★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

山形

【第627回】 in遊佐Ⅱ(山形県)
2010年5月29(土)~30(日)・・・遊佐町体育館・・・・200名
★受講者累計 124、220名 
   前回    今回の関連ブログ ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一年前に比べて逞しくなった中学生】
c0000970_12332862.gif
バレー塾には、全国大会に出るような強いチームも、初心者みたいなチームも参加します。残念で可哀想なことですが、往々にして「お山の大将」になりがちなチームも見受けます。バレーボールが強ければ自分が偉くなったような振る舞いは見苦しいですね。腰を低くして挨拶できる指導者のチームは大丈夫ですけどね。

c0000970_17575340.gifこれは【カメステップ】・・・モデルは小学生。カメレシーブでしっかりフォームをつくり、送り足ツーステップのあと「バナナエッジング」で粘り腰保持移動。レシーブフォームのまま目線を上下しないで移動する。強打レシーブとサーブレシーブの基礎工事に最適。基本練習として毎日の日課にされたし!

【大切なものを学ぶ】
「一年ほど前、『1,000円と200円どちらが大きいか?』とお母さんが尋ねました。僕が200円と答えたら、『アホか、1,000円が大きいに決っているやろ!』とお母さんが言いました。それでお母さんは1,000円で服を買いました。僕は200円で本を買いました。でも今はお母さんの服は着れませんが、僕はまだ本を読んでいます。僕はやっぱり200円の方が大きいと思いました」・・・・小学生の作文です。
 技術は歳をとれば下手になります。悪い体の使い方をしていると故障でバレーができなくなります。先ほどの話では1,000円です。しかし、故障しない体の使い方を知ればいくら歳をとってもバレーは続けられます。そして、良い考え方は歳をとればとるほど磨かれていきます。正しい体の使い方やよい考えをできるように教えてあげれば、子供の将来にプラスになるのです。だからこのバレー塾では「正しい体の使い方」や「よい考え方」を沢山教えます・・・・そんな話をしました。
【心ある中学1年生の男子】
上の写真の右上に写っているのは酒田三中の男子バレー部員。1年生部員だけ13人で父兄に引率されて参加していました。2年生、3年生は練習試合に行ってるとか。
 講習が始まる前の朝の時間。各チームの動きをみているとチーム模様が一望できます。現在のチーム状況が大体分かります。そんな中で、小粒な男の子たちの動きがひと際目につきました。みんなでいろんな動きに取組んでいます。それも自分たちだけです。ダッシュもジャンプも・・・・いろいろな動きですが、みんな楽しく、かつ真剣です。まとまっているのです。おちゃらけではありません。かと言って体育会ではありません。朝の開講式一番で「久し振りに“心のある中学生”を見ました。ここにいる男子の一年生たちです」と挨拶していました。「おそらく君たちの指導者が立派だと思います。いい指導者に出会えてよかったね」と言いました。この中学生たちは3名を除き、全員初心者です。でも、大したものです。かなり上達していました。何よりも、この仲間の存在が将来にいい影響を与えることは間違いありません。気持ちのいい彼達です。「こんど会うとき、どんなに成長しているかを楽しみにしているよ」と言って別れました。
【地元の小学生】
c0000970_1353872.gif

【ママさん手作りの料理】
c0000970_13135376.gif
さすがは一家の主婦主催のバレー塾。都会では考えられない旬の食材を使ったご馳走がいっぱい!<酒は入ってないのにこの雰囲気です>

