★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

こもの

【第718回】in菰野Ⅴ(こもの・三重県)
2012年1月28日(土)~20(日)・・・こもの体育センター・・・350名
★受講者累計 147,810名 
       前回
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        
    
           5回目の開催でした! 

1日目は講演会。ホールで行われ、120名集まりました。
他競技(少年野球など)の指導者や保護者、及び役場の職員の方など多数参加。
指導者のありかた、親のありかた、心の話などについて2時間。
そのあとは隣の体育館に移動して指導者向け実技。汗を流していただきました。
c0000970_10111743.gif

2日目・小中学生200名。
ipad2で映像を見せながら進めてみましたが、意外とよかったように思います。
c0000970_10112389.gif

まだ就学前の子供も元気に参加していました。
c0000970_10113361.gif

【こころをこめて】
体調は万全でなく申し訳なかったのですが
講演会も、指導者向けの実技講習も、子ども向けの実技も
受講されるみなさんの真剣さと笑顔に引っ張られて元気をいただき
今回も最後まで心を込めてやらせいただきました。感謝です。
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-30 10:21 | ■講習会リポート

栃木

【第717回】in鹿沼(かぬま・栃木県)
2012年1月21日(土)~22(日)・・・鹿沼総合体育館・690名
★受講者累計 147,460名 
  
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        
    
           初開催でした! 

初日は小中学生200名、指導者100名。朝の開講式から気合十分です。 
c0000970_957839.gif
 
子どもも釘づけです。
c0000970_9595639.gif

1日目、午後3時からは大人向けの講義でした。参加者は90名。
「泣けて・・・・」と話す人が多く、心優しい人が多いんだなと思いました。
「思いやりの心に火をつける」・・・そのきっかけになれれば幸いです。
c0000970_1003875.gif

夜は・・・懇親会には30数名出席!「目の前の人を楽しませる」「携帯電話なし」の自然体ルールで盛り上がりました。料理もすき焼き、刺身、いか、海老ちり、寿司、そば、量も質も半端じゃありません。デザートのアイスはお茶碗に山盛り?まったく豪快でした。最後は実行委員長の3本締めで終わり!2次会は宿泊先のサンピア鹿沼で。スタッフも泊まり込みでした。ありがとうございました。
c0000970_1013169.gif

2日目・・・開会10分前にはご覧のように整然と並んで待っていてくれました・・・・。
c0000970_1023380.gif

体育館玄関です。
c0000970_103138.gif

最後は選手と記念撮影。この子たちもいづれ父になり、母になるのです!僕は最前列の真ん中で小学生の男の子(1年生かな?)を抱っこしているのですが、撮影が終わると、立ち上がってこちらを向いて「ありがとうございました」とペコンと頭をさげました。これにはびっくり。可愛かったですね。家庭の躾がいい。
c0000970_1045100.gif

大人も記念撮影・・・。
c0000970_1045432.gif


【盛大でした】
とても盛大でした。
喜んでもらえたようでよかったです。
スタッフのみなさん、ご苦労様でした!

【実行委員会】がとてもユニークで素晴らしいグループでした。全員協会役員です。
c0000970_10453780.gif

【友の会】
鹿沼市バレー協会の取り組みはユニークな取り組みをしています。
まずは、今回の「自然体バレー塾実行委員会」のことを「友の会」と呼んでいます。
今回の友の会の会員は24名で、3年前から自然体バレー塾誘致の話が持ち上がり、
一年前から実行委員会が結成されたそうです。素晴らしい働きぶりに感心しました。
本会が終わった時点でもぅ、すでに来年3月16,17開催に向けて始動しています。

24名が一人一役!・・・これが合言葉だそうです。
雪の中を駐車場係りの方が・・・それを見て涙がでる思いです。
腰痛ぐらいに負けたらアカン!と勇気をもらい、一生懸命頑張ることができました。

特筆する点は、スタッフも参加者と同じく会費を払います。
理由は、「運営方法や人間学、最新の技術などを学べるから」だそうです。
それだけではありません。
聞くと、バレー協会役員は全員年会費2000円を納めるそうです。
会費を払って審判をやったり、大会の運営をやるのです。
ここが普通の組織と違うところではないでしょうか。そう思いました。
ですからふんぞり返っている役員は会長以下一人もいません。
みんなが一人一役、動いているのです。
そして収めた会費は体育館使用料や大会の運営費になどに使うそうです。
ママさんバレーも50チームほどあるそうですが、8つのランクに分けて
年間でリーグ戦の運営など、活動は多岐にわたっているようです。
つまり「お金を払って人の役に立つ仕事をする」ということです。
時間とお金を払って勉強をする自然体研究会とよく似ているなと思いました。
そんな「心ある人たちの集まり」ですからチームワーク抜群!
不平不満などあろうはずがなく、お役に立てる喜びに生きがいを感じている姿です。
ある女性曰く。「入会して3年目。日々が楽しくて仕方ありません」と。
何事も心をこめてやるので雑用ではなくなります。
心を込めると雑用ではなく「ご用」になるのです。
なんとも素晴らしい団体です。
先代の会長が作られたシステムだそうで、それを今も引き継いでいるそうです。
大変勉強になりました。
参考のために紹介しておきます。
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-23 10:05 | ■講習会リポート

