★★★★★


by kusanokenji

<   2008年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

データーバレーのスペシャルアナリストに話を聞いた。
かなりの優れものだということが分かった。
データーと映像がリンクしてすぐに見れるとか、あの選手はここしか打てないとか、
20点以降はここしかトスが上がらないとか・・・いろんなことができるらしい。
しかし、なんとなく疑問が頭をもたげた。
・正面だとわかっていても拾えないスパイクを打つ方法は・・・・
・目の前に3枚のブロックがあっても決めれるスパイクを打つ方法は・・・・
・どんなスパイクでもブロックできるブロック技術は・・・・
・どんな凄いスパイクでもサーブでも拾えるレシーブ技術は・・・
これが最終的には1:1の”真っ向勝負”であり、切磋琢磨の源泉であり、
野球で言えば、ど真ん中直球とわかっていても打てない球を投げる。
ゆるい球だけどどうしても芯に当たらないナックルボールを投げる。
どんなボールでもバントできる選手・・・・。

「矛盾」という漢字の由来を研究するところに進歩・進化があると思うのだが
どうも駆け引きや枝葉の技術に走っていないかとふと思った次第。
コートの真後ろに陣取ったアナリストがキーボードをガチャガチャと叩き、
ベンチではパソコン片手に選手に指示を出す光景が当たり前になったようであるが
ということは同じソフトを使っている限りこちらの持っているデーターと相手が
持っているデーターは同じになる。どこで優劣がきまるのだろう。
1、アナリストの入力、2、監督のデーター活用能力、3、指示通りに動ける選手
そういうところが優劣の要因になるようである。

相撲でも野球でも「曲者」と呼ばれる選手がいる。すばしっこい選手とか、機転が利くとか、そういう選手のことであるが、そういう選手は”真っ向勝負”ができない。最終的には誰ひとり横綱やスーパースターにはなれないのである。横綱やスーパースターの条件は”真っ向勝負のできる人”であることは証明済み。データーバレーに勝つ方法は真っ向勝負に挑める選手育成だと思うわけである。そういうチームが出現することを期待したいものだ。
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-28 09:35 | ■連載“日々努力”
「誰かの話」をこちらが言い出したとき
相槌を打つだけにとどまらず一緒になって批判する人がいる。
ちょっと軽く言っただけなのに火に油を注ぐみたいな・・・。
そういうとき、ちょっと嫌な気持ちになり後悔する。
あぁ、こんな話するんじゃなかったと。

「誰かの話」になったとき、さり気なく相手の長所をうまく話す女性がいる。
こういうときにその人の「にじみ出る教養」を感じて、それ以上エスカレートしなくなる。
素晴しい人間の抑制効果だと思う。
自分の都合を優先する人にはちょっと難しい芸当だ。

相槌が癖になっている人がいる。こちらは何にもいわないのに
ハイ、ハイ、ハイとか必ずハイを3回言う人、ウム・ウム・ウムと言う人。
明らかに「この人、本当に聞いているの?」と相手に疑問を持たせる相槌だ。
また変な相槌のお陰でどんどん話がエスカレートしてしまうこともある。
これが井戸端会議なのうだろうけれども、賢い人のすることではない。
人の話を聞くには相槌を打て・・・とは聞き方教室みたいなところでの
テクニックであろうけれどもそうではない場合があるということ。
ハウツウものに頼ってはいけない。大事なのは根本、原理原則。
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-27 10:59 | ■連載“日々努力”
バレー塾の動きづくりで心がけていること
それは
”難しいと思われる技に共通する動き”である。
これをマスターしていけば結構できるようになる。
技につながる動きの要素を練習すること。これが”練習”。
しかも理にかなっていること、合理的であること。
ムダを省くこと・・・・
頑張らなくてもできる動き
ちょっと頑張ったらできる動き・・・
このように考えていくと結構道が開けるものです。
理にかなっている動きとは
目線や四肢の角度・・・・
そういうところに気をつけるのです。

食事にも「偏食はいけない」とあるけれども
スポーツの練習も「編練」はいけないよ、と言いたいものです。
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-27 09:18 | ■連載“日々努力”

第983話・・・指導

選手を指導するときどこを見るか?

