★★★★★


by kusanokenji

<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

滋賀

 【第664回】 in東近江市(滋賀県)
2011年1月29日(土)~30日(日)・・・・布引運動公園体育館・・・150名
★受講者累計 134,170名 
     ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一度は行って見たかった「近江八幡駅」に下車。体育館はそこから車で20分。
観光地とは反対側の方向。そこでの感想は
1、エスカレータが右側を空ける(大阪は左を空ける)ここは関東文化圏?
2、雪がない。先週の長浜は大雪だったのに・・・・。
3、空がでっかい!
4、のどかな田園風景!
c0000970_10145347.gif
【規模は小さいけれど】
初日は60名、二日目は90名。バレー塾にしては規模は小さいけれど、そこはプラス思考。最初の挨拶で「今日の参加者はラッキーです。人数が少ないと一人一人細かいところまで指導できるからです」と考え方の切り替えの話。上の写真の「レシーブステップ」・・・・これは重要な基礎練習です。基本は「ツーステップ・バナナ」。いわゆる「3歩の継ぎ足」です。そこにスプリットを追加します。しかしこの練習の目的はステップを覚えることではありません。ステップを覚えることは手段です。試合の時にレシーブするために必要な手段が「レシーブステップ」であり、レシーブステップを覚えることが目的ではないのです。そこで、このステップを覚えながら、1ステップ目でボールを捉えて残りはフォローステップ、、2ステップ目でボールを捉えて残りはフォローステップ、3ステップ目でボールを捉える・・・こういうことをやります。
c0000970_1623583.gif

【人情・人柄】
のどかな田園風景、三重連山と琵琶湖に囲まれた地域柄かな。
地元の小学生の笑顔もよかったですね。指導者は見えてなかったようですが・・・・。
小学生の交渉術はえらい!さすがは近江商人の魂があるのかな。「お願い、大根抜きして!お願い!・・・終わりのときもう1回してな、お願いやで、その変わりそれまで全力で頑張るさかいな、お願いやで・・・・」と両手を合わされて懇願されては「ハイ」としか返事ができません。その瞬間「ヤッター!」と喜ぶ姿。もうたまりませんね。この小学生の笑顔と純真さ。東近江の子供の笑顔は素晴しかったです。
■協会の関係者の人柄がいい。
協会の人たちはほのぼの、でしゃばらずそっと見守る姿でまる二日間のお世話をしてくださった。お陰で、あまり疲れも感じず、すがすがしさを大阪に持ちかえることができました。
永源寺の温泉もよかった。○○先生、ありがとう!感謝です。
静岡から参加の高校の先生曰く「初対面なのに、故郷に帰ってきた気分です」と
感激していました。彼はすっかり気にいったようです。女性の協会の人からは
「うちの娘の婿になってよ!」と言われて照れていました。いい雰囲気です。
彼は「これが旅に出よ、人に会えですね、東北にも行ってみたいと思います」としみじみ語って
いました。   動けば変わる!ですね。
何事も動かなければ変わりません。停滞です。動かなければ停滞!
東近江・・・・あこがれの近江八幡・・・・次回は水郷見学もしようかな。

