★★★★★


by kusanokenji

<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今年一年の総括・感想・・・・がふと浮かびました。

「指導者達の和」が一番でした。

2番から100番までは割愛します。
この「指導者達の和」・・・
いい大人たちが素直になれる場なのです。
バレーの過去は一斉問われない場だからいいのでしょうね。
年を重ねても学ぶことに喜びを感じられるのですね。
今、この一瞬も一生も美しくあれ!
未来を担う若者には正しいことを伝えろ!
正しいこととは
50年先にも100年先にも通じる理論や考え方のこと。

集まれば学べる!
集まれば癒される!
集まれば明日からの活力が沸く!

皆さんのおかげで十分いい年でした。
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-31 10:08 | ■連載“日々努力”
人間関係でもスポーツでも
なかなか思うとおりにいかないことが多い。
思うとおりにいかないということは
思うとおりになるためにそれなりの努力はしているということ。
つまり、頑張っているから結果に不満が出る。
そんな時
自分の頑張り方に問題があると考えられる人は少ない。
ここがポイントである。

スパイクをネットに引っ掛ける選手に
「ネットに引っ掛けるな!」と怒っても解決しないだろ。
原因は、ネットに引っ掛ける前にある。
つまり、原因は、結果の2つ、3つ前にあるということ。
ボールが空中にあるときの動作にある。
ボールが手に触れる前にあるということ。
そんな視点を養うと”怒る”ことも激減するんだが。
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-30 09:22 | ■連載“日々努力”
もうすぐお正月!
元旦になると新しい気分になる。
新しい気分になると「何か新しいこと」を始めたくなる。

しかし決意したことが実行された試しがない。トホホのホである。
いつも正月が過ぎれば「???」で終わってしまう。
決意は程ほどにしたほうがよさそうだ。
それよりも、せっかくの正月休みだから
昨年勉強したことを1冊のノートにまとめて、整理する時間にでもしよう。
勉強して初詣!といきたいものだ。
勉強する者救われる!

現在”禁煙”継続中である。
別に禁煙しようと決意したわけでもなんでもない。なりゆきである。
ただ”何気”なく、ああ、今日1日やめてみよう!と思っただけ。
それが1日成功したら欲がでてきてしまったってワケ。
3日成功したころには、もったいないから一週間やってみよう!
あれ~、できたじゃない、へぇーできるんだ、じゃあもう少し!・・・
ということで現在まできている。なんだか続けられそう!
今の目標は、「禁煙開始1年後に1本吸おう!!」
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-29 09:17 | ■連載“日々努力”

講習会

【自然体バレー塾in安達】実施要項
1 主  催  油井スポーツ少年団バレーボール部
2 日  時  平成20年3月15日(土)~16日(日)     
3 会  場  1日目 福島県二本松市安達体育館
         2日目 福島県二本松市立安達中学校体育館
※ 両会場とも駐車スペースが限られていますので、乗り合わせてご来場願います。
4 対 象 者  小学生から大人まで(バレーボールの経験は不問)
        ※ 先着順とします。ただし、旧安達町内の方を優先とさせていただきます。
5 参 加 料  1日分大人1000円 小学生~高校生 500円 
6 懇 親 会  15日夜に会費5,000円で開催します。(会費は予定額です。)
7 申込方法  参加ご希望の方は、下記までご連絡ください。別途申込書等をお送りします。
8 申込期限  平成20年1月31日(木)
        ※ 定員になり次第、締め切らせて頂きます。
9 連 絡 先  携帯090-3647-9673(非通知着信拒否)
        メールアドレス yuispo_1c1@circus.ocn.ne.jp 石井まで
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-28 14:48 | メモ
山に登れ!とは言うが
  下山の仕方を教える人は少ない。
試合に勝てと言うが
   負けてどうするかは誰も教えない。
事故や事件は圧倒的に下山の時、負けてからのほうが多いのに・・・。