結果を見るな。結果は現象だ。
成功も失敗も単なる現象にすぎない。
そこには原因はない。
原因がないところをいくら分析しても答えがない。
答えがないから進歩もない。
進歩がないと怒り出す。

合理的で理にかなった動きがあるはず。
そこをみればいい。
ムダがあったり合理的でなかったら失敗する。
例えば
回転させようとする動きの中に
回転を邪魔する動きがないかどうかを見つけるとよい。
そこから本当の指導が始まる。
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-26 20:26 | ■連載“日々努力”

1n湯村

第554回 <In湯村(兵庫県)>
11月23(土)、24(日)・・・バレー塾・・・・・・200名
11月25(月)・・・・但馬地区中学教育研究会にて講演・・・40名
★受講者累計 103、820名 
 
c0000970_163327.jpg
 バレー塾のブログはここ
<講演要旨>
テープ起こし作業が済み次第、ここに掲載します。
しばらくおまちください。
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-26 16:02 | ■講習会リポート

in長浜

【自然体バレー塾 in 長浜 実施要項】
1.目 的   滋賀県湖北地区の指導者の資質向上を目指し、
         小中高の連携のもと子どもたちの将来を考える機会とする。
2.主 催   自然体バレー塾in長浜実行委員会
3.共 催   滋賀県湖北地区バレーボールの発展を願う会
4.後 援 中日新聞社(申請中)
5.期 日 平成20年12月27日(土)
6.会 場 長浜市民体育館
7.時 間 受付:午前8時30分~
   :午前9時~午後4時30分まで
8.内 容   27日(土):午前 → 草野塾頭による講義・実技
       午後 → 実技指導
9.参加費 指導者:ひとり ¥1,000 
          選 手:ひとり ¥ 500 
10.昼 食   指導者:1食 ¥700 
          (ご希望であれば、選手のお弁当もご用意させて頂きます。)
11.懇親会 27日(土)午後6時30分より草野塾頭を囲んでの懇親会を開催します。
          長浜サイクリングターミナルグリーンハウス大広間                         会費:ひとり¥5,000程度、宿泊も可能です。
12.その他 ★参加ご希望の方は、 12月1日(月)までに、
          自然体バレーin長浜 事務局・堤 宛に
メール( sizentai_volley_in_nagahama@yahoo.co.jp )でお申し込み下さい。
但し、選手のみ200名になり次第、締め切らせていただきます。お早めに申し込みください。
なお、http://space.geocities.jp/nagahamasizentai/ より申込用紙がダウンロードできます。
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-22 07:52 | ■開催要項
何気なくテレビを見ていたら午後9:00から金曜ロードショー!
なんと「ALWAYS 続三丁目の夕日」!
これは最後までみなきゃ!と思って2時間40分釘付け。
久し振りに、よかった!の一言。

「金より大事なものか・・・・」と淳ちゃんのお父さんに呟かせたのも
よかった。津軽弁も良かった!懐かしく青森を思い出した。
何よりも純粋な人情がよく描かれていた。
昭和30年代の物語・・・みんなが貧乏で貧しかった時代だけど
心のつながりというか、いい時代だったなと思わせてくれた。
本当に泣かせる映画に感動しっぱなしの2時間40分だった。
本当に笑いと涙の感動超大作だ。
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-21 23:47 | ■連載“日々努力”

第981話・・・仕事

30歳頃、ある新聞記者さんから取材を受けそのまま
個人的にも親しくなった記者さんがいた。その人から教えてもらったのが
「記者の記は”己の言葉”と書くんだよ」
「自分の足で取材して、事実をそのままに書くんだよ」
「でも常に真実を見つめて書くんだよ。事実と真実は違うこともあるからね」
「記事の最後に自分の名前を署名することで身が引き締まるんだよ」・・・