c0000970_10253287.gif
【これぞ・・・・】
福井県の東陽中学校も参加していました。雪の中を二日間通いです。2年前の長浜の時に参加された先生が引率です。雪の中をご苦労サンでした。そこのチームが二日目の朝、開始前に黙々と「究極の3人コンビ」をやっていました。この素直さがあれば・・・・と思いました。この二日間の収穫は凄いものがあったようです。一人一人の顔の表情が物語っていました。監督の先生は一切口出しをしません。ビデオ撮りながら見守っています。「あの子たちはず~っと指示待ちで、自分たちから動くことはありませんでしたがここにきたら違うんです。自分たちで相談して動いています。凄いことです。」と目を細めていました。
c0000970_10293831.gif
【遠くから・・・・】
二日目は岡山県の津山市の中学生チームも参加していました。ここの選手も体格もよく素直で爽やか!市協会の理事長自ら引率され「若い指導者と選手の熱意を応援しています。選手たちは市協会所属しています」と言われていました。若い指導者曰く「岡山での公認講習会の時、講師の○本先生から自然体バレーを紹介され、本を買って読むうち、いても立ってもおられず、一番近いところがここだったので参加しました」と熱く語っていました。また神戸から参加の小学生は常連ですが、会うたびに目がキラキラしてくるのがわかります。ああ、成長しているんだーと手に取るようにわかります。「今朝、自分が使ったフトンを自分で片付けた人?」と聞いたらこのチームの殆んどの子供が「ハーイ!」と挙手。殆んど3年生と4年生のチームですよ。(ちなみに他の子供たちは中学生もふくめてバラバラでした)・・・ああ、教育の力ってこういうところにも現われるんだと思いました。そして朝の両親への挨拶、ハイという返事、靴を並べる・・・・・神戸の子達はこれらも全部できているようです。これが「躾」です。家庭でできてこその人間教育。団体でいくら挨拶できても、一人でできなければ意味が薄いですね。家庭でできなければ本物じゃない。返って「大人の顔色見る子に育つ」ことになりますからね。これはいけないことです。子供にとって不幸なことです。指導者は気をつけたいものです。子供によかれと思ったことが逆になりますからね。

【高校生】4人で一生懸命練習している姿が印象的。そして元中学教師で、今は退職されてこの高校のコーチ。そして養護教諭の女性監督。人数は少ないけどこれからも頑張ってください。
 
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-31 10:51 | ■講習会リポート
サッカーとかバスケットみたいに目の前の敵と戦わなければ
いけないスポーツはどうも苦手で興味もなかったが、最近の
サッカーはうまくなりましたね。
ぼくみたいな人間でも時々テレビをみますもんね。
バレーの時はすぐ眠たくなるのにサッカーは目が離せない(笑)
あの長友選手の動きなんか、惚れちゃいますね。

でも、最後まで見るときは負ける時が多いんです。
で、アジア大会の決勝戦の日。夜中の0時過ぎからテレビ放送の日。
ちょうど近江八幡(滋賀県)での講習会で懇親会が終わってホテル
に帰ったのが12時前。このままテレビを見るか寝るか、と思案したが
3秒で「寝る」と決断。
その理由は
1、見ないほうが勝つ
2、明日の講習会に差障ってはいけない

朝、テレビにスイッチON!の瞬間「勝った!」の報道に「オー!」と
気合が入り、気持ちのいい朝を迎えました。

ところで
勝ってしまえば賞賛を浴び、負ければボロクソ、ミソッカスに
叩かれるのが勝負の世界に身を置く人間の宿命みたいなところがありますよね。
でも、それに屈することなく、ブレることなくやり切れるところに
「福せ」が待っているんですよね。
監督が苦労して悩んでいるとき・・・・
その時こそ、監督が成長しているときかも知れませんね。

ザックローニ監督に学ばせていただいたこと
1、中学生でもわかる言葉でトップ選手に伝える
2、控えの選手への気配り
  いつも「チャンスがくるからな」と伝えている
3、包容力!

ちょい悪中年、陽気ではしゃぐイタリア人のイメージとはまったく別人の
「温厚・真面目・地味」な存在。
苦労人の人間味ある振る舞い。
そして
「こんな短時間に日本人のことを理解できたなんてうぬぼれていません」。
「会見の前に今大会で怪我した選手にお礼を述べたい」と4名の選手の名前(忘れた)
を記者会見の場で言われた姿にハッとしてしまいました。
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-31 09:12 | ■連載“日々努力”
長い人生の中で“生き詰まる”という思いをするのは一度や二度ではない。
その時に何がきっかけで乗り越えられるるのか・・・。
小さいとき、何気なく聞いた言葉で救われた・・・そういうこともきっとある。
そういうことを想定して子供を指導する。
これが「心を一流にするための指導」だと思う。

