★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

第961話・・・チームづくり③

【挨拶①】
どこのチームも「大きな声で元気良く!」が行き届いている。
が・・・・・?と考えてみるのも大事だ。
小学生と中学生など、微笑ましい光景もあるが、無理にやらされていないか。
頭を下げっぱなしで言う子、ヨソ向いて言う子、モゴモゴする子・・・・
一人になると何もできない子・・・。
どうも形式的な挨拶で満足している関係者が気になる。
なぜか?
本当に子どもにとって必要な躾け、マナー教育、人間教育に寄与しているかという疑問である。チームの立場で判断していないか、団体行動だけが重要視されて個人にとって何が必要か、何が大事か、なぜ大事かの指導教育がなされていないのではと思ったりする場面に出会うこととしばしばだからである。
 そういえば、昔の話であるが自分が監督時代にこんなことがあった。
練習中にだれか体育館にこられたら
①すぐ練習を中断してその場で直立不動して挨拶する、
②チーム関係者や大事なお客さんの場合は集合して挨拶する。
殆んどの方がビックリされる。
慣れてない方は「オー!」と引いてしまわれる。
そんな姿を見て自分も満足していたように思う。
「いい躾けしているだろう」と心の中で胸を張っていた自分がそこにいたように思う。
今思えばまるで動物の調教師みたいではないかと忸怩(じくじ)たる思いになるが。
そこで、チームづくりに必要な挨拶について考えてみたいと思う。
[PR]
by kusanokenji | 2008-10-24 08:51 | ■連載“日々努力”