空きがあれば受け付けます。
11 その他 ○ 昼食(お弁当)の手配がご希望の方は参加申し込みの際に明記ください。
      ○ ケガ等発生した場合は、チームまたは各自で対応をお願いします。
      ○ 実技参加の方は、各自、動ける服装とボール1個をご持参ください。
      ○ 9日(土)の夜、草野先生を囲んでの懇親会☆夜の自然体バレー塾☆を開催します。
       ご希望の方は、参加申し込みの際に明記してください。
       会費:4000円  会場は朝倉市内を予定しています。
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-29 08:20 | メモ

第2002話・・・利と理

利を求めず
   理を追求しよう!


  これぞ
   「百術一誠」の生き方なり!



一番大切なものを惜しげもなく捧げ出すと
    もっと大切なものが向こうからやってくる・・・
こういうことがやっとわかりかけてきたような2012年。

1円も頂かないのに
ただただ、喜んでもらえたらうれしい、と
その思いだけで
 寝る時間もトイレに行く時間ももったいないほど
理を追求できることに感謝しかない。


もう12月か!
早いな!
あと4日で今年も終わりか!
年々、一年が早くなってくるな!

と言われる方は多いが
そういうこともあまり考えなくなったような気がする。

それよりも

新年早々、素直な子供たちと会えることを楽しみに
今日も、また準備の時間を楽しめたのがありがたい。
明日もまたがんばろう!
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-27 23:38 | ■連載“日々努力”

沖縄

【第764回】in沖縄(沖縄県)
2012年12月24日(月)~26(水)・・・200名、沖縄国際大学体育館
★受講者累計 156、210名  
    前回 ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        
            平成24年度沖縄県スポーツ指導者研修会
 
c0000970_13292360.gif

子どもに教えておきたいことの一つです。
その前に大人も次の三つは慎むべきです!
・講義中の私語、お喋り
・授業参観中の私語、お喋り
・葬式参列者同士の私語、お喋り

今回使った映像
【子供のからだつくり】
1、自然体の考え方、
2、2011ウオーミングアップ
3、フライイングドリル
4、カメ四股11種
5、複合カメ四股
6、in千葉
【指導者のコミュニケーションスキル】
1、何をもって成功と言うか
2、新入部員の育て方
3、子どもとの向き合い方
4、修行
5、手紙
6、心のバレーとは
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-27 13:39 | ■講習会リポート

第2001話・・・義務研修

日体協公認スポーツ指導員は、資格更新に必要な4年に一度の義務研修がある。12月24日に沖縄県のバレーボール指導者の義務研修にお邪魔した。受講者は60数名。沖縄県のバレーボール有資格者は300名を超す。第1回の養成講習会から担当させていただいているので、全員が顔見知りの間柄。11月にも養成講習会をおこなったばかり。今回の受講者は小中高実で全国大会に出場された経験の持ち主、あるいは現在県内トップクラスの指導者が大勢出席されていた。
 「15年前に自然体の指導法や理論を紹介しましたが、なかなか受け入れてもらえませんでした。最近はようやく、ボチボチ受け入れられている感もありますが、そもそも何事も新しいものを展開する時はそういうものです。10年、15年の風雪に耐えてこそ、本ものか嘘ものか、消えていく運命か生き残る運命かが見えてくるものです・・・・」と、そんな話もしました。

今回のテーマは2つ。
1つは
「小学生に必要な体力づくりの方法」
2つは
「指導者に必要なコミュニケーションスキル」

今年の5月から取り組んでいる「映像言語」を使って講義しました。
最後に、この映像データを希望される方は挙手してくださいとの主催者の言葉に
出席者のほとんどが挙手!
ありがとうございました。
子供さんに少しでも還元されるなら
喜んで無料で提供する約束をしました。
今からその準備に入ります。
宝の持ち腐れにならないようにしていただければ提供したかいがあります。
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-27 09:00 | ■連載“日々努力”

橋本

【第7623回】in橋本33(和歌山県)
2012年12月22日(土)~23(日)・・・200名、県立橋本体育館
★受講者累計 156、010名  
            前回☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        
              学びなおし!
深く学びました
c0000970_2134713.gif


恥ずかしいと思って
なにもしないことが
一番恥ずかしいことだよ!


