★★★★★


by kusanokenji

<   2006年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

過去に
「これまでの指導が正しかったのが証明された」
「1発も叩かずに勝てたのが嬉しい」
と新聞に僕のコメントが紹介されたことがあった。
それを見た瞬間、「もう二度とこんなこと言うまい」と心に誓ったことを思い出した。
何だか自分のコメントが安物に見えたのである。

試合に勝ったから正しい!
試合に負けたから間違い!

そいう物の見方、考え方が安っぽいと思えたのである。
そんなことを言った自分が情けなかったのを今でも覚えている。

「いつも自分の最高の指導を出す」と常日頃言ってるのに
勝ったからとか、負けたからとか、どうしてそんなこと喋ったのか
それだったら日本中の指導者は全部間違っていることになるではないか。
まだまだ修行が足りん!と思った。
勝っても負けても正しいものは正しい筈である。
今日もこれまでの最高の指導をやろう!という気持ちがある限り
どんどん進化させる。これが「破壊と創造」
そういうものを求めて指導を続けていきたいものである。

昨今、試合シーズンで小学校も中学校も高校も、そして大学もママさんも、
悲喜こもごもだけれども本末転倒にならぬよう心のコントロールの参考までにどうぞ。
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-30 22:19 | ■連載“日々努力”

強化練習

第428回 <in大村市>   
日時:平成18年5月26(金)~29(月)
会場:長崎向陽高校体育館
(参加者120名(4日間)★受講者累計 62、260名)
c0000970_1837518.jpg
来週の6月4~6が県予選。順当にいけばベスト4を賭けて九文と対戦できるのでワクワク感いっぱい。堂々と試合して欲しいと思います。チームは順調に仕上がってきました。このままこの夏で終わらすのがもったいないな。「高校生の自然体バレー」をDVDで紹介してあげたいくらい、小学生や中学生のお手本プレーがいっぱいです。なんと新人が15名も入部。楽しみです。
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-30 18:37 | ■講習会リポート

講習会(大村市)

第427回 <in大村市>   開催要項
日時:平成18年5月27(土)
会場:長崎向陽高校体育館
(参加者100名★受講者累計 62、140名)
c0000970_18282240.jpg
ペプシカップ予選の最中にも関わらず福岡からも参加してくれました。今日のテーマーは「レシーブを好きになる」。最後の方では写真でご覧の通りの出来ばえ。一本パスするたびに「あるあるステップを」入れたフットワークつきアンダーハンドパスの練習風景。200本連続がノルマ。小学校5年生でこれだけできるようになりました。腕と太ももを平行にキープしたまま200本連続です。挑戦してみてください。
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-30 18:28 | ■講習会リポート
長崎の講習会は1日だけ。
残りの2日間は高校チームの強化。(前回はここ
(紹介してある天神ジュニアが昨日のサントリカップの佐世保大会で優勝)

高校生の自然体バレーが見たい、と何人かの指導者も残られた。

ジュニアと同じメニューなのには驚かれたに違いない。
それと私の言葉が少ない、ボールを打たない、怒らないのに
なぜ高度なプレーが次々と出来るようになっていくのか・・・。
気がついたら
対人とか、3人レシーブとか、コンビ攻撃とかゼロ。
これで勝てる。
一番にはなれないが(長崎は日本一のチームがいる)
県のトップレベルは常にキープ。
他県のトップとは互角の勝負ができます。

遠征や合宿も無理しない。
監督の言葉使いも丁寧。暴言なんてありません!

しかも、チームにガツガツ感がないのでみんなに愛される。
それでいて強い。なぜなの?
当たり前のことをやっているからです。
基本に忠実にやっているからです。
精神論だけではないからです。
やるべきことをやっているからです。
中学選抜の凄い選手はいなくても高校生はできるのです。
そんなチームが来週、日本チャンピオンに挑戦します。
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-29 22:30 | ■連載“日々努力”
本当に「基本をやれ」「基本練習が足りない」とかよく言います。
そして「ハイ」と選手は言います。
言う方も云われるほうも本心は???なのに、表はわかったつもり。
まあ、お互いにハッピーエンドってやつですね。努力の結果は別として。

陸上でもちょっと前までは
「腕を大きく振って、モモを高く上げ、強く蹴れ」と指導されていました。
今はまったく逆です。「腕は振るな、モモは上げるな、蹴るな」なのです。
その理由は省略します。

スナップといえば殆んどの人が手首を折り曲げる動作をします。
それは単なる「掌屈運動」。スナップとは指先に最大の加速を生み出す動作のことで「掌屈、尺屈、回内の連動動作」のことです。体温計を振る動作のことですね。