【感激のお弁当】
c0000970_13335134.gif
・・・昨年も帰りにお弁当をいただきました。家に帰ってあけてびっくり・・・今までの人生で、こんな美味しい真心のこもった弁当に出会ったことがない、と言うくらいでした。そして今回も頂きました。遊佐クラブのエースのお母さんの作品です。エースの彼女は金沢から遊佐にお嫁に来ていて、現在妊娠中でバレーはお休み中です。今回も、昨夜、家に帰ってビックリ。その美味しさは格別です。そしてお箸も素晴しい。稲穂がそっと添えてありました。そしてお品書きも・・・・・
・黒ガレイの醤油漬け焼
・若鳥の照焼き
・山形菜の煮びたし厚揚げ入り
・卵焼き(生ノリ佃煮入り)
・漬物(キュウリ、キャベツ、ラディッシュ)
・ワラビ
・細竹天ぷら
・おにぎり(遊佐産・ひとめぼれ米)
・塩は石川県輪島産
・梅干(自家製)
・レタス、ラディッシュも自家製・無農薬です。
ご馳走様でした!
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-31 13:14 | ■講習会リポート
今や全国規模からみたら一大勢力のママさんバレー。
全国津々浦々、「コンビニがなくてもママさんバレーはある」と言わしめるほどの勢い。
仕事の疲れ、家事の疲れを発散すべく身近なレクレーションとしての地位は揺るがない。
疲れのリフレッシュだけではなく、心のリフレッシュにも一役買っているのも魅力の一つ。
話せる仲間がいる・・・・これだけでもどれほど心強いか・・・。
スポーツコミュニティとしての存在は殺伐とした現代社会にあって精神安定剤の役割もある。
しかし、指導者不足による練習のマンネリ化、故障者の増大、部員不足、高齢化、生活との両立、閉鎖的な考えなどいくつかの問題点も抱えてはいるもののパワーはまだまだ健在。

そんな中、ママさんバレーチームの新たな取り組みを見た。
新しい価値創造というのであろうか、地域の小中学生の面倒をみるという姿であった。

チームは、山形県北部、鳥海山の麓にある遊佐町のママさんバレーチーム。
その名も“遊佐(ゆざ)クラブ”。「ゆさ」では「なく「ゆざ」と読む。
歴史は古く、10年ほど前には全国大会にも出場した名門チーム。
5月29日、30日と「遊佐クラブ」主催の2回目の自然体バレー塾を開催。
そこに集まったのは庄内地区(遊佐、酒田など)から約200名の小中学生たち。
本来なら我がチームの強化練習をしたいところであるが、この両日はもっぱら世話役に没頭。
小中学生の中には初心者も多く、動きの基本さえわからない選手が多い。
そんな選手を手取り、足取り、懇切丁寧に、まるで優しいお母さんになって指導されていた。
まるで10年先、20年先のママさん選手育成講習会みたいである。
ともすれば、我がチームだけの損得勘定を考える狭い了見に陥りやすい状況にあって
地域の主婦が、地域の小中学生の掘り起こし活動に携わっている姿は新鮮かつ斬新でもある。勿論、指導内容は「故障しない動き方、体の使い方」が主流であることはいうまでもない。
地域に住んでいる主婦が、地域で育っている小中学生を指導する・・・・
これこそ「地域密着型ママさんバレーチーム」であり、地域教育力の復活であり、
教育再生力と地域活性化の起爆剤ではなかろうかと思った次第である。
 ・スポーツは社会に溶け込むこと。
 ・社会性に明るい人材を育てること。

この二つがとても大事である。
聞くところによるとこの”遊佐クラブ”は、週に1回は小学生チームと合同練習もしているとか。
どうりで、子供たちの指導ぶりが慣れている筈だとガッテン!
さらにはチームの選手が、中学校の外部コーチをしたりしてその信頼度もかなりのもの。
今回の講習会でも、その保護者もギャラリーで最初から最後まで参加されており、まだまだ
規模は小さいものの、保護者まで巻き込む姿には未来への希望を感じさせる。
c0000970_9181461.gif
<中学生を指導する“遊佐クラブ”のママさんたち・・・・5月30日・遊佐町体育館で・・・・>
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-31 09:13 | ■連載“日々努力”

第1398話・・・無欲

【無欲】の意味がなんとなくしっくりわかる今日この頃。
無欲とは・・・・
「お金もいらない」「名誉もいらない」といった枯れた人生という意味ではない。
「他者に勝ちたい」とか、「あいつが憎い」とか、他者に縛られる欲望が少なくなった
そういう意味合いが強いと言ったほうが近いかな?