昨日は週1回の文科省の「トップレベル選手育成事業」の第14回目の練習日。
そこで「技術は三流でも 心は一流」という話をした。

『技術は三流でも、心は一流』という言葉がある。
君らのことや、そのことを君らは今やってるんや。
小学校や中学校で一番や二番になる。お山の大将や。
親からも周囲からも期待され「よくできる子や」とみんなから言われる。
そして上を目指して全国区の高校に進学する。あるいは大学に進学する。
そうするとな、そこには、自分より上の子がゴロゴロいるんや。
今まで見たことのないような子たちがゴロゴロいる。
別世界や。
上を目指すということはそこには必ず自分より上の人がおるということや。
今まで自分が一番やと思っていたのにもっと上の人がいる。
初めて自分の力を知るんや。ガクッ!とするのが普通や。
生まれて初めての「挫折」との対面やな。
監督は怖いし、先輩は怖いし、同級生は自分よりうまいし・・・・
寮に帰れば寂しさと、怖さとで毎晩泣いてばかり。
しかしグチをこぼせる相手もいない。甘えられる友達も家族もいない。
今でこそ携帯電話があるが昔は電話もない。我慢するしかない。

それを乗り越えられることを今やっているんや。
行き詰った時は
『自分のベストを尽くせば良い』
という考えが必要や。
人と比べるから人は挫折する。
人に勝とうと思うから挫折する。
そういうときは「自分のベストを尽くせばいいんや」と思うことや。
それで救われる。
考え方やな。
君らの先輩の〇〇と〇〇の二人を知っているやろ。
全国一番を狙う高校で頑張っているんやで。
今、二人はな、そういうことを体験しているんやで。
でもこれまでにいろいろな勉強をしてきているので乗り切ると思うで。

今何ができるとということよりも「考え方」を知る。
それが、『技術は二流三流でも、心は一流』ということや。
君らの心を一流にするためにこんな話をするんや。
悩んだときに、自分がどういう考え方をするかが大事やからや。
どうすれば良いか、その考え方を今教えてるんやで。
目の前の試合に勝とうとすることよりも大事なことを教えているんやで。

相手に勝とうと思わない。
カメでもうさぎに勝つことがあるやろ。
カメになって、自分のベストを尽くすんや。
そうすれば、結果的にカメが「ウサギに勝つ」こともあるということや。
がんばりや。
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-29 06:50 | ■連載“日々努力”
幸せとは人が運んでくれるもの
福とは自分で運んでくるもの

人が運んでくれた「幸せ」を感じ取れると「福せ」につながり
「福せ」は「幸せ」を運ぶことができる。
わかりやすく言えば、「福娘」なんかはそうかな?

赤ちゃん・・・・特に第1子。長男でも長女でも一緒。可愛い!
赤ちゃんの笑顔・・・・・
生後3か月で一生分の親孝行をしてしまうくらい値打ちがある。
まさしく「幸せを運ぶ」そのもの。

少年団の選手の笑顔も同じだ。
子供の笑顔を見て、幸せを感じれる大人でありたい。
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-28 11:37 | ■連載“日々努力”
昨日の安岡正篤さんの話は・・・
「幸せ」は他力によるものであるが
「福せ」は自分の力でたぐりよせるもの・・・そんな話でした。納得!

生まれながらにしてお金持ちの家に生まれたとか
頭のいい家系に生まれたとか
苦労せずに社長の後継ぎとか
自分の力が及ばないところで決められるのが「幸せ」。
自分の行動や心でつかんでいくのが「福せ」・・・。

そういえば歴史に出てくる偉人と呼ばれる人の共通項目は
「貧乏な家に生まれる」「母の愛情をいっぱ受ける」「病弱」・・・
そこから「ある人物との出会い」があって困難の中から這い上がって
メキメキ頭角を現していくというストリーみたいな印象があります。

自然体バレーでは
「他と競うな、己(目標)と競え!」
そんな話することも多くあるのですが、己の中にある目標達成に向けて
今を頑張れること(生きること)そのものが「しあわせ」だからです。

指導的立場になるとどうしても相手に求めてしまいます。
これは我々平凡な人間は大抵同じではないでしょうか。
そうなると
「相手にとってよかれ!」と信じてついつい相手に求めてしまうんですね。
こうなると結果はあまりいい方向にいかないようです。

「しあわせ」を感じる心とは
 1)自分を理解してもらおうと過度に思わないこと。
   求めすぎるとあれこれ考えてしまい、最後には懐疑的になってしまいます。
 2)相手を理解しようと過度に思わないこと。
   あれこれ推察してしまうと目の前の事実から目が離れてしまいます。
 3)まずは自分を信じ、そして相手を信じる。
   但し、こちらが勝手に相手を信じるのですから
   なにがあっても「裏切られた」などと思わないこと。


「しあわせとは何か」を真剣に考えていくと
  ・私はお茶汲みに入社したのではないわよ、
  ・どうして自分の子供を試合に出さないのか、
こういう発言が少なくなると思うのですが・・・・。


「最高の幸せ」とは今生きているということ!
「最高の幸せ」に自分の「陰徳」と言う努力をプラスさせると
「最高の幸福(しあわせ)」がつかめそうな気がしました!

