★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

第2689話・・・バレー塾 第973回 in浜松

第973回バレー塾
in浜松


2017年1月28〜29日:湖西中学体育館 220名

述べ参加数:188、490名

主催者の自然体バレーin浜松 レポート


 今回自然体バレー塾の主催者を初めて担当させていただきました。


2日目です。まずは忘却曲線の説明からでした。人は学習すると20分で半分忘れる、1日経つと7割忘れる。しかし24時間以内に10分復習すると9割は回復するとのことでした。この話も復習でしっかりと思い出せました。この話はとてもしっくりいくもので、選手も納得していたようでした。自分もさっそく月曜日の授業で使いました。その後は知っておきたい四大知識を二人でグループになって相手に伝えるという作業です。最近「分かる」という動画が配信されましたが、これは「解かる」に繋がっていき選手の理解度が上がっていくように感じました。

c0000970_17532649.jpg

また懇親会の中で2日目はゲーム形式に近づけていく練習を多くしようという草野先生のお話にあったように、バックスプリットを一通りやった後にトストレ、コンビトレ、3チーム作ってその中の2チームがコンビトレのディフェンス側、オフェンス側に分かれボールが落ちるまでラリー3分で交代というのをやっていただきました。今まで強化練習会ではそのような形を見たことがありましたが、普通のバレー塾での見たことがなかったのでどのチームも日頃の自然体の練習やトレーニングに取り組んでいった結果であり質の高さを感じました。

c0000970_17535166.jpg




その後は2セットほどやった後で休憩、バックスプリット、床反力ウォーク、踏み込みのタイミングなどを入れながらコンビトレを繰り返していきます。すると選手の動きがみるみるよくなっていきます。草野先生がレミニッセンス効果の話をされていましたが、その効果を目の当たりにしました。たとえうまくいかなくでも先を見据えた指導をすること、休憩も脳の学習に繋がっていることを改めて感じました。


午後一通りやっていただいた後に15時ころからアドラー心理学をはじめ、人間学の話をしていただきました。すでに選手の上達で心が温まっていましたが、中島みゆきさんのNobody is Lightを聞いた時にはこみあげてくるものがありました。


またみるみる上達する選手たちは心のスイッチが入ったようで、草野先生も心のバレーをやっていただきました。今まで向陽高校や厨川中の動画は見たことがあったのですが、生で拝見したことはなかったのですが生で見たのは初めてです。草野先生が出される球出しは温かみがあるんだけれども厳しい、しかし選手はとても笑顔でここでもみるみる上達していきます。うちの選手も見ていてやりたくなったようで、草野先生にやりたいと直談判していました。


最後に草野先生に挨拶した際に質問がありますかという時に中学生の手がどんどん上がります。終了時刻が過ぎていますが、草野先生は丁寧に答えてくださっていました。挨拶が終わった後も質問をしたり、草野先生がトイレに行った後に帰る直前にも待っていて質問した選手がいたそうです。素晴らしいです。


c0000970_17534058.jpg











[PR]
by kusanokenji | 2017-01-31 17:54 | ■連載“日々努力”