企業は苦情をヒントに商品を開発する。
企業は儲かっても不況に備えてムダ使いはしない。
企業経営者の心が解ればチームの指導も楽しい。
だから一流の人物とも交流をもつことだ。

誰も負けることを想定して試合に臨まない。
だから負けてからの事は一斉考えてないと言う。
でもそれは無茶や。
必ず負けるのになんてことを・・・。
負けてからも成長できる、勝ってからも成長できる。
そういう心構えで日々を迎えたほうがいい。
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-28 08:57 | ■連載“日々努力”
大きい山だけが山じゃない!
高い山だけが山じゃない!
自分が登りたい山に登ろう!・・・以前、そんな話をしたことがあります。

高い山も、大きい山も、山は山でもいろいろです。
世界一と言う山、日本一という山、県一という山・・・山はいろいろあります。
国民みんなが同じ山を一斉に登ったら日本列島沈没!
飛行機の席の配列と同じですね。
半分しか乗員がいないとき乗ればすぐわかります。左右前後のバランスで
配列されています。席が偏ったら飛行機も船も正常な運転ができなくなるからです。

どんな山でも山には”てっぺん”があります。頂上です。
頂上には展望台があります。遠くまで見えるように展望塔まであります。
そこに登れば裾野が見れます。そして民家が見えます。
ここからが大事です。
頂上で上を見れば空に吸い込まれて目がクラクラして倒れてしまいます。
いつまでも頂上に居座るひとはいないでしょう。
普通、頂上に居座ろうとする愚か者はいません。
すぐに下山開始です。この下山が難しいのです。
一歩誤れば事故はこの下山途中に発生します。

こんな勉強を若いときにできたらいいなと思うのです。
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-27 10:07 | ■連載“日々努力”

第18回in橋本

第520回 <In橋本>
12月23日(日):県立橋本体育館、指導者65名、子供200名
12月23日(祝):    同上       45名、子供200名
12月25日(火):五條市宇智体育館、   20名、子供 50名     
3日間550名★受講者累計 94、230名  
     超満員御礼!
c0000970_1422651.jpg
c0000970_15114282.jpg<2007ラスト講義>・・・全国から65名集結。青森、茨城、栃木、新潟、東京、三重、岐阜、愛知、静岡、京都、兵庫、岡山、宮崎・・・みなさん自腹切って、休みとっての参加。
子供を幸せにする指導法を学ぶ」ことが目的
したがって「こうすれば勝てる!」方式の講義や実技より「故障させずに上達させる方法」「バレーを好きにさせる指導術」がメイン。学科試験もあり、ときには実技の指導体験もあります。子供さんと直接に接する指導者のお役に立てる講習会、として定着してまいりました。
<新・ウオームアップ公開>・・・バレー技術に直結する「肩関節と股関節の連鎖運動」を全身運動させながら12種目に限定してみました。参加者からは結構評判がいいみたいでした。機会があればどこかの講習会でも紹介したいと思います。だれか見本でできる人が必要ですけどね。写真のように小学1年から大人までできるので誰でも簡単にできます。
<共通言語>・・・医学は国によって違うし、医局によって技術の差はありますが、物理の法則は全世界共通の理論であり普遍のものですよね。バレーボールの指導もできるだけそうありたい!という願いをもって日々研究しています。「誰だれ流」ではありません。1000年前の理論、世界共通の理論みたいに、50年後も100年後も通用するものをできるだけ吟味して、わかりやすく通訳してお伝えできればこんなに嬉しいことはない。これこそやりがいのある仕事でないか、そう思って日々精進させてもらっています。お陰さまで今年もいろんな方の協力をいただきながら、時には神さんのご加護もいただきながら頑張らせていただきました。2008年もできるだけ頭の軟らかい子供から、コンクリートみたいな石頭のおっさん指導者、おばさん指導者までがくらいつきたくなるようなものをご提供できるように精進します。謙虚な心と感謝なき者に救いなし!・・・そんなことのないように、日に1回は手を合わせる時間を持つ心の余裕をもちながら来年もやらせていただきたいと思います。このレポートも2007年度の最後になりました。重ね重ねて御礼申し上げます
内容は下記のブログでも紹介されています。ご参考にしてください。