    
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-27 09:19 | ■連載“日々努力”
【幸と福】

「さいわい」にも幸と福と二字ある。
学問的にいうと、
「幸」というのは、幸いの原因が自分の中にない!
偶然的な他より与えられたにすぎない幸いを幸という。

   と説かれるのは陽明学者の安岡正篤氏。(安岡正篤の一日一言より)
続けて
「たまたまいい家庭に生まれたとか、
思いがけなくうまいめぐり合わせに
ぶつかったとかいう、これは『幸』。

そうではなくて自分の努力によって
かち得たる幸いを『福』という。

福という字がそれをよく表しておる。
示偏(しめすへん)というのは神さまのことだ。
示というのは上から光がさしている、
神の光、叡智(えいち)の光を表す。

旁(つくり)は『収穫を積み重ねた』という文字だ。
農家でいうならば俵(たわら)を積み上げるという文字。
神の前に蓄積されたるものが『福』である。」

読みながら、「なるほど、いつもながら深いなー!」と感慨しきり。
そうか、示偏は神の光を意味するのか。
こういうのを説文学(せつもんがく)と言うそうだがなかなか奥が深い。


自分は不幸だと嘆いている人には
幸せが薄いと嘆く必要はまったくないよ。
「幸」とは他から与えられたものだから
最高の「幸」は、この世に生まれて、今生きているということだよ。
あとは努力して「福(しあわせ)」を増やせば「幸福」になれるよ
とアドバイスしたほうが喜ばれるかもしれないね。
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-26 08:38 | ■連載“日々努力”

滋賀

 【第663回】 長浜西学校強化練習会(滋賀県)
2011年1月22日(土)~23日(日)・・・・・長浜西中学校体育館・・・280名
★受講者累計 134,020名 
     ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0000970_9421193.gif
 【人間学の教え】
ここは昼食弁当を食べさせていただいた長浜西中学校の相談室。パッと目に入ったのが写真の額縁。筆者は時の坂田道太文部大臣。ここにも大事な「人間学」の教えがあった。
 俺が俺がの「が」をなくせいという意味。お先にどうぞ、という精神。他に尽くす精神。己の努力や頑張りを表に出さない「陰徳」を積む教え。「おれこれだけしてやっているのにおまえらはわからんのか」という怒りにたいする戒めの教え・・・しばし引き込まれました。
c0000970_9525444.gif
【技術の基礎工事=体の使い方をダンスで習得】 
自然体では「動きの基」、「D2ダンス」、「スパダン」など本やDVDで紹介しているが、それらを総合した「創作ダンスコンクール」を昨年暮に募集した。その中の応募作品を使って見よう見真似の時間もつくってみたがこれが結構よかったように思いました。(関連ブログ
【技術練習紹介・・・・その①ストレート打ち】
c0000970_9533841.gif
★前半・・・レフトからのストレートスパイク・・・助走から切り返し直前まで。
ここまではクロススパイクも同じフォーム。踏み切り時の左足を90°(ネットに平行)にします。
(フォーム固めの練習なので写真は軽くジャンプしている)
c0000970_9563374.gif
★後半・・・顔と体の正面をネットに正対させる。腕は回内させながらD2ラインに振り下ろす。左腕の使い方と着地の足の角度が大きなポイントになります。ここに気をつけて練習するとフォーム固めはスムーズにいきますので試してみてください。着地の両足はネットに向って右45度で着地。
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-25 09:58 | ■講習会リポート
「両手をはなして自転車を運転する」経験をした人は多いと思う。
微妙に体の重心(軸)を倒した方に自転車は曲がるという体験。

