★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

第2784話・・・バレー塾 第996回 in東京

第996回バレー塾
in東京
2017年7月15(土)〜16(日) 都立第1商業高校体育館他  150名
述べ参加数:193、130名

「指導者講習会」

今回何度もできた言葉は

意識は緊張を生む

身体の都合に合わせろ

流れを止めているものを取り除け


c0000970_11140359.jpg

第一回 自然体 指導者講習会 IN 代官山

<日野台高校 杉山メモ>


 今回はいつもと違い、指導者向け講習会でした。

ここまで準備されてきた糸川先生、第一商業の選手の皆さんに感謝します。

日野台は、選手とともに参加させていただきました。先週の栃木で予習して、選手と練習してきました。


初日 午前中、講義。たっぷり3時間。

指導者だけではなく、選手も一緒に受講です。

自分のやっていることと、講義の内容が一致しないこともあるだろうし、選手は僕の評価ができるだろうと思い、僕自身もドキドキです。(ワクワクとはちょっと違う

c0000970_11141165.jpg


まずは歩くから

止まる(静止) 歩く(片足が地についている) 走る(両足が地面から離れる)


歩くのには意識はない。

ウオーキング教室の歩き方は意識して行う。

今日何度も出てくるキーワード 意識!


意識は緊張を生む、

そのためにスムーズな動きができない。


自然体の基本 A、させたければB

意識をAに置かせないこと

このことを知ってアドバイスを送る。


へそもぞ の説明。構えの回内、回外、四五度

すべては身体の都合に合わせよ!そのためには身体の都合を勉強しろ!

c0000970_11245165.jpg

これも今回何度も出てくる  身体の都合!


今までのあなたの指導の根幹はなんですか?

そう教わったから?

みんながやっているから?

人のせいにするな!!


反射(脳を経由しない)と反応(脳で命令する)

だから!へそもぞの位置


進歩するためにはあきらめないで考える。

どうしたらわかるかを考える。

教わっていたことを疑う、考える。自分を否定するところから始まる。

人は自分の過去を美化したい。美化してしまう。

だから体罰は必要だったと発言してしまう。

なぜならば、自分のことを否定したくないから。

殴られた過去があると、自分を否定できなくて、それはよかったと美化してしまう。

(以前、海外の選手のインタビューで、コーチがあなたのプレイに怒って殴ってきたらどうしますか?という質問に、殴り返します!と答えていたのが思い出された。そりゃそうだよな)  自己否定は進化の基。自己否定から始めましょう!


レシーブの三つの注意点

腕を振らない 膝を伸ばさない 脱力

この3つを言っておくだけで変わる。

この三つがスムーズな動きを止めているものだから。


脳の命令は二つだけ! ちちめ!と、なにもするな!

ゆるめろ、のばせ、はできない。


視線の話 奥を見る ボールと打ち手、セッターが見えれば最高

視線と意識 スプーンレースでボールを見ながら走ると?

      遠くを見ながら、スプーンを視界に入れると?


目と首 眼球は首とつながっている。 

構えの顔は?うつむいて上目遣い?顎を上げる?

 目が動きやすいのは 正面。 身体の都合に合わせよう!


ダッシュの一歩目 必ず引いている。 重心点と支持点 

自分の身体が自然にやっていること。身体の都合


c0000970_11151006.jpg
都立第1商業高校」


c0000970_11143169.jpg
10数年・・いつも変わらぬお付き合い

最後の最後までお付き合い、そしてお見送り 感謝 🙏









[PR]
by kusanokenji | 2017-07-17 11:12 | ■連載“日々努力”