★★★★★


by kusanokenji

2011年 11月 29日 ( 1 )

周囲から可愛がってもらえる人間。
先輩から可愛がってもらえる人間。

このための必要な条件が

       笑顔と素直さ!

笑顔と素直さは、人が人に愛される資格!
そんな選手を育てる。
これぞ指導者冥利というものではなかろうか。
と、思うのです。

笑顔でバレーしている子供を見て
・ふざけてやるな
・遊んではいけない
・ニヤニヤするな

そんなことを言う指導者、保護者がいる。
なんてこった!
そういう次元ではない。

「克己心」に立ち向かう素直な表現。
相手が敵ではない。
自分の傲慢さ、なまけ心、さぼり心・・・・これが敵である。
相手に負けて腐ってしまうようでは人に愛される資格などない。
相手に負けることなどうでもよい次元。
それが「自分に負けない心」を育てること。

そこにあるのは笑顔と素直さだ。
そういう子供との出会いは楽しい。
そういう大人との出会いはもっと楽しい。

今週末は地元大阪寝屋川で「バレー連盟40周年記念講演」
ママさん選手が350名集まるという。
演題は「ママさんバレーに何が必要か」となっている。
それは「笑顔と素直さでしょう!」と言いたい(笑)だが、
愛される資格をもったママさん選手になりましよう・・・・・
そのためには体の健康と心の健康!
そんな話をしようかな。
[PR]
by kusanokenji | 2011-11-29 09:45 | ■連載“日々努力”