  女性は火、男性は水

お米に水をいれて炊く。
水を温めてくれるのは火。
程よい火加減で炊くと美味しいご飯ができる。
火が弱いと生煮え、強すぎると焦げてしまう。

歴史上の偉人の裏に母あり。
偉人を育てて、最後は灰になって燃え尽きる。
実に美しい愛の世界。
父のお蔭で偉人が生まれたとは聞いたことがない。
女の力は偉大である。

米粒を美味しいご飯にするか、生煮えにするか、焦がしてしまうか。
すべて女次第、火加減次第。

女の前で威張ることなかれ。
女性が機嫌よく燃えてくれないと世の中がおかしくなる。
所詮男は水だ。
火を消すために生まれたのではない。

女子スポーツの指導者の心得その1。
水をかけて火を消すな!
心の中の火を燃やす指導を勉強しよう。
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-23 09:12 | ■連載“日々努力”
腰痛のためパソコンぬ向かうのもままならず・・・・。
今朝はなんとか。

赤ちゃんは生まれるとき
   3つのものをもってくる。


その3つと言うものはなんでしょうか?という問題。
嫁入り道具と言う言葉はありますが・・・。
ヒントは
赤ちゃんは生まれて何もできないので、
生きていくためには世の中の先輩のお世話にならないといけません。
そのために、自然界の親が持たせてあげるんでしょうね。

ひとつ、乳(ちち)。
ふたつ、におい。
みっつ、丸いからだと笑顔、

赤ちゃんを生んだお母さんは乳(ちち)が出ます。
それまでは出ないのに・・・。
そして、飲まなくなったら乳も出なくなります。
不思議ですね。
これはきっと、赤ちゃんが持ってきたんだと思います。
自分が食べるもの(飲む?)を・・・。
健気(けなげ)ですね。

次に
赤ちゃんを抱っこするとミルクの匂いがします。
とてもいい匂いです。頬ずりしたくなります。
これもみんなに可愛がられるためなんでしょうね。
そして
赤ちゃんはまるまるしています。トゲがありません。
赤ちゃんの笑顔を見ると誰でも笑顔になります。
天使の笑顔です。
人は誰でもこの3つをもって生まれてくるのです。
いつ忘れるのでしょうか?

生きていくためには
周囲から愛されることが必要なんですね

[PR]
by kusanokenji | 2012-01-20 09:31 | ■連載“日々努力”
 不自由さが人間を強くする!


新鮮な伊勢海老を都会に住んでいる子供に食べさせたい!
そんな想いの二人に明暗が・・・。

Aさんは、獲れ獲れの伊勢海老を漁師さんから買ってすぐに送った。
Bさんは、仲買人さんから買って、Aさんと同じように梱包して送った。
翌日届いた伊勢海老は・・・・?
Aさんの送った伊勢海老は死んでいた。
Bさんの送った伊勢海老はピチピチ生きていた。
この結果の違いはなぜでしょうか?・・・・・という問題です。

海の中では伊勢海老は自由に泳ぎ回って伸び伸びと生活しています。
海の中からすぐに狭い箱に詰められた海老は忍耐力もなく、すぐに死んでしまいます。
送られる途中で死んでしまうそうです。
一方、仲買人さんは、漁師さんから買ったら一旦「生けす」で泳がします。
「生けす」は狭く、不自由ですがなんとか生活できます。
海老は「生けす」の中で忍耐力を養って、生命力が強くなります。
生けすから上げて、箱にいれたまま約1週間は生きているそうです。
この差が答えです。
つまり、クッションの役目が必要なのです。
酒だったら「寝かす」「熟成」ですね。
いきなりでは何事も育たない。味気もない。
いきなり練習ではなく、十分なウオーミングアップが必要と同じです。
大人になるということは社会に出るということ。
社会には冷たい風が吹き荒れています。
その冷たい風に負けないように免疫力をつけるのが教育。
それが、海老にとっては「生けす」だったのですね。