「いいものを求める」・・・これに時間を使うのが楽しいという感覚。
「いいもの」とは「人様の役に立つこと」。
人様が喜ぶものを提供する。
できたら世の中にないものを・・・・(これは欲望?)

つまり、欲望の形が変わったようなものかな。
人と比較したり、人と競ったりするのも一つの生き方に違いないし、そうせざるを得ない状況だってあるし、現に自分もそうやって生きるために生きてきたわけだからそれはそれでいい。

しかし、いいものを求める楽しさを体(細胞かな、脳かな)が喜んでいる感じを知ってしまった今、人生を歩むには変わりはないんだから、なんて思えるのである。

「無欲」といっても何もしないことではない。
いわゆる金儲けも、人との競争もなにもしないといいう「消極的無欲」とは違う。
ましてや、世の中を悟りきった振りをして挑戦を放棄するのとはワケが違う。
むしろその逆である。
もっとやりたい、というものが見つかりつつあるというべきであろうか。
喰うために働く、家族を養うために我慢して働く・・・・そういう義務感を卒業して
使命感みたいな「志(こころざし)」にようやく目覚めたというべきであろうか。
そのことを「積極的無欲」と言ってもいいのではないかな。

これも自分の心の欲するままに任せるしかない。
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-27 08:42 | ■連載“日々努力”

第1397話・・・感謝

感謝するとは・・・・?
あまり意識しても、体の使い方と一緒で、どこかギクシャクして本物ではない。
意識していないときの心の持ち方に現われるのでは・・・最近そう思う。
何事も裏と表があるように
感謝の言葉にも裏と表がある。
「ありがとうございます」と貴婦人のような丁寧な言葉を使う人が
180°を向いた途端、醜い人間の相になっていたりして・・・。
こっちで誉めて、あっちで批判して・・・そんな姿かな。

「自分の話を聞きたい人がいる、聞いてくれる人がいる」
こう思えるだけで、もっとためになる話をしよう!という気持ちが湧く。
「もっとためになる話をしよう」と思うことって、その人のためではなく
それって自分のためじゃないか・・・そう思えるようになることを発見。
努力することが当たり前になる。前をむく生活が当り前になるからである。
なんとありがたいことか。そう思えるのがこれまたいい。

感謝するってことは、自分で自分を高める秘訣なんだー!
なぜなら
「いいものを創りだすことに一生懸命な時間」をもてるからです。

だから、感謝の言葉を相手に伝えるだけではなく
自分の心に芽生える「感謝の心」を大事にしたらいいのではないか。
これならできる!
まずはここからできるようにやればいい。

相手と戦っている間はまだまだですね。
       相手とは仲良くすることが基本ですから。
「過去は恨むような事があっても、今は感謝できる」
「今は敵でも、昔は恩を受けた人ではないか」
    そう思えるような人間に成長したいものである。

「周囲を見るな、目標を見ろ!」
    そういう心境に早くなることです。
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-26 08:33 | ■連載“日々努力”
【中学校生徒への講演会の狙い】
話を聞いていると、自然と自分を見つめることができる…!
そんな話を提供できたらいいなあ・・・と思って講演に臨みます。

  中学生に求める「自己を見つめる」ことの意義とは・・・?

 身近な問題を通じて、
   明日への夢や希望の実現に前向きに向かう気持ちを
        心の中に湧き上がらせることではないでしょうか。

 今までまったく知らなかった新しい発見、
   これまで誤解していたものが氷解していく発見、
      忘れかけていたものを取り戻したような気分、
         漠然と考えていたものが整理された気分・・・

 それらのことを
他の人の話を聞きながら
自分の中に取り込む心地よさみたいなものが 
   「自分を知る」「自分を見つめる」ことにつながり、
        新たな行動エネルギーにつながるのではないかと思うからです。
 --------------------------------------------------------------------------------

さてさて、6月は、ある地区のPTA関係者への講演会が待っている。
結構、大人数だとか・・・ありがたい!
演題は「スポーツを通じて何を学ぶか」
子供より、親へのメッセージ。
父親より、母親へのメッセージになりそうです。

