★★★★★


by kusanokenji

<   2007年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

全国津々浦々いたるところに、自然体の考え方や理論を各地で伝えていただいている先生方や一般の指導者がおられます。私にとってはみなさんが自然体講師の候補者です。自然講師が100人誕生しただけで年間何万人の子供が救われるか・・・そう思っただけでワクワクします。心強い限りです。でも勝つことに心を砕いている間は残念ながら「人様のお役に立てる人生を歩みたい」なんて思う余裕などないでしょうね。勝つことに心が支配されているのですからね。バレーでの勝つこと=相手のミスを大喜びすることとつながる小学生の応援風景は見るに忍びないものがあります。自然体を愛される心ある先生方は必ずしも強いチームではありませんが「考え方」が素直なのです。大人であればあるほど「素直な心」が必要なのはいうまでもありません。「学ぶ心は素直な心から」とは松下幸之助さんが口酸っぱく言ってた言葉。今回、埼玉での講習会に参加された横浜の私立中学校の先生のお礼状を紹介します。

『お礼のご挨拶が遅くなって申し訳ございません。
2日間に亘り、研修会、講習会と色々とお世話になりました。
本当にありがとうございました。

今回初めて参加させて頂きましたが、
実際に指導を受けると、本で読むのと全然違うというか、
具体的ですんなり入っていくのが自分でもよく分かりました。
正直、遠方で最初申し込むのを躊躇したところもありましたが、
足を運んで本当に良かったと心から思っております。
また、小学生や男子中・高生と一緒に活動する機会があまりないため、
特に小学生の笑顔、熱心な取り組みには考えさせられることが多かったです。
入部したばかりの頃は、何もかもが新しく吸収できて、
毎日のクラブ活動が楽しみであったはずなのに、
いつの間にか人間関係で悩み、技術の壁にぶつかり、
半分義務で出席しているような部員もいることを思うと、

本当に指導者としてやらなければいけない課題は多いなぁ、
何歳になっても、日々精進あるのみ、一生涯学習期間だなぁ、と
つくづく思いました。

参加した部員たちも、「楽しかった」「面白かった」「でもうまくできなかった…」と
色々な感想を持ってくれていました。
自分としてとても嬉しかったのは
「○野先生が教えてくれることと同じことを草野先生は言っていた」
そう言ってくれたことです。
本当は私が草野先生が教えていることを伝えているだけで、
私が真似をしているだけなのですが…。
まだまだ300種類以上の指導方法は全然身につけていませんが、
これから少しずつ自分なりに吸収し、伝道師として伝えていきたいと思っています。

前後しますが、土曜日の研修会も、大変意義深いお話をありがとうございました。
バレーボールの指導者としてももちろんですが、
一人の教師として、多くの生徒を預かる身として、
学ぶべきことが多かった研修会だったと思います。
(時々自分の実体験と照らし合わせて、そうだそうだと頷いてしまいました)
翌日部員を引率しなければならず、車で参加したため
夜の部は2日間とも不参加となってしまいましたが、
また次の機会のときは、ご一緒できたらと願っております』
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-28 11:41 | ■連載“日々努力”

第576話・・・練習

どうして試合前になるとテンションあげて練習するんですか?
どうして試合前になると練習試合が多くなるんですか?
強いチームは逆ですよ。
試合当日に最高の力を出すために何ヶ月前から準備するんですよ。

埼玉の講習会でもこのことについては何回も
「あの手、この手」で伝えました。
最後に『見て下さい、今日はネットがありませんでしたよ。
ネットを使わなくてもこれだけの練習ができます。
練習方法は最低300種類もってください。
チームを強くするのには練習試合が最高だなんて言わないでくださいね。
もっといい方法を探してください。それが指導者の力量です』と言いました。

昨年は週5日練習の小学生が全国大会に出場できました。
今年の3月の長崎での全国にも出ます。
勿論、叩かず、しごかず、怒らず!
しかも、カントクは一斉球出しをセズにです。
「選手達だけでもここまでできるようになるんですね」とその
監督は言います。「当たり前だよ、あなたが個人から解放されて
全体を的確に見れるようになったからです」と僕は答えました。
今年は、週4日練習の小学生チームが全国出場!が目標です。
高校は、「年間60日休日」が3月の全国春高バレーに出場決定しました。

たいていのチームでは練習試合や合宿では個人のスキルアップよりも
「チームの力」「集団行動」に力点が置かれるようです。
そして、マナー教育、人間性育成と称して挨拶や声の出し方
整列の仕方、靴のそろえ方・・・・などなどパターン教育が始まります。
パターン教育は変化に弱いですからね。

そうしなければいけないところに、問題が潜んでいることに気がつきたいものです。
目的はいいんですが、手段に問題あり。勉強しましよう!

