★★★★★


by kusanokenji

<   2007年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧

講習会(湖西)

第481回<自然体バレー塾ーIn湖西市>
4月27(金):講演会:福祉センター・・・・・・・70名
4月28,29:実技:アメニティープラザ・・・500名
参加者:570名★受講者累計 82,620名 
    開催要項  前回
c0000970_10452119.jpg
<D2ダンス>・・・勿論やってきましたよ!いけます、いけます、みんな必死のパッチ!おとなも子供も、指導者も選手も・・・・小学生が最高! 目茶苦茶早い、美しい!これはブレイクの予感から確信。2日目になると動きがスムーズです。身体メカニズムから考え出された動きをダンスで再現。脳、神経、筋肉、骨格を刺激しながら「連動・連鎖・連結」の総集編。子供も大人も健康体操そのもの。股関節の動きが凄い。四肢の連鎖が凄い!見て美しく、やって楽しいダンスとしてお奨め。やらなきゃソンソン。バレーの選手はもちろんであるが、学校の体育でも、老人会の体操に・・・・社会のお役に立てれば最高です。c0000970_10575763.jpgでも指導者の踊りはは「も~し~も~し、カ~メよ~♪」と演歌になっています。何事も頭で考えないと動けない大人の壁です。感性がないのです。理屈先行の頭でっかちや頭の固い人たちは演歌になります。「え~と、次はどっちの脚をどうするの?」と考えてしまうと体は動かないのです。いまからでも遅くありません。運動神経は発達しますので諦めず頑張ってください。2日目は床に寝転んで踊ってみました。これもいいですね。
<次回は市民ホールで1000人の講演会を>・・・という要請を頂きました。初日の講演会は夕方6時半から9時まで。70名が参加。タイトルは「指導者が変わらなければ選手は変わらない」・・・講演終了後、ある保護者から「うちの学校にきてください」とか「あの先生に聞いて欲しい」とか反響は上々でした。次回は1000人規模の講演会にしましようと、体協の事務局長、理事長、バレー協会の会長からありがたい言葉をいただきました。燃えているんです、湖西市は!
<地方からの発信>・・・前回も書きましたが湖西市の体育協会の取り組みがユニークです。体育協会の中に少年団チームがあり、部員は1年から6年生まで毎年100名以上。通常は週に1回の練習。4年生以上になると強化型もあり、これは週に3回。いろいろ選択肢があり、協会の求めているものと自然体の考えが一致して、今回の体育協会の本部事業となりました。こういうシステムは全国でも珍しく、勝つことにこだわる少年団が多い中、「子供が育つ地域の活動」としてとても意義あることです。指導者の指導方針のベクトルを一致させるべき前回の講習会がかなり認知されてきたようです。中学校の指導者がとても前向きになっているのもいい傾向。「大人が変わればこどもが育つ!」ことを徹底してやりましよう。自然体の理念が少しでも世の中に約に立っている喜びを感じれる3日間でした。ああ、2日目のママさんバレーの皆さんもよかったですよ。なによりも一日中、笑顔で頑張っていました。帰りにあるママさんから「楽しいってどういうことか今日初めて解ったよ!、ありがとう、今度はいつあるの、また参加したいよ!」と弾んだ声で言われました。あるジュニアのチームはチーム結成1年とか。それで自然体を勉強してやっていますとのこと。人数も多く、こどもがみんな天使みたいな笑顔です。スタッフや付き添いの保護者も穏やかで子どもを見つめる目が温かい。これがいいんです。大人の心が子どもに反映されます。大人が心美しく、心清らかに、心温かければ子供も必ずそうなります。これ真理です。次の静岡県での開催は6月2、3に御前崎市で、少年団西部地区協会主催の講習会あります。
[PR]
by KUSANOKENJI | 2007-04-30 11:08 | ■講習会リポート

第638回・・・成長の邪魔

「知恵は成長のために使わないといけませんね」
「そうだね、悪知恵になったらあかんもんな」
「ようやく気がついたんです」
「なにを?」
「これから子供の成長のために知恵を使うようにします」
「エッ、これまでは何だったの?」

「自分が高校のとき全国大会に出たことが自分の成長を邪魔していました。
それが25年かかってやっと気がついたのです。
知恵は子供の成長のために使います」
「そうだな、子供が主役になればいいんだよ」
「本当にムダなことに知恵を使ってました!」・・・・

