★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

第2529話・・・・小学生のスパイク

🔶小学生のスパイク ここ

2年前の映像  ここ 
   

自然体バレーの考えをチームの指導方針に取り入れて今までの指導から大きく方向転換。しかし道は険しい。最初はなかなかうまくいかず、勝てずに焦りの日々。保護者もみんなが賛成しているわけではない。昔のバレー経験者ほどいろいろ物申す。指導スタッフが悩んでいたある日、エースの子が「僕は自然体で打てるようになった、だからまた行きたい」との一言で救われた・・・いつの日かそんな話をきいたことがあった。あれから3年。指導スタッフも葛藤しながら信念を貫いた。バレー塾も地元開催にこぎつけて周囲の理解協力を得る努力を続けた。おかげで理解者が少しづつ増えた。
 
 一昨日、今年4月のバレー塾から(ここ)久しぶりの再会。身長もちょっぴり伸びていたが、プレーは大きく伸びていた。その一部が冒頭の映像! 自然体では、力任せのプレーを嫌う。なぜなら力任せは「力(りき)み」になるばかりでなく、故障の原因になるからにほかならない。力みはパフォーマンス最大の敵。パスが飛ばない選手に、ボールを飛ばす目標を課すと、飛ばすだけの選手にしか育たない。微妙なボールコントロールスキルが壊されてしまう。サーブがネットに届かない選手に、サーブが届く目標を課すると、試合になってミスをする選手に育ってしまう。なぜなら「狙って打つ」「狙ったところに打つ」そんなコントロールスキルに欠けるから。今回も彼たちのプレーを見てわくわく幸せな気持ちになった。こちらがありがとうと言いたくなった。中学校でもすくすく育てて欲しいと願うばかりである。













[PR]
by kusanokenji | 2015-11-10 07:44 | ■連載“日々努力”