ありきたりの話では面白くないしね・・・。
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-25 10:20 | ■連載“日々努力”
高校生も中学生も、もうすぐ“最後の大会”を迎える。
全国の何万人という中学生・高校生の学生が
「それぞれの思い」で最後の試合を迎える。
そして涙・・・・。

卒業生は後輩に何を残すか、チームに何を残してくれるか・・・・
   そして、自らの自分の心に何を残せるか・・・。
心ある指導者ならきっとそういうことを考えるはず。

テレビのスポーツドキュメント番組みたいになって欲しくは無い。
好きだけど、嫌いなところがある。
それは、特定の人間しか映さない事。特定の人間にスポットを当て
苦労して這い上がって行く姿・・・・
ゴルフだってプロは沢山いるのに石川遼君しか映さない。
バレーの場合だって同じだ。視聴者のお涙頂戴はいただけない。
一面だけ見せられているようで、なめんなよ!と言いたくなる。
要するにワンパターン化して面白くない。

部活を卒業する中で、そういうことがあってはならぬ。
「目立つ選手」より「目立たない選手の努力」を残したほうがいい。
「目立つ選手」は気ままでも目立つからである。

良きにつけ、悪きにつけチーム内には「目だった選手」はいるもの。
どちらかといえば、チームを困らせる割合が多い。
我がままを言ってチームを困らせる
陰で「いじめ」をやって困らせる。困らせるのもいろいろだ。
指導者として気をつけなければいけないのは
そういう子に振り回されない、しかし見放さないチームづくりが必要だ。

振り返って
目立たない選手の努力をもっと表に出せばよかったと思うこともある。
チームを支えてくれた功績は大きい。
彼女達の陰での努力は「陰徳」に匹敵する。
「陰徳」を積める選手こそ、チームカラーとして残して欲しい。
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-24 13:41 | ■連載“日々努力”
私が監督の頃、こと細かい「バレー部のルール」を制定した。
ポイントは選手主体で決めたこと。みんなよく頑張ってくれた。
とても素直であった。
それが「半学半教」というもの。
そのルールを創るのに1ヶ月以上の時間を費やした。
食事制限から通勤、遠征の道中のマナーまで。
職場での態度、練習での態度、私生活や合宿所ではどのように過ごすのか
掃除の仕方ではトイレの洗い方、お風呂の清掃など実演のビデオまで撮影して作った。
箸の使い方、茶碗のもち方、パーティーでの立ち居振る舞いまで・・・・。
目的は人間形成と愛されるチームづくり。花嫁道場である。

規則がある生活をしていると「いかに美しいか」・・・そんな話をした。
そのために全員を大広間に集めて、「敷居と鴨居(かもい)」の話をした。
君らは規則の中で生活しているので、それが不自由に感じる時があると思うが
実際はそうではない。実は、支えられているんだよ!
障子やフスマは上からと下から挟まれているが、もし自由になったらどうなる?
そんな話をしながら、理解を深めてもらうために実演をした。
まるで昨日のような出来事であるかのようだが、もう20年も前のことである。
襖(フスマ)を敷居と鴨居の溝から外して、畳の上に立ててみた。
バタ~ンと倒れた。
フスマが畳の上に横たわっている姿はなんとも哀れである。
見苦しい。
その場の雰囲気が一変した。
襖は敷居と鴨居の間に立っていてはじめて美しいのだ。そういうことがわかった。

上からと下から挟まれているのでなく
「上からと下から、両方から支えられている」と考えたらどうや!
そんな話をしたことがある。
どちらが欠けても襖は倒れる。
その姿は、職場の人間関係も自然界も同じである。

上からは太陽が降り注ぐ。
地下水の水は下で待つ。
この二つの線で結ばれた中で、人間も動物も、米も果物も樹も育つ。
太陽があっても、水がなかったらみんな枯れてしまう。
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-21 11:29 | ■連載“日々努力”

第1393話・・・決意

もう5月も半ば。一年の半ば。
この前の決意(お正月の)は?