東京での講習会に参加された方のブログです。ご参考までに
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-27 17:28 | ■連載“日々努力”

第575話・・・性格の一致

あなたには「絶対許せない人間」がいますか?
何人いますか?
まぁ、生涯に5人までは神様も許してくれるでしょうね。
まぜ5人?
手の指の数だから。奈良の大仏さんのポーズだね。
5人以上はアカンの?
5人以上?、相手よりあなたに問題があるんじゃないの?

大事なのは一人ではなく、連れ合いと何人共通するかですね。
なんや、お前もそうだったのか!
と思えたときの気持・・・・これってホッ。
これが「性格の一致」かもね。
好きなことが同じな間の関係はアカンよ!

これって生き方の問題やからね。
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-26 18:35 | ■連載“日々努力”

講習会(さいたま)

第470回<自然体バレー塾ーInさいたまⅡ>
2月24(土):高校生実技&夜は指導者の講義130名
2月25(日):小学生~一般まで:300名:西部文理高校体育館
参加者:430名(2日間)★受講者累計 79、330名
c0000970_1251294.jpg
c0000970_1252599.jpg<超満員>・・・県外(東京、群馬、栃木、神奈川、千葉、青森)から約80名の参加に驚き。今回も300名以上のスシ詰め状態。それでも案内を出すのを控えたとか。私の予想以上に自然体バレーフアンが多いことにこれまた驚き。ありがとうございます。
 前回から半年ぶりであるがその成長が目に見えていました。特に小学生のプレーの変化ははっきり。スパイクフォームなんかまさしく自然体スイング。指導者に聞くと昨年の受講から徹底してストレッチもトレーニングもフォームも改造。D2ラインのフォロースルーも含めて言うことなしには驚きました。県大会で2位になって関東大会に出場するチームも出てきたり、参加の殆んどのチームに成長あり! 何人かの指導者は「フォームを見てください」とこられたり、ある中学校の先生は「日々新たを毎日コピーし子供に渡しています」とか、指導者の人たちの取り組みに拍手したい気持でした。
<別れが・・・>今回も別れが辛くなるくらいでした。なぜでしょうね。何処でもそうですがどうもそういう気になるのはなぜでしょうね。子供たちの笑顔と別れるのも寂しいし、知り合った人たちとの出会いも去りがたいし・・・あああ、ってなっちゃいますね。始めて参加のある指導者は「これがバレーボールだよね!、だって朝から一日中笑顔だもんね!」って感心しきり。そうなんです、全国どこに行っても笑顔が見えるのが嬉しいな。だから別れが寂しいのかな。それにしてもどうしてこんなに県外からの参加が多いんだろう。東京や横浜でも開催の動きがあるので楽しみにしていてください。最終新幹線ギリギリまで東京の人たちと痛飲して帰阪しました。

第469回<自然体バレー塾ーIn八王子Ⅱ>
2月24(土):45名参加:八王子第三小学校体育館
★受講者累計 78、900名
c0000970_11542931.jpg
とても成長してました・・・チームを立ちあげて1年。練習は週に3回。動き作りに重点をおいての指導。ここ八王子市内には68の小学校があるが小学生のチームは5チームしかない。バレー関係者の動きはどうなっているんだろう? 子供たちはとても成長してました。動きがどんどんしなやかに、そして新しい動きにもすぐに対応できるようになっています。今日は卒業生が進学する中学校の監督も参加されていました。「小学校中学校一貫指導」に向けてこんな地道な活動こそ子供の未来に必要なことです。今回はわざわざ福島から五十嵐ファミリー、栃木から小野田ファミリーともに三姉妹を連れての参加でした。家族の絆を感じます。両親の愛情が素晴しい!そして八王子第三小学校の作間先生は特別学級の先生。いつも生徒の心の奥を見つめておられる先生です。運動を通じてこどもの発達障害に取組まれており、モーションバランスを授業にも取り入れてその効果を研究されています。自然体バレーが競技スポーツだけでなく心と体、脳と体を結びつけることに役立つものであることを実践されており、3月には「自然体バレーと心理学」のレポートも出るみたいなのでまた皆さんにも紹介できればと思っています。
<自然体講師>・・・自然体講師とは自然体バレーの考え方、その理論を理解していただいている方で、初めての場所、初対面の人、バレー初心者にも指導できる方のことです。過去のバレーの実績とか年齢、性別はまったく不問。あえて条件をいうなれば子供の笑顔と潜在能力を引き出すことに喜びを感じられる心の持ち主で、講習会最低10回受講が条件ぐらいです。ひとりでも多くの講師誕生を心待ちにしていますのでよろしくお願いします。ご協力依頼の呼びかけでした。
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-26 12:00 | ■講習会リポート
人生は『静々動々!』   
正々堂々と生きようや!

『正々堂々』は『静々動々や!』

いつも動いてばかりではアカン!
たまには静かにすることも大事や!
静があって動がある。
動があって静がある。
このバランスや。

昔の二層式の洗濯機は右に回るために
一回止まっていた。
そうなんや、止まることは次に勢いよく動くためや!
それでちょうどいい!そのほうが力強い!

