自動車保険配布スキンパーツ1 第2650話・・・バレー塾  第956回

第956回バレー塾
in遊佐
2016年9月23〜24日:遊佐町民体育館 150名
述べ参加数:184、850名


第8回を迎えました

c0000970_19262530.jpg
c0000970_19254269.jpg
c0000970_19252629.jpg
参加者の斎藤真由美さんの
fBから引用

学びの日2日目は遊佐にやってきました(*^-^*)
(専門分野においても学ばないとね!)

子供達への指導を通して。。

心に火をつける指導
自分の力量でしか育たない子供達の為に
指導者の本質を考え、常に自分を磨くこと…

自立を促す子供達を尊敬し
自分で考える余地を与え、プロセスを見失わず
知った知識は活用すること!

今日もたくさんの事を学びました

自然体バレー塾で学んだ子は
小さい子にも教えてあげる優しい素直な
心を持っていて、微笑ましくて抱きしめたく
なりました(//∇//)










[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-29 19:26 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 第2649話・・・元監督・元教頭の視点(61)

公式戦が終わった後の6年生の指導


この季節になると六年生にとって最後の公式戦となる大会が行われていきます。上の大会に進出できなければ、六年生はそこで引退ということになります。


 私のかつての指導法は、「厳しくされないことのアクセント」をつけることでした。どういうことかというと、公式戦が終わるまでは六年生に厳しくし、負けると「厳しくしない」というスタイルでした。負けたあともローカル大会等がありますが、新チームへと明確に方針転換していました。その中で六年生へは「今まで厳しい指導についてきてくれてありがとう」という言葉を投げかけていました。そんな言葉を掛けられると、六年生は優しくされることへの寂しさを感じます。そして、五年生以下には、「厳しくされることへの充実感」を植え付けるのです。


 というか、日本全国、全ての部活において、こういった指導スタイルを貫いている指導者は多いと思います。ある意味、「厳しさのアクセント」は、部活の伝統的な指導スタイルと言っても過言ではないと思います。


 しかし、私は自然体バレーに出会い、こういったスタイルにも疑問を感じるようになりました。


 「公式戦という目的がなければ一生懸命にやらない選手たちを創りだしているのではないか」

 「厳しさのアクセントで子どもを引きつける指導法は、子どもの成長を本質的に見据えているのものなのか」


 監督生活の最後の方は、こんなことをぼんやりと感じていました。


 公式戦が終わると、六年生は日記に「先生に厳しくされないバレーが何だかとても寂しいです」とよく綴られていました。そういった文言に「俺の指導法は間違っていなかった」と自己陶酔に浸っている自分がいました。この自己陶酔型の指導は、体罰指導者に見られる「殴って暴言をあびせて、とことん精神的に追い詰めて一時的に思考回路を破壊してから、優しい言葉を浴びせる」というスタイルと根底的には変わらないと思いました。


 しかし、大切なことは、公式戦という目標がなくても、監督に厳しくされなくても「どんな時も一生懸命にひたむきに努力する選手」を創りだすことなのではないでしょうか。


 どんな状況下でも素直に生き抜く選手を創りだす


 こんな指導法が指導者にとっても選手にとっても目指すべきスタイルなのではないでしょうか。


 公式戦が終わった後の六年生にどんな指導をしていますか?


 このあたりも考えてみることも指導者にとっては大切な視点なのではないでしょうか。














 


[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-29 19:20 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 第2648話・・・元監督・元教頭の視点(60)

50歳代教師の責任


バレーボールは

笑顔で指導しては

だめなのでしょうか?




上に行けば行くほど濃い人たちがたくさんいるバレー界。トップレベルが集まる練習会は、体育館に入っただけで緊張感が漂ってきます。私も長くそんな中にいたので、そんな世界が当たり前だと思っていました。私も全国を目指すようになってからは、小学校だけでなく、中学校・高校のトップチームとも練習試合をしていました。そこに行くと、選手を追いこんでいる様々なシーンをみました。


 ワンマン系のしごき、人格否定の暴言の数々、ビンタや蹴りも見ました。公衆の前で行えば、即逮捕されるような光景がたくさんありました。しかし、そういった世界に悪い意味で慣れてしまうと、それが当たり前だと思うようになります。それこそが怖い落とし穴です。



