★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第2523話・・・学び

学び続ける人がいる
久しぶりの便りがきた

10年前、苦しんでいた。
猛烈にバレーを愛していた。
苦しんで、その先に
子供たちをどんどん伸ばしていった。
今年、管理職になってバレーから離れた
との通知をもらった。
しかし、まだ心は燃え盛っている

いい男だ!熱い!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       <中略>
そして、今年から教頭職に昇進することになりました。
バレー指導から離れても、先生の発信する情報は
常に勉強させていただいています。特に先生の著書の
「指導者の人間学」は、職員室の机にいつも入っていて
迷ったり、不安になった時は、いつもお守りのように
開いて読んでいます。(おかげでボロボロになりましたが・・・・)
教頭になっても、自然体バレーの教えを忠実に守っています。

三つの納得、勝つための資格、リーダーの条件・・・・など。

また、ブログで、転勤する時の心構えとして

「はりきりすぎるな」
「誰もがあなたのことを望んでいるわけではない」

というメッセージは強烈なインパクトがありました。ああいった言葉を発せられる先生の感性のすごさに改めて驚きました。
さて、教頭になって、よく周囲から、あれだけバレーで活躍したの
だから、教頭職も簡単でしょうとよく言われます。とんでもありません。バレーという後ろ看板がなくなってみると、改めて、自分はバレーという肩書で生きてこれたのだと・・・・。草野先生がよくいう、

退職後、役職がなったときに本当の自分の価値がわかる

ということを改めて実感しました。また、ある世界でたまたま結果を出したからといって、それが他の世界で通用するものではありません。
自然体バレーと出会い10年近くが経とうとしています。

勝てなくて苦しんでいたときに
すがる思いでたどり着いた自然体バレー・・。

強くなっていくことで、自分を見失ってしまうときに大切なことに気づかされてくれた自然体バレー・・・。

「妻を味方にできない男に強いチームなどつくれるはずがない」

と教えられ、家庭を大切にするようになったこと・・・。
女子の指導者は嫉妬深い、嫉妬深い人間は破滅する・・・

当にその時の節目節目で心に響く言葉をかけていただきました。
一人前の教頭になるために、今後も自然体バレーの教えを大切に精進していきたいと思います。そして、夢なのですが、自然体バレー管理職部門なんかを立ち上げて、草野先生の講義を受けてみたいと勝手ながら夢見ております。今後とも自然体バレーを自分のバイブルとして大切にしていきます。よろしくお願いいたします。


私も改めてキュッと気持ちが締まりました(笑)
共に頑張りましよう!











[PR]
by kusanokenji | 2015-10-30 05:15 | ■連載“日々努力”