最終日の最後の某中学校のキャプテン挨拶。「この二日間で一番心に残ったことは、『恥ずかしいと思って、何もしないことが 一番恥ずかしいことだよ』と教えられたことです」とそんな挨拶をしてくれました。このチームは初日の朝から雰囲気が悪く「あ、何か問題を抱えているな」と直感。結局、一日中いつもの前向きな状態を見せることはありませんでした。それが二日目の朝はみんなが(約15名かな)別人に変身していました。お昼には「私たちが作ったダンスをみてください」と全員で披露までしてくれました。うれしかったですね。初日の暗い顔、悲壮な顔が嘘のようです。何回も何回も人間学の話を、あきらめずに言い続けてきました。言っても無駄なのかな、わかってくれないのかな?とふっとよぎりながらも「そんなことはない、彼女たちを信じて正しい道を云い続けよう」と二日間一生懸命に、参加者全員と接してきました。暗い顏をしながらも本当は聞いてくれていたんだと、信じて言い続けてよかったと思いました。
  
 途中、こんなこともありました。二日目ですが「今からモデルの協力をお願いしたいんだけど、誰か協力してくれる人はいませんか。僕が、3つ数えたらみんなのほうに顔を振り向きますので・・・」と言って背中を向けて、1,2,3と数えて振り向いたら誰もいません。「あ~!」と言いかけたら二人が手を挙げてきてくれました。なんと冒頭のチームのキャプテンともう一人でした。ぼくは「ありがとう」と言って誉めました。
そして、みんなには「恥ずかしいと思って 何もしないことが一番恥ずかしいことです」と昨日から何回も説明してきました。みんあ頷いてくれました。しかし、皆さんは、たった今、その一番恥ずかしいことをしたんですよ。人前でするのは恥ずかしいと思って何もしなかったんですよ・・・・とその場で言いました。鉄は熱いうちに打て!です。頭で理解したつもりでも実際の場面では行動に移せません。その時その場で、何回も何回も失敗を反省して自分のものになると信じるからです。

【がっかりしたこともありました】
指導者にも随分と心をこめて丁寧に「なぜこの練習をするのか」「なぜならば」と発信してきたのですが、肝心の指導者は???初日も若干気にはなったのですが、二日目の講習中の指導者の私語はいただけませんでした。あちらこちらで二人でぺちゃくちゃ・・・それも常連組が・・・。これまで再三再四注意してきたにも関わらずにです。やはり安心、油断したらダメですね。やはり受講する者の心得、マナーとして講師が一緒懸命説明しているときの私語はやめましよう。そういうときはフロアーの外に出て話して欲しいと思います。「授業参観の親の私語」がひどいとはよく聞く話ですが同じ姿なんでしょうかね。以後気をつけてください。
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-23 21:31 | ■講習会リポート
空気を読む!

指導者のコミュニケションスキルに必要のは
一方的に喋る、書くこと、伝えることではない。

人を指導したり、人前でしゃべるとき私が気をつけていること。
1、相手が、今、知りたいのは 何か
2、相手に、今、伝えたいこと、言いたいことは何か

このギャップを把握すること!

そのために、講演前、講習会前の10分間は何よりも大切な時間。
会場の空気、体育館の空気をいちはやく感じ取る。
いわゆる「空気を読む」ことである。

その中から、これまでの引き出しを総動員して
本日のテーマと接点を見出しながら話を進めていく。
勿論、リアルタイムに反応を見ながらの修正の連続である。


原稿の棒読みなんてとんでもない。
難しいことをわかりやすく
しかも面白く、おかしく
でも、涙も必要!

「あー」とか「えーと」とかもっての他!
リズムやテンポはここにも必要。
「なるほど!」
「そうだったのか!」
「う~ん!」
「ハッ!」
「ドキッ!」
指導者に必要なコミュニケーションスキルである。
来週の沖縄での講演テーマを少しばかり披露しました。
ちなみに論語では
辞は達するのみとある
「辞」を「言葉」に置き換えて
「言葉は人に伝えるだけにある」
「言葉は人に伝える手段」
「余計な装飾や意味がわからなくなる言い回しをするな!」とある。

この練習の目的は何ですか?
と選手に質問されたら、やさしく、わかりやすく
簡潔に、スーッと落ちるように答えてあげましよう!
[PR]
by kusanokenji | 2012-12-21 08:29 | ■連載“日々努力”
昨日の仲間は
  今日の敵?


毎日毎日、テレビで映し出される政治家たちの姿をみていると
「昨日の友は今日の敵」の中で生きているのだなと思わずにはおれない。
家族も大変だろうな。

人間の付き合いというか、関係が「浅いな」と思ったのは40歳頃。
会社を辞めたら、それまでの関係がさーっと潮が引くように引いていく。
その時思ったのが「人は人とと付き合うのでなく、背中の看板と付き合っているのか」
それ以来、考え方、生き方が変わった。
組織、肩書に左右されない生き方。
自分の人格が名刺になる生き方をしよう、と決意。
それで今がある。

そこで、わかりやすい説明が「鉛筆型人間を目指す」ということ。
鉛筆の中には芯がある。
芯の周囲には木がある。
芯があって、周囲に気を配れる人間!
周囲に流される人間でなく
周囲に気を配れる人間になればよいのだ、と得心。

[PR]
by kusanokenji | 2012-12-20 08:25 | ■連載“日々努力”