 先日、中学校と高校の練習試合を見る機会がありました。入った瞬間に感じたのは、「うわっ、疲れる」という感覚でした。指導者から発せられるオーラが疲れる感覚なのです。私が全く何も知らない素人でしたら、とても話しかけることなんてできません。体全体から、「不機嫌オーラ全開」なのです。目つき、態度、発せられる言葉・・・。さすがに体罰はありませんが、それでも異常な雰囲気の集団の大人たちです。


 そこにはバレー指導を始めたばかりの若い先生もいました。そして、その先生もそのような「不機嫌オーラ全開」の態度で指導をしています。以前見た時は、もっと楽しそうな雰囲気が漂っていましたが、たった一年ほどで別人のようになっていました。やはり、各地区のトップレベルチームの指導者は50代が多いです。その人たちの世代は、


不機嫌オーラで指導するのが当たり前でした。

態度と雰囲気で選手を威圧するのです。


また、自分も先輩たちからそのような態度をされてきました。地区の練習会などをする時は、そういった威圧系タイプの指導者が講師になります。立ったり座ったりするという軍隊みたいな訓練を永遠と続けます。また、ひたすら声を出してランニングしまくるという練習が伝統メニューです。そこでバタバタと選手たちは倒れていきます。そういったチームの選手と指導者に「ここに来る以前の問題だ」という厳しい一言を浴びせます。講習会を楽しみにしていた新入部員の一年生は絶望してやめていきます。また、バレー界に入ったばかりの若い先生のチームには、礼儀がなっていないということで、みんなの前でそのチームと指導者を罵倒します。見せしめのような光景です。


 多分、全国でこういった指導場面の色彩が強く残っているところが中学校ではまだたくさんあると思います。


 そういったことをしているのが50代の先生です。自分のされてきたことと同じように接することがバレー界なんだという固定観念にとらわれています。


 しかし、最近そういったところを何とかしようとする新興勢力のような新しい勢力が出てきている地区も見られるようになってきました。すごいことだと思います。勇気のある取組だと思います。


 「相手の立場に立って物事を考えること」


 それこそが今のバレー界には求められているのです。


 50代の先生が悪いと言っているわけではありません。ただ、自分がされてきた指導法をどこかで振り返ってみてください。バレー界の将来を考えれば、「変革」することの大切さに気付くことと思います。



自分を磨く→ ここ













[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-25 12:49 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 第2647話・・・バレー塾 955回

第955回バレー塾
in松山
2016年9月16〜19日:橋本小学校体育館 100名
述べ参加数:184、680名


聖カタリナ強化練習

内発エネルギー表
🔶「内発エネルギー表」は選手のためのもの。共有することでマイナスのエネルギーになる言葉を口にする選手に対し、今まで注意できにくかったのが互いに注意できる関係が出来上がるのが一番の効果ではないでしょうか。🔶また中学教師からは次のようなコメントをいただきました。「自分が(何回も)言ったことを、選手が正しく理解し、共感できている。と、簡単に考えてはいけないと思いました。たしかに自分が選手だったころ、『こいつ何わかったような気で言うとんねん』と舌を出していたことを思い出しました…子供たちを簡単に扱っていないか、もう一度見直します。
c0000970_12011913.png


c0000970_12012748.jpg
c0000970_12013804.jpg
「三角ロジック現場編」
🔶結果を出すために必要な知識は何か、その知識の根拠はどこにある、何を学べば得れるのか、そして得た知識をどう使えばいいのか、そこから具体的なドリルが生まれてくる。だから無限である。その考えが全てに流れているのが自然体の段階的指導法。ということを理解してもらえれば練習が楽しくなる。試合に勝った、負けた、プレーができた、できない、選手がいうことを聞く、聞かないで怒ったり嘆くのは単なる「反応」。赤ちゃんが泣くのと同じだ。「だから次はどうする」と考えるのが主体的行動。大人の行動。この繰り返しが成長。🔶速攻を打つのに必要な知識は?・・・・それを考えるのが「準備」。準備なしで練習しても成果は無い。全て指導者次第。









[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-22 12:05 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 千葉


改訂版

【第7回 自然体バレー塾 in 千葉】開催要項


目的   子どもたち(選手)の将来を見据えた

正しい指導方法を学び指導者の資質向上をめざす。

そして、参加者(選手・