★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第2793話・・・」バレー塾第1004回 IN静岡


第1004回バレー塾
in静岡
2017年9月9(土)〜10(日) 
末広中学、城山中学体育館  260名
述べ参加数:195、280名

「若い中学教師が頑張っている!」
c0000970_20254279.jpg

私が、はっとした言葉を紹介します。
<末広中顧問>
 「腕の重さをボールに乗っける」「トスを顔の横に持ってきて」「ゆっくり動いて最後を速くする」「意識すると身体が動かなくなる」「バックスイングは肘がたわんでいる」「恥ずかしいと思っていると動きが小さくなる」「肘のばらつきがトスのばらつき」
 特に、スパイクスイングで、「インパクトの前から速くしようとすると力みにつながるけど、最後を速くしたら、自分でも驚くスパイクが打ててしまった。」と、生徒の感想が聞けました。

 今回のバレー塾で今までにないあらわれが見られました。それは、閉会式の際、感想や質問をする生徒が次々と現れたことです。
 これは、質問に答えるときに草野先生が心がけていることによるものだと気付かされました。草野先生は、次に質問がしやすいように質問に答えるよう心がけているそうです。そうした気配りがあるからこそ、こうした子どもたちの姿になりまたここに足を運びたいと誰もが思うのでしょう。

『ただ黙々と頑張れ』苦しいときに読みなさいと渡された手紙に書かれていた言葉。
『後輩に恥ずかしい事はやめておこう』人間関係に悩まない、問題がないなんてことは、100%ない。だけど、せめて、これだけは…。

 選手だけでなく、指導者達の人間性を高める言葉にもたくさん出会えたバレー塾に感謝です。ありがとうございました。


若い中学教師との会話が楽しい!

二次会もこんな感じ!

酔っ払いゼロ!

これが最高です

c0000970_20261326.jpg
c0000970_20291218.jpg
c0000970_20292234.jpg
c0000970_20293543.jpg

地域の差はあるけれど

若い中学教師がいつも集まってくれます
初々しくて
迷いながらも
前向いている彼たち、彼女たち
お互いに刺激あって
高め合うのがいい















[PR]
by kusanokenji | 2017-09-14 20:31 | ■連載“日々努力”