自転車にいうことをきいてもらうには身体全体を使う必要がある。
なぜなら、自転車は運転する人が体を倒す方向に曲がってくれるからである。
下半身は右に、上半身は左にしたらどうなるだろうか?
なかなかスムーズに走行はできない。
オートバイのレース見ているとカーブに差し掛かると地面スレスレまで体を倒して曲がる。
自転車もオートバイも体全体で意思表示しないということを聞いてくれない。
まるで人間みたいだと思う。

子供たちは素直だ。
直球みたいにストレートに態度を見せる。
この子供たち相手に何かを伝えようとするとき
こちらの都合のよい反応を期待してはいけないと気をつけている。

子供の反応を求めるのではなく
 子供の反応をみながら話をしていく!

機械の制御回路でいうなれば「サーボ制御回路」である。
子供が常に興味を示すように話の内容を変化させていく。
そのためには「話の引出し」を多く持っていなければならない。

人に何かを伝えたいと思うときは
両手を離して自転車を運転するように心がけようと思う。
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-25 06:53 | ■連載“日々努力”
週末は滋賀県の長浜。やはり“雪”でした。
長浜西中学校の「強化練習」の予定が、通常の「バレー塾」になっていました。
体育館には人がいっぱい。あれ?っておもいましたが
理由は、「近隣の学校から頼まれて断れなかったから・・」と聞いて納得。
ありがたいお話でした。
それで冒頭の挨拶に
「今日は普段のバレー塾と強化練習の中間をいきます。
バレー塾は“全員がバレーが好きになる指導”をします。
強化練習は“チームが強くなる練習”をします。
今日はその中間です。強化練習を行えるための準備を行います」と言いました。

休憩からの再開の始まりに必ずダンスを行いました。
「自然体創作ダンスコンクール」に応募してくれた作品を体育館のステージに
プロジェクターで映し出して、それを見て全員で踊ります。
そのダンスは東京の小学生が作ってくれた創作ダンスです。
AKB48の軽快なリズムに乗って、自然体の技術が織り込まれたものです。
丸二日間、休憩後に行った結果、かなり踊れるようになりました。
小学生と中学生、男子も女子も・・・。
(大人は見ているだけでしたが)

まったく知らない東京の小学生が創作したダンスを、他府県の子供たちが
一生懸命真似して覚えようとしている光景をみながら
「一生懸命努力してつくってくれたものはこうして人の役に立つんだ・・・」と。

こういうことを子供に伝えるのも指導者の大きな役割だと思いました。

<体育館のステージに映し出されたDVDをみながら>
c0000970_10241913.gif

<小学生中学生の男子も女子も楽しく“動きの基礎工事!”に励みます>
c0000970_10243076.gif

[PR]
by kusanokenji | 2011-01-24 09:58 | ■連載“日々努力”
キャプテンは便利屋じゃない!
キャプテンはみんなを引っ張るだけが役割ではない!
キャプテンをみんなで支えるチームをつくってごらん!
きっと「いいチーム」ができるよ!


試合に勝って褒められることはなくても
   負けるとキャプテンが怒られるのはごく当たり前?
都合が悪いとキャプテン
面倒くさいことは全部キャプテン
連帯責任を背負わされるのがキャプテンでは本末転倒。

キャプテンマークはどこにあるの?
番号の下でしょ。
番号がキャプテン本人であって「-」は本人ではない。
下の「-」の線はみんなのこと。
「一つの役割」を持った選手のこと。
チームみんなでキャプテンを支えるという意味だよ。

そのためにはどうしたらいいの?
チーム全員「一つの役割」を決めるんだよ。
一年生から三年生まで全員だよ。

でも、その役割の仕事の中身は・・・・
例えば「靴係」。
監督の靴を持ち運ぶのが役割ではない。
「玄関でみんなの靴が揃えられているか」の最終責任者ということ。
やるのは全員だよ。
できてない人ができるようにするのが担当者の仕事。

こういうふうに決めていく。
きっといいチームができると思うな。
キャプテン、いつもご苦労さん!
キャプテンの覚悟は?
「重たい荷物を笑顔で運べ!」だね。
キャプテンが汗かいて輝いているチームは楽しいよ。
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-20 08:47 | ■連載“日々努力”