私に語る某中中学校の某先生。
なにかふっきれたようだ。

「プライドは鼻の上におくからややこしくなるんだ。
プライドは自分の足の下において 踏んでおけ!」


自分の立場やプライドを守るために頑張るのは疲れるだけです。
骨折り損のくたびれ儲けみたいなものに気がつかれたのですね。
人生に疲れた人もどうぞ自然体バレー塾をご利用ください。
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-30 09:42 | ■連載“日々努力”
わくわく体操とは
「座ってできる、
寝てもできる、
立ってもできる、
一人でできる、
しかも器具は不要。
初心者からベテランまで、
体がワクワクしてくるストレッチ&トレーニングの総称である」
故障しにくい体になることは勿論、
体の切れと動きが良くなり、
巧みな身のこなしによる技術の向上が大いに期待できる体操群である。
「体が喜ぶ運動」でくせになりそうだ!

と、こんな体操があったらいいね!

なぜなら
みんなが困っているから・・・。

あ!わすれてた!
お金がかかない!
これは最優先で必要だ!追加しよう。

[PR]
by kusanokenji | 2007-04-27 08:02 | ■連載“日々努力”

第636話・・・栄光の不満

「栄光の不満を言え」・・・懐かしい言葉だな。
昨日の「情熱」を書いていてふと懐かしく思えた次第。

要は、グチグチメソメソするな!の喝!
言いたいことがあれば堂々と言おう!
できたら物事を決める決議機関の場で言うことだ!
これが正々堂々ということだ。

会社の決議機関は経営会議。
学校の決定機関は職員会議? 教育委員会?
チームの決定機関は?ミーティング?保護者総会?
家族は家族会議?

そこで「栄光なる不満」、つまり「自分の本心の意見」を言えるかどうか。
問題はそういう場所、土俵に上がれるかどうかなのだ。
そこで発言しないことには前に進まないことは明白。
それができる人は「いいわけ」はしない!

話しは変わって、22日に五條東中に行ったら
体育館で「泳げ鯛焼き君」のCDがかかっていた。懐かしかった。
これに合うトレーニングもいいいな。
毎日、毎日、僕らは鉄板の♪・・・・替え歌もいいな。
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-26 02:08 | ■連載“日々努力”

第635話・・・情熱

好きな言葉は・・・情熱!
嫌いな言葉は・・・いい訳!

石原都知事のインタビューでの答えである。

青春とはというサムエル・ウルマンの詩にも情熱のことが書いてあった。
青春とは心の様相を言うんだみたいな言葉が沢山あった。

逞しくなければ生きていけない
愛がなければ生きていく資格がない 
そんな詩もあった。みんなええこと言うな。

僕も昔から「いい訳」「グチ」「不平・不満」が嫌いだった。
自分も凡人だから言うことがあるが、
「栄光の不満ならいいい!」と
なんやわけのわからないことを喋っていた。
つまり不平不満も建設的であればということなのだ。
不平不満もしかるべき場所でやると建設的になるのだという考え方である。
酒飲んでるときや陰でやるからおかしくなるのだ。
「今日は一斉後ろ向きな会話はなしでいきます」
と飲み会で最初に約束して始めたものである。

各地で懇親会を開いてくれるが これがまた苦痛なときがある。
「草野さんを囲む会」となっているが、10分もすれば
あっちこっちで「身内の話」に花が咲く。
たいがい、どこも同じ話だ。
そういうとき僕は早目に退散するのだ。
強いチームを作っている指導者はいい訳が少ない。
それもそうだ。
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-25 18:44 | ■連載“日々努力”

第634話・・・三者面談

以前、中学校の教師からこんなことを聞いた。

親との面談…親しか見えず!
子との面談…子しか見えず!
三者面談…家庭が見える!

【就職】
A社に就職・・・A社しか見えず!
B社に就職・・・B社しか見えず!
浪人する ・・・世間が見える!

