★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バレー塾939回 打出

第93⒐回バレー塾
打出強化練習
2016年6月4〜5日;打出中学校体育館 100
述べ参加数:187,820名




黙々黙々

c0000970_19091967.jpg
c0000970_19092194.jpg
c0000970_19111981.png

6月6日LINE研修
「新ゴリラ」

󾭳試合で「負けない心」をどう作るか!「よい習慣をつくる」というのが結論。良い習慣は必ず人を成長させますからね。中学生は、朝起きたら身長が伸びているように、何も努力しないと、逆に悪い習慣が身につきます。パスやスパイクや落下点移動など全ての動きが性能の悪いロボット。全日本選手を見ても、悪い癖が垣間見えますからね。2016夏トレーは鍛えるもの。「技術的によい習慣を黙々と取り組めるものはないかな」・・・風邪ひいて唸っているのに(笑)そんなことばかり考えていたら浮かんできました。それが「新ゴリラ」。朝一番で考えました。打出の子達はいいですよ。あのダンスなどのモデルの子達が5名来てくれました。今、高2。当時のキャップテンやエーズなどの高校が4日の総体県予選で19年ぶりにインターハイ出場決定。もちろんレギュラーです。準決勝の大接戦の相手のセンターも同級生。そして違う高校のセッターも5日に集合。中学の仲間は高校の敵で、昨日の敵は今日の友。あの「美しい動き」の選手たちは高校で花を咲かせています。そしてバレー大好きがますます大きくなっています。これって理想の姿ではないでしょうか? 小学、中学で焦ったらダ〜メですよ󾌵


新ゴリラ2・・・
黙々と取り組む選手たちの姿を見てください。朝一番、僕が頭で考えたのをこの彼女にやってもらいました。僕の言葉の整理がまでできていないのに彼女は僕音言葉のニュアンスで受け取って、「これですね」とすぐやってくれます。「おお、そうや!」と僕は頷き、ます。こうしてできて、すぐにみんなを呼んで説明していると頃。それが終わってみんな黙々とやり出します。この場にいると余分な説明は雑音です(笑)。それくらい集中力が高まるみたいです。この前には2016夏トレー、では、この先には何があるの?その解説は明日配信します。バレー塾に参加されるチームは、この動きはマスターしておいてください。そうしないと前に進めませんのでよろしくお願いしますね。


6月7日LINE研修
「60分の59」

󾭳「60分の1」は結果です。「60分の59」はプロセスです、基礎です。最後の最後に物をいうのはどちらでしょうか? 自然体では、ず〜っとこのことを言い続けていると言っても過言ではありません。しかし、大人も子供も「60分の59」は嫌いで、「60分の1」が大好きです(笑)。困ったもんです。しかし、諦めずに手を変えながら言い続けています。昨日の「新ゴリラ」の後の変化。たった「ステップ」だけで、こうも変わるのか?ってこの場にいた人たちは驚いていました。もちろんセッターもレシーブもスパイクも変わってきます。何よりも選手が一番感じることです。この映像は二日目です。だから二日間いないと勿体無いですよと云うのです。



6月8日LINE研修
「高校生になっても」

󾭳素直な心がいいですね。
中学校で培ったバレースタイルは神経と脳に組み込まれているかの如くですね。高校とは、小学校でビシビシ、中学校でバシバシやられた選手たちと対等に戦える場。結果も逆転現象が起きるのも面白いですね。大人と子供をつなぐ期間が高校生。子供から大人への橋を渡っているようなもの。ここでも何を学ぶか、勝った負けたより大切なものがある


以前、打出の子達は、DVDで見るとあんなにうまいのにどうして勝てないの?という質問があったかと思うのですが答えが垣間見えたのではないかと思います。「結果への評価」では人は育たないという考えです。医学部に進学希望者も、体育学部希望者も「努力の好きな子」に育って欲しいのです。カタリナ学園は「医学部希望者が入部できるバレー部」に舵を切りました。勿論成績が良くない子も学校が許す限り受け入れます。時代の先取りです。



6月9日LINE研修
「なぜ膝滑りか?」

󾭳なぜ、毎年いいチームができるのか?(強い弱いではありません。いいチームです)・・・ここでは保護者とのトラブルなんて10年間聞いたことなし。顧問の口から選手の愚痴も聞いたことはない。口を開けば愚痴や不満を口にする監督とはかなり違う。「主役は選手」ですからね。当たり前といえば当たり前です。だから僕も応援する。ここの顧問はいつも選手(生徒)のことを考えている教育者です。今年もいいチームになりましたね。3年生の成長も立派。グイグイ迫ってくるし、目と目で会話できる距離間を感じます。年の差は感じません(笑)。7月30、31に第19回目の強化練習があります。19回になるんですね。前任校の志賀中を入れると何回やろ?毎年この日をもって3年生の卒業です。純粋に、いいチーム作りの参考にしたい方、勉強したい方はどうぞいらっしゃいませ!但し、愚痴は聞きませんので悪しからず。勉強するのに愚痴は邪魔です。

6月10日LINE研修
「セッターの戻り」

󾭳「生徒も自分も送られてくる動画に救われています」と離島に赴任した教師と電話。全く生活文化の違う環境。ものの考え方や価値観の違いに戸惑いながらも、正面から熱誠一貫姿勢で立ち向かっている若き女性教師。電話を切りながら思った。
まだまだ
支えなければいけない
いや、支えたいんだ!
まだまだ
役に立つことをやらねば
いや、役に立ちたいんだ!

今日も、LINE研修をみなさんに届けられることに感謝します。


6月11日LINE研修
「ここでもSS」

󾭳引退後に真価が出る󾭴
もうすぐ中学3年生は引退します。引退後に何が残るか…生徒ではなく指導者の真価が問われると僕は考えます。あなたが2年半指導してきた成果は引退後に出るということです。試合でどんなにいい結果を出しても、引退後に生活が乱れていてはいい指導を受けたとは言えません。自分の指導を振り返る覚悟が必要ではないでしょうか。卒業後も成長している先日の高校生の純真な姿を見て強く確信しましたね。小学生も同じです。中学での生活に真価が問われていると考えます。

今日もこのLINE研修を届けられることに感謝します。










[PR]
by kusanokenji | 2016-06-13 19:17 | ■連載“日々努力”