これこそ”仕事が人間を磨く”そのものだと思った。
そういえば最近スーパーに行くようになって気がついたけど
野菜に産地と生産者が書いてある。
あぁいいことだなー、と思う。
安心だけでなく、この人もまた成長していくんだなーと。

自分の仕事に責任をもつ。
自分の指導に責任をもつ。
しかもお給料をもらえる。
これって、自分を磨くそのもの。
仕事が人間を成長させてくれることでしかない。
文句を言ってる場合じゃない!
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-21 09:07 | ■連載“日々努力”

in亀岡

自然体バレー in 亀岡 (1次案内)
1,目 的  指導者の指導力の向上と選手(生徒・児童)の技術の向上と
心の発達を目指す
2,主 催  自然体バレーin亀岡実行委員会 (代表 木村義二亀岡中学校校長)
3,日 時  平成21年1月24日(土)~ 1月25日(日)
4,時 間  9:00~16:30
5,場 所  亀岡中学校体育館
6,内 容  1日目午前:指導者     ・講義・実技指導
            午後:生徒・児童   ・実技指導  
        2日目午前:全員       ・実技指導
            午後:全員       ・実技指導
7,参加に関して
   ○ 参加費   指導者 1日につき 1,000円 生徒 1日につき 500円             ○ 申し込み締め切り  12月 26日(金) 12/15定員170名で締め切りました!
              (生徒・児童に関しては人数に達しましたら締め切ります)
○指導技術向上を目指す指導者はぜひ参加して下さい。
○指導者の方、夜に草野塾頭を囲んで懇親会(本梅の里)を予定しています。
       参加者希望者は連絡下さい。
   ① 懇親会のみ (7,000円)  ②懇親会と宿泊  (13,000円+α)
8,その他
   昼食を希望者に700円で準備させていただきます。
   事前に下記の所まで連絡下さい。(参加申込書に記入していただいても構いません) 
問い合わせ先  一谷 好美 
   携帯  090-8758-4811
(申込先)  FAX 0771-82-1101
        e-mail  ichiyo10@shinet.ne.jp
   
  
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-20 21:43 | ■開催要項

in橋本

自然体公認講師養成講習会
「自然体バレー」の理念を正しく理解し、選手達の将来を見据えた指導方法を学び、かつ人間学にも精通し、指導者の資質向上をめざす講習会を、下記の通り開催致します。

期  日  平成21年1月10日(土)・11日(日)・12(月・祝)
時  間  10日(土)   受付:午後12時30分より
                 午後1時~5時まで
        11日(日)   午前9時~午後5時まで
        12日(月・祝) 午前9時~午後12時まで
  会  場  10日(土)   和歌山県立橋本体育館 2階研修室
        12日(月・祝)       同上
        11日(日)   橋本市教育文化会館 3階
参加資格  今までに自然体バレー塾を5回(延べ10日)以上受講され、今回3日連続
(懇親会も含む)参加できる方。研究会メンバー推薦者も可とする。
内  容  試験問題の解答作業(テキスト見ながらOK)を中心としています。
       テキスト「自然体ドリルシリーズ」「基シリーズ」「指導者の人間学」「からだ
のメカニズム」より出題しますので、事前に学習をお願いします。
参 加 費  10,000円(3日間、資料代含む)
懇 親 会  10日(土) 堺屋    会費5,000円
        11日(日) あやの家  会費5,000円
昼  食  11日(日)の昼食を700円でご用意しますのでご連絡下さい。
宿  舎  リバーサイドホテル(Tel:0747-25-1555)において10室を
確保しております。直接ホテルに連絡し、「自然体バレー塾参加者」と申し込んで下さい。
申込み先  TEAM自然体研究会事務局 岸田まで
(メールアドレス:seikotu@sage.ocn.ne.jp)
        12月27日(金)までにお申込み下さい。
[PR]
by kusanokenji | 2008-11-20 17:20 | ■開催要項