こういう話を子供に話します。
「君たちが伊勢海老だとすれば、家庭は海です。学校は生けすです」
「学校は社会に出て困らないように君たち育ててくれるところだからです」
「だから学校には規則があります。」
「少々、窮屈かもしれませんがそれがあるから強く育つのです」
「だから学校は君達の大きな味方です。」

そんなふうに説明していきます。

大人も同じです。
学生からいきなり社会に放り出されたらなかなか対応できません。
そのためにサラリーマンは「企業研修」、教師は「新任研修」があるのです。
それを手抜きして省いてしまうと結果的に悪い結果を招くようです。
人間にも研修や教育という「生けす」が必要ですね。
最近は「婚活研修」という「生けす」も必要のようですが、笑。

不自由さが人間を強くする。
つくづくそう思う。
昔、「清貧の思想」という本があったな。
ちょうど一昨日から腰痛で動けなく不自由な生活をしている。
少しでも歩けたら、それこそ感動すら覚える。
これは、きっと、自分を強くしてくれるための、天からの手紙なんだ・・・
なんて思って安静中、笑。
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-17 11:25 | ■連載“日々努力”

滋賀

【第716回】2012志賀中強化練習①
2012年1月14日(土)~15(日)・・・大津市立志賀中学校体育館・80名
★受講者累計 146,770名 
  
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        
       今年もいけそうです!(^^)!   前回 

今年も「いいチーム」ができていました。先輩が残してくれたものは大きいね。
ちゃんと1年生、2年生が引き継いでくれていました。 

【腰痛で・・・・】なかなかパソコンまでたどり着けず更新が遅くなりました。
長く座れないので松本さんの映像報告をお借りします。
【新ドリル続々誕生】
志賀中の子供たちの動きがいいので、ついついステップアップドリルが浮かんできて・・・。
指示するとすぐにできるので、つぎから次へと新ドリルが目の前で出来上がります。
ちなみに
「スパカメ」「ブロカメ」「ブロック脳トレー」「体幹補強」・・・etc
「技術は動きという土台の上にできる」
まさしく実感しました。
【個別練習時間】
志賀中の子供たちは黙々と練習に取り組んでくれます。
一人ひとりで個別練習ができます。
自分の持っている力の120%を出している子もいます。
個別自主練習でですよ!

「今の3年生が残してくれた大きな財産だね」と言いました。
楽しい、楽しい強化練習会でした。

次回は
4月14(土)、15(日)です。
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-16 21:03 | ■講習会リポート

仙台

【第715回】塩釜高校講演会(宮城県)
2012年1月13日(金)・・・宮城県立塩釜高校体育館・420名
★受講者累計 146,690名 
  
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        
      生きるための 心をつくる     

仙台空港です。完全復活していました。前回(2011年8月)のときはお店がまだでした。
c0000970_8461487.gif

1年生400名と保護者、職員・・・寒い中ご苦労様でした。
c0000970_8462164.gif

女子生徒はさすがに寒さ対策万全です。
c0000970_8463037.gif

【進路を見据えて】
2年後の進路を見据えた講演会です。
残りの高校生活をどう過ごすか!・・・・・その先にある「生き方」を視野にいれながら
どう生きるか!・・・そのヒントになれるようなものを選んでお話しました。
心に届いてくれたらありがたいのですが・・・・。

日帰りの強行軍でした。
やっぱり、寒かったですね。
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-14 08:51 | ■講習会リポート
技術に必要なのは「タメ
心を作るのに必要なのは「トメ


話を聞いただけで、心にとめる力がない
良いものを見ても、見とめる力がない

聞きとめる
とめる
けとめる

とめがないといけませんね。

どうすれば「とめられる」ようになるのか?
「止める力」を育てるにはどうすればいいのか?

今年のテーマになりそうです。
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-12 15:24 | ■連載“日々努力”

菰野(こもの)

第5回《自然体バレー塾》in 菰野 開催要項
1)目的  将来の夢を持った大事な子供たちに責任ある指導をするために!
      身体メカニズムを知り怪我・故障をさせない練習方法を体験する
2)1日目
主催  三重県スポーツ少年団、三重県スポーツ少年団指導者連絡協議会
共催  NPO法人菰野町スポーツ・文化振興会
  総合型地域スポーツクラブ【元気アップこものスポーツクラブ】
       HPアドレス http://www.genkiup-komono.com/
後援  菰野町小中学校校長会・菰野町子ども会育成者連絡協議会・
     菰野町スポーツ推進委員会・菰野町体育協会・菰野町・菰野町教育委員会
2日目
主催  元気アップこものスポーツクラブ 
共催  NPO法人菰野町スポーツ・文化振興会
後援  菰野町、菰野町教育委員会、菰野町体育協会
3)講師  草野健次(くさのけんじ)
4)日時  平成24年1月28日(土) 13:15~15:00 
       講演「子供たちの能力をより伸ばすには」
       菰野町民センター1Fセンターホール (菰野町大字福村871) 
       TEL 059-394-1502
      15:15~17:00 「実技」
      菰野町体育センター (菰野町大字福村871)TEL 059-394-3115
      平成24年1月29日(日) 9:00~16:30 「自然体バレー塾inこもの5」
      テーマ『笑顔あふれるバレーボール5』
      菰野町体育センター (菰野町大字福村871)TEL 059-394-3115