何かの参考にしてください。
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-24 23:04 | ■連載“日々努力”
【うれし泣き】
昔の浪速商人の主人曰く
『顔で笑って心で泣くのを「うれし泣き」と言うんやで。
 笑顔が表で、涙が裏。
 いつも笑顔の裏には涙があるというこっちゃ。
 嬉しさ、つまり笑顔が先に出て、涙があとについている。
 つまり、心の中では泣いているんや。
 これをうれし泣きと言うんや。
 だから商人は裏で泣くことばかりでも表で泣いたらアカンのや』

*涙がでるくらいウレシ~イ!とは違うかったんですね。

【泣き笑い】
『でもな、「泣き笑い」ちゅうのがあるやろ。
 辛いことが表で 笑いが裏。
 つまり、今はつらいことばかりやけど
 いつかはいいこともある、というこっちゃ。
 諦めたらアカン、ちゅうこっちゃな』

:松竹新喜劇の「人情物語」は泣き笑いですもんね。

 みなさん、明日に希望をもって頑張りましよう。
 疲れたらいつでも講習会に顔出してください。
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-23 21:59 | ■連載“日々努力”

勉強会(五條市)

第480回<自然体バレー塾ーIn五條市>
4月22(日):ゴルジ、五條東中学校体育館
参加者:30名★受講者累計 82,050名

<勉強会>ダンスやトレーニングの伝達勉強会でした。
詳細は→岸田先生のブログ、 ジョニーさんのブログ、  ジャムさんのブログ
c0000970_18444286.jpg
新しいDVDに登場する
【D2ダンス】です。
曲名は「ウサギとカメ」
自然体バレー塾のテーマ曲みたいなものです。



c0000970_18501332.jpg
第1巻:
【動きの基(もと)】
カメさんFIGHTの巻





c0000970_18513253.jpg

来週の湖西市の講習会に参加されるみなさん
5月連休の西宮のみなさん
当日やりますので 覚えといてください
とりあえずはこの振り付けだけでも。
詳細はDVDでどうぞ!



c0000970_18514850.jpg

実際は「ウサギとカメ」の1,4番の曲に振付けられます。
2番と3番の曲の振り付けは別です。
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-23 19:08 | ■講習会リポート
22日は濃い一日であった。(橋本でDVD撮影用の勉強)
一年がかりで仕上げたドリル。
1000時間どころではありません。膨大な時間の集積です。
名前・・・・う~ん、
【動きの基(もと)】 ~カメさんFIGHT!の巻~ でいこうか?
岸田先生曰く「ベースがもしもしカメよの童謡なので横文字のハイカラよりもね・・・・」
で、帰りの最終電車、10時29分発の南海電車のなかで思いついたんだが
いかがなものでしょうか。

朝来の松本さん京都の横山さん、URAさん、お疲れさん。
ゴルジスタッフのみなさんありがとう。
高橋君、ごくろうさん。東中の生徒諸君オス!
いつも保護者の愛を受けてナイスです。
みなさんよく頑張りましたね。そんな一日でした。

成果は結果に勝る! なぜなら明日に通じるから。これ、経営の根幹。
結果が出ても納得がなければ不満の温床。
経営もスポーツも根本は同じ原理。
結果を求める者は結果に溺れる・・・世の常です。
しかし、結果を体験してない懲りない人には通用しない格言です。
そんなことには耳を貸さず、どんどん前に進もう!
いいものを世の中に提供しよう!
喜ぶ子供の姿を連想することが発想エネルギ、行動エネルギーの源。
「動きの基(もと)」「レシーブの基(もと)」「スパイクの基(もと)」へと続く
段階的練習ドリルシリーズを年内に完成させるとしましよう。
みなさんが勝った負けたと一喜一憂している間に
我々は未来の選手のためにレールを敷いてあげましよう。
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-23 00:51 | ■連載“日々努力”
一昨晩は仏教大学の総監督と二人で痛飲。
久し振りに午前2時半を廻っていた。
そして昨晩は旧知の友と・・・。
松下時代にお世話になった人であるが、一人は5年ぶりに
東京勤務から門真の本社勤務に帰ってきた友人。
もう一人は浜名湖から大阪へ帰ってきた友人。
なんと常務取締役で帰任。大出世だ。久し振りに痛飲した。
話題は「経営あれこれ」の話であるが、久し振りに生くさい話
に刺激を受けた。なんと言っても5年も離れていたので。
そして2軒目に行った「なんの」というおすし屋さん。
ここも4年ぶりであったが、なんと近畿ブロック審判講習会の懇親会の
宴会中。少しだけ顔出したが、半分ほどは顔見知り。オー!と盛り上がる。
旧来の友がそれぞれの県で要職に就いて頼もしくなっていた。
残りは若い先生方だった。これまた頼もしく感じた次第。
なんだか、どんどん昔の人たちに吸い寄せられたような2日間。

今日は朝6時に目が覚めた。
今から五條市に出かけて 「お勉強会!」
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-22 06:41 | ■連載“日々努力”