<みなさんありがとう!またお会いしましよう!>
主催者のブログ1,     
ブログ2 
参加者のブログ1
参加者のブログ2
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-26 14:26 | ■講習会リポート
橋本での3日間の講習会の最終日。
いつものの通り別れを惜しむかのように居酒屋へ。
だいたい、こういうところで次の企画が生まれるもの。
過去にもなんどもあることです。
「夜降る雪は積もる!」「立ち話で決まる」「電車のつり革人事」・・・・
こういう格言じみた話はマトを得て妙なりというものですね。
この傑作が「どどいつ」かな。
話が横道にそれました。講義でもよくあることですが・・・・。

で、題目にある「バックライト物語」です。
それを紙芝居にして子供たちのモチベーションUP講座にしたらどうかと。
ストリーはこうです。
私は小学6年生。なかなかバレーがうまくなりません。
パスも飛ばず、情けで試合に出してもらったもミスばかり。
「お前がいるから負けるんだ」「お前はみんなのジャマ者だ」と監督から怒られます。
もう、私はバレーを辞めようかとも思いました。
そこにバレーの使者が現われました。
「あのね、----------------
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーー創作募集・・・・」

まあ、こんなストリーで最後はばんざーい!でエンド。
一般的な見識ではバックライトは野球で言えば「9番ライト」みたいな存在だけども
でも、本当は違うのです。一番難しいポジションで、重要なポジションです。
そこの重要性と、うまくなるためのコツを体得していくストリー。
バックセンターはチームの扇の要だったら、バックライトは何の役割でしょうか。
お雛様で言ったら○○、会社で言ったら○○、国会で言ったら○○・・・。
こころの問題も、技術の問題も織り込められたらいいですね。
小学生だけではなくもママさんにも「希望の紙芝居」になれたらいいな。

で、この話。紀○の○田代表が子供と一緒に取組むことになった、という年末年始にかけての新企画に相成ったって話です。理想は紙芝居の絵コンテが15枚ですね。1月の強化練習までに第1弾を待ってます(^^)。目茶苦茶楽しみです。
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-26 09:39 | ■連載“日々努力”
いよいよ今日から今年最後の講習会です。
なぜか大人な達が全国から50名ほど学ぶために駆けつけてくれます。
みなさん異口同音”待ち遠しい”、”今からワクワクです”、”今晩寝つきが悪そう”
”いけなくて残念”、”楽しみです”という声が届きます。
そういう自分も今朝は随分と早起きしました。
本当に感謝です。
待ってくれてる人がいるということがいいですね。
そして、お互いに”再会”したい人がいるのも素敵な人生だと思います。
そして、どこも満員で生徒参加の申し込みができないとの頼りも届きますが
一緒に学べる友がいる人生には変わりありません。
またどこかでお会いしたいと思います。
では再会と新しい出会いを求めて行ってまいります。
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-23 06:18 | ■連載“日々努力”
”女性の品格”という本が売れてるそうです。
PHPも頑張りましたね。200万部突破とか。
読んでみました。例えば
「自分が強い立場、上の立場でもそれを当然として大きな顔をするのでなく、相手を立てる言葉が自分の品格を高めるものです。・・・・相手の反応をみながらわかりやすく話す余裕が、安心した穏やかな人格を感じさせるんです」などなど。
2007年度は”指導者の資質向上”と”指導の本質”が大きなテーマでしたが
2008年度は”指導センス”とともに”指導者の品格”がテーマになりそうですね。
ひとつづつ年輪を重ねるように、学んでいきたいものです。
[PR]
by kusanokenji | 2007-12-22 07:13 | ■連載“日々努力”