5)対象  平成24年1月28日(土) 三泗ブロックスポーツ少年団指導者、育成母集団、
       保護者、クラブ指導者・小学校教職員・中学校運動部部活顧問
       菰野高校部活顧問・体育指導委員・地域サークル活動指導者
       (少林寺拳法・日本拳法など)
       子ども会育成者連絡協議会・菰野町体育協会会員・一般参加者ほか
      平成24年1月29日(日) 菰野町内小・中学バレーボールチーム(男女)
      元気アップこものスポーツクラブ指導者・バレーボール競技者・指導者・一般ほか  
         ※1月29日は先着順とします。
           但し、応募者多数の場合は菰野町内の方を優先とさせて頂きます
          1月29日のチームでの参加は担当:伊藤にご確認下さい。
          個人単位での参加は受付いたします
          1月28日は応募多数により定員に達しました場合は菰野町指導者の方を
          優先とさせて頂きますので参加できない場合がございます
6)受講料 平成24年1月28日(土)  ※当日徴収 
        三泗ブロックスポーツ少年団指導者、育成母集団 = 無料
        元気アップこものスポーツクラブ指導者・会員 = 500円
                        その他一般参加者 = 1,000円
        チーム参加(指導者込) = 3,000円
        平成24年1月29日(日)  ※当日徴収 
        元気アップこものスポーツクラブ指導者・会員 = 500円
                        その他一般参加者 = 1,000円
        チーム参加(指導者込) = 3,000円
ご不明な点は
元気アップこものスポーツクラブ:バレーボール教室代表:伊藤までお問合せ下さい
7)準備物 平成24年1月28日(土)、29(日) 運動のできる服装・体育館シューズ
         飲物・昼食は各自でご用意下さい
8)申込先&問い合わせ先
      参加を希望される方は
       1月20日(金)までに「NPO法人菰野町スポーツ・文化振興会」
「元気アップこものスポーツクラブ事務所」へお電話・FAX・E-mailでお申し込みください
      ◆NPO法人菰野町スポーツ・文化振興会 
      TEL:059-394-3930 FAX:059-394-1517
      ◆元気アップこものスポーツクラブ事務所
      TEL/FAX:059-394-5018
      e-mail:genkiup2005@yahoo.co.jp
    ※その際、
    お名前・住所・所属・連絡先(電話番号・携帯電話番号・アドレス等)をお知らせ下さい
10)その他 宿泊を希望される場合は御相談下さい
   1月28日(土)18:30(\5,000)予定されています草野健次先生を囲んでの
   「夜の勉強会」に参加をご希望される場合もご相談下さい
※「夜の勉強会」では酒類をお出しいたしますので車等の運転はお止め下さい
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-11 11:31 | メモ
バレーボールをやっている者にとって「日本一」は夢です。
自分も、日本一になったとき、インタビューで何を話そうか・・・・
そんなことばかり考えていました、笑。
夢にまで出てきていました。
しかし現実は、試合のたびに涙。
試合のたびに粉々に打ち砕かれてしまう現実を何年も繰り返してきました。
こういうことを何年も何十年も繰り返してやっとつかんだと思ったら・・・。
もう、そのときは次の着地点が見えてしまっていました。
負け続けても、そのたびに起き上がる習性が身についてしまっていたんでしょうね。
これには自分でも驚きました。
だから「夢よ再び!」というふうにはなりませんでした。

さて、今回の講習会は
「着地点をイメージしていますか」を繰り返し問いかけてきました。
物をつくる作業の中でとても重要なことです。
夢中になってしまうとついつい目の前のことしか眼中になくて失敗します。
全体構成をイメージしながら個々の作業に取り掛かる。
つまり、準備をしっかりやりましよう、という体験です。
作る側の視点から
使ってくれる人の立場になって考える。

いくらいいものを創っても、活用できなければただの作品。
人に喜ばれ、人の役にたつものとは・・・・

こういう体験は
今後の日常生活の中で
仕事にも
バレーの指導にも
活かされてくるのではないかと思うのです。
[PR]
by kusanokenji | 2012-01-11 08:58 | ■連載“日々努力”