決意と反省!
試合に負けたら反省する。
ミーティングして、一人ひとり反省の言葉を述べる。
そして決意する。
もっと練習しよう、っと。

気がつけば、そういうことばかりやっている。
それが楽しいと思えばそれもよかろう。

タバコをやめると決意する。
しかし成功するのは容易ではない。

勉強すると決意する。
ダイエットすると決意する。
明日から・・・・といろいろ様々に決意する。

しまいには決意そのものに疲れてしまう。
毎日決意していては疲れるだけ。
しかし、毎日することに決意はいらないのだ。
淡々とこなせばいい。
大きなことほどサラリとやれ!とよく言う。
あとで考えて「オー、よくやったなー」
そう思えるものがいい。
電車の吊り革人事という言葉がある。
何気ない立ち話の中で、大きなプロジェクトは進んでいくものだ。
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-20 09:50 | ■連載“日々努力”
人間の立場から月を眺めると、月は輝いて見えます。
  明るく美しいあの満月の夜のことをついつい思い出します。
特に、女房と一緒に沖縄宮古島の満月の夜に咲いた「月下美人」を観た時
のことは忘れません。夜中なのに、あまりにも明るかったので
知人宅からホテルまで歩いて帰りました。
都会で見るお月さんとまったく違って、まるで優しい太陽の光のようでした。

しかし、そんな月ですが、実際人間が月にいくと、
ペンペン草も無い、岩ばかりの殺風景なところだと分かりました。

その月から、人間の住む地球を見ると、今度は地球が光の球のように
輝いていました・・・・・・(地球は青かった)

科学技術の発達は、「立場が変わればまったく逆になるよ」
そんなことを教えてくれました。

人間の立場から神・仏をみると、拝みたくなります。
では、神・仏の立場から人間を見るとどうなるのでしょうか?
これだけはいくら科学技術が発達しても現実は不可能でしょ。
しかし、人間は賢いのです。
 「神・仏の立場から見たときに
       神・仏から好かれるような人間になろう!」
 こう、思えるだけで、心が落ち着きます。
そーういう考え方ができるのです。

今、「ゲゲゲの女房」というNHK連ドラがいいですね。
水木しげるご夫妻は今も健在です。夫婦仲良くできている極意は?の質問に
  その奥さん曰く、「神の采配によって今日があります」
そんなことを言われていました。そして、自分の母のことを
「いつもにこやかな人でした・・・・」とにこやかな表情で言われていました。
それをにこやかな表情で聞いている自分を発見しました。

「にこやか」「ほっこり」・・・こういう雰囲気をかもし出す女性がいいですね!
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-19 09:39 | ■連載“日々努力”
三菱時代・・・昭和50年、オイルショックなどで採用凍結などを体験。
バレーボールをやるのに苦しかったけど楽しい時代。
若さと仲間に支えられていた時代。
自分を育ててくれたところ。

その頃、バレー仲間とは別に職場の先輩、後輩ともよく飲みに行っていた。
ある後輩に
「俺、なー、今まで、自分のことで悩んだことないねん」と話したことがある。
正直な気持ちを述べた。
彼は、ことあるごとにそのことに触れてくれる(○○よ、覚えているか)

私的な悩みと公的な悩み。
私的な悩みを公的な場に持ち込む人が多くなったような気がする。
これは仕事に対する「志」の問題かなとも思う。
「志」のある人は、けして個人の私的な感情で人を観ない。
不平不満が少ないということ。
当然、憎しみもない。

部下や選手の「好き嫌い」は、単なる個人感情論。
チームメートの「好き嫌い」も、単なる個人感情論。
これらは私的な悩みに入ると考えている。
言いたいことを言える仲間とは私的な悩みを出すことではない。
そういうチームは、心が疲れるからすぐに崩壊するだろう。

私的な悩みに振り回されない感情のコントロールできる人が
人の上に立つ条件でもある。
[PR]
by kusanokenji | 2010-05-18 07:46 | ■連載“日々努力”