あるあるステップの内旋・外旋がありますが、このステップをやると膝と股関節の調子がよくなるようです。試してみてください。これも基本の動きから考えると「体に優しい動き」になるからだと思います。バレーボールの動きの基本・・・・自然体バレーがこだわっているのは「このプレーの主役はどこだ!」ってことです。つまり、スパイクならジャンプが主役でなく、見せ場でもありません。できたらそこにムダなエネルギーを使いたくない、というふに物事を考えていくのです。なぜならば、その次に頑張らないといけない場面が控えているからです。
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-25 20:53 | ■連載“日々努力”
普通の会社の看板は「基本を守れ」、「基本に忠実に」。
おもろい会社の看板は「ABCに徹せよ」と書いてある。???!
その心は「当たり前のことを 馬鹿みたいに ちゃんとやれ!」

スポーツでは「基本をしっかり」と言ってるけど、
基本ってなんですか?  間違ってませんか???
と疑ってかかったほうがいいことがたくさんあるようです。

それよりも大切なのは「基本の動き」です。

「基本の動き」は身体メカニズムと自然界の大原理原則に基づいた自然な動きだからです。その動きがクラッシックバレエとかダンスとか水泳とかの中にはふんだんにあります。「基本のプレー」というのは誰がどういう基準で決めるのか定かでありません。適当なのです。声のでっかい者、試合に勝った者が言うのが正しいとか、そういうレベルです。そいういい加減であることに気がつくことです。
 正しい基本の動きとは・・・私達の日常生活の中にある「物を持ち上げる」「物を押し下げる」「物を押す」「物を引く」「蹴る」「踏む」「掴む」「払う」「つまむ」「はじく」・・・などなどそれらを「基本の動きの単位」としてつなげていくのです。すべて単独で動くのでなく連鎖して動いていきます。問題はここです。単体とか部分とかではなく「連動」とか「連鎖」なのです。
そいう基本の動きに準じたものが「バレーボールの基本技術」と
説明できれば小学生でもママさんでも納得ですね。
そこにはけして故障とかは発生しません。
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-24 22:22 | ■連載“日々努力”
~ 粗にして 野だが 卑ではない ~  石田元国鉄総裁

何十年前に知った言葉だが、最近読んでまた新鮮さを感じた。
ああ、いい言葉だなぁ。
いい言葉って何回出会っても新鮮さが消えない

卑しい心がないから何事にも怖れない
摩擦も辞さない
権力にもへつらうことがない
正論で押し返す力が湧き出てくる
そんな生き方をするんだ、と拳を握った

気がつくと 若い頃から
全然進歩してない自分に気がついた
これって若い証拠だよね。
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-23 22:17 | ■連載“日々努力”
教育とは・・・知らないことを他人から教えられること
学習とは・・・知りたいことを自分から学ぶのが学習
訓練とは・・・知っていることを体に叩き込むこと

これは受ける方の立場からの解釈であるが
与える側、つまり教師や指導者からみると

教育とは、知らないことを教えてあげること
学習とは、自ら学ぶことの出来るように誘導してあげること
訓練とは、お互い納得して厳しい練習に取組むこと

みなさん、自分に当てはめてみてください。
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-22 23:59 | ■連載“日々努力”
自ら過去を語るな
求められていない場で己の過去を語るな
先輩の過去物語は時に聞きたくないものだ
なぜなら
どうでもいいからだ
それより、今が大事なのだ
今の悩み、今何をすべきか、
そちらのことが重要だからである

過去を語るのはよそう
求められたら静かに語ろう
ムキになることもなかろう
[PR]
by kusanokenji | 2006-05-22 08:08 | ■連載“日々努力”

講習会(札幌)

第426回 <in札幌Ⅱ>   開催要項
日時:平成18年5月20~21(日)
会場:札幌南が丘中学校体育館
20日(土):参加者:指導者45名、生徒135名
21日(日):参加者:指導者40名、生徒120名
(計340名★受講者累計 62、040名)
c0000970_2243358.jpg<バレー談議>・・・5月20日なのに桜満開!千歳中学校の村岡監督の企画で「温泉宿でバレーを語ろう会」が実現しました。日小連の工藤先生は出張で参加できませんでしたが千歳や恵庭の先生方7人が集まっていただき、講習会前夜祭みたいな雰囲気でバレー談議。その時の宿の玄関先に咲いていたのがこの桜でした。初対面の4人の先生方も自然体ドリルの本を読まれており、その熱心さに気がついたら午前2時をまわっていました。
c0000970_2312585.jpg
<前進>・・・前回よりも参加人数が増えていました。1日目の午前の講義は180名。指導者も生徒もともに学ぶ。こっれていい感じ。昔の塾みたいですね。男の子も女の子も素直で言い子達ばかりです。今回は公認コーチの資格認定もあったのか指導者の方も多く参加されて2日間みっち。みんさんご苦労様でした。中にはどうしても生の声が聞きたいということで4時間かけて泊りがけで1日だけ参加された女の先生もおり、その熱心さに感心しました。いやいや大したものです。自腹で遠くから参加してくれる先生がいるだけで僕はもう満足なのです。そういう心意気が・・・・。もうすぐ最後の中体連の試合ですが、どうか全力を出し切ってくれることをお祈りします。
c0000970_0185188.jpg

[PR]
by kusanokenji | 2006-05-21 22:48 | ■講習会リポート