いつも動きぱなしではアカン!
たまには休め!
昼寝するウサギさんぐらいでちょうどいい。
「我が社は途中で休まないウサギさんが欲しい」という社長がいたけど
そういう会社は「休んだらクビ」ということ。騙されたらアカン!

「正々堂々」は「静々動々」や!
そんなこと考えてる今日でした!
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-20 22:53 | ■連載“日々努力”
117)人に文句言う時は、人差し指を差すでしょ。
    しかし、残りの3本の指はどっち向いとるね。
   3倍になってはね返ってくるけんね。

118) 仲良くする時は握手するよね。
    指が全部相手に向けられて、1本もこっち向
    いとらんでしょが。
    自分を全部出していることたい。

119) 自業自得(じごうじとく)とはね、
    つばを天 に向けて吐くのと同じよ。
    吐いた唾が自分の顔にかかるでしょ。

120) 手のしわとしわを合わせて「しあわせ」

121) カガミに移る自分から(我)を取ると神。
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-20 11:05 | ■連載“日々努力”
113)朝日新聞の「新」という字はね、普通の新
    じゃなかとよ。木の上に辛いと書くんよ。

114) 新しいことをやるには辛いことがともなう
    もの、という意味たい。斧(おの)で木を
    切ると辛い辛いと泣くように…。

115) あんた、志(こころざし)をもっとるね。
    難しく考えなくてもよか。
    沢山(十)の中からやりたいことを
    一つに絞ることたい。
    これが「士」という字たい。

116)つまりね、新しいことに取り組むには、
   辛いことを乗り切る覚悟が大切たいね。
    そのためには志をもて!、と言いたかとよ。
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-19 11:34 | ■連載“日々努力”

講習会(池田Ⅳ)

第468回<自然体バレー塾ーIn池田Ⅳ>
2月17(土):講義:35名参加:八幡小学校
2月18(日):実技:300名参加:池田町総合体育館
参加者:335名(2日間)★受講者累計 78、855名
c0000970_2123438.jpg
<笑顔満開>・・・写真の通り笑顔満開!朝⑨:00から午後⑤:00まで、ず~っとこの状態(写真のようなキラキラ笑顔)。中学生の保護者が「信じられないくらい一日中、楽しそうに頑張ってる姿が見れて嬉しい!」と言われてました。途中いつもより苦言を言いましたがこれも愛情の言葉。子供の笑顔は全国共通です。2回観覧席には見学の保護者がぎっしり。帰り際涙ぐみながら「ありがとうございました・・・・」とお礼をいわれる方もいました。あ~、今回も一期一会の出あい、真剣勝負できたことに感謝!頑張ることができました!
<自然体講師第1号、2号・・・・>・・・テインカーベルズの岸田代表末娘の真歩ちゃん(小1)、五條東中学校の片山悦子先生も一緒に同行。それぞれに専門領域を担当していただきました。岸田代表の朝一番「脳と筋肉目覚まし体操」、片山先生による「バレーモーション」は川の流れのような指導でいう事ありません。この二人セットでいけばどこで開催されるバレー塾もお任せできると確信。誰が見ても納得の自然体講師第1号、2号です。いざと言う時はよろしくお願いします。第3号、4号の出現を首を長くしてお待ちしています。できるだけお供いただき、現地体験してください。「外に出て修行」することが一番。三重県の前川さん親子、京都の横山さん夫妻も参加。行動力と学習意欲は大したものです。頭が下がります。自然体留学する○村さんのお婆ちゃんの若さにビックリ。旧姓児玉さんで東京オリンピク前の鐘紡時代に日紡主体の全日本と違うもう一方の全日本のキャプテンも務められた方。この4月から県家庭婦人連盟の理事長の予定。温泉宿での夜の懇親会も最後までお付き合いくださいました。若さと美貌と頭の回転のよさにバンザーイ!です。みなさん、お疲れさんでした。
<岸田先生のレポート>
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-18 21:29 | ■講習会リポート
109) ABCに徹しよう!
    当たり前のことを、馬鹿みたいに、ちゃ
    んとやろうね、と言うことたい。

110) 鉛筆型人間になろう!
    中に一本芯が通っていて、しかも周囲に
    木(気)を使える人間のことたい。

111) 眉毛を剃ったら心臓が弱まるよ。
    ピアスの人は1年間献血できんけんね。
    接吻は唾液の交換。セックスは血液の交
    換だからね。よく考えてからやらんね。

112) いいお母ちゃんになってよ。頼むね!
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-16 10:25 | ■連載“日々努力”
107) 「 野心」と「志し」の違い!
    野心家は反省する余裕がなかったい。
     目的を達成するためには相手構わず手段を選ばず
         どんな危険をおかしてでもも突っ走る情熱を野心と言うんだって。
      志とは随分違うごたるね。
         いるいる、そんな奴が!

108) 言葉の中味が人に与える影響は7%。
   あとは 話し方、表情!
     つまり、話の内容より第1印象!
[PR]
by kusanokenji | 2007-02-14 22:50 | ■連載“日々努力”