★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2549話・・・元監督・現教頭の視点(17)

「書くこと」「発信すること」

        が自分を高める


「くらいつけ」「強く打て」「心で上げろ」、根性論が多かったバレー指導の世界。その中で草野先生の「スポーツは理系だ」というフレーズがありました。


 もちろん根性論も大切ですが、それだけでは、今の子どもたちは指導できません。「なぜ」ということを学ばせながら、論理的に指導することが求められています。


 ライン研修の内容を見ているいると、私が学んでいた時代よりも、さらにレベルアップしていることが分かります。また、塾生の皆さんのレベルの高さにも驚かされます。


 子どもたちが、「私たちの監督は勉強している」と思わせるような理論を身につけることは、今の指導者の絶対条件です。


 バレー界は、昔からある「苦しくたって・・・・」という歌に代表されるような世界。その中で、自然体バレーの取り組んでいる指導法の研修を深めることは、指導者の生命線です。


 ライン研修は、講習会に参加できなくても、その内容がライブで学んでいるような臨場感と即効性があります。これを有効に活用することで、自分の指導力がさらに高められます。


 そして草野先生が提唱している「人間力」の向上を図っていけば自然体バレーで学んでいる先生のチームは絶対に強くなっていきます。


 「人間力」の向上のためには自分の思いを発信する場が必要です。そのために、このメーリングリストのページを利用して、自分の近況や思いをもっともっと発信していけばよいと思います。


 今の自分の置かれている状況、試合のこと、練習のこと、保護者とのこと・・・・・・。たくさん発信していただければ、「人間力」の向上につながっていきます。


 「文は人なり」、「自分の思いを書くという作業」は簡単そうに見えて、とても大変なことです。けど、指導者として、言葉を洗練させなければ、いかに理論武装しても、それを伝える術が不足します。


 「もっともっと自分の内面を発信」することにこだわっていきましょう。書くことで、新たな視点が見えてきて、第三者からのコメントで多面的に見る眼が育っていきます。


 私は、現役時代、「書く」という媒体で、子どもや親に思いを伝えてきました。いいことも悪いことが起こった時も、いつでもそれに対しての自分の思いを綴ってきました。


 監督とは、いかに自分の思いを選手や保護者に伝えていくかとだと思います。







 


[PR]
by kusanokenji | 2015-12-11 08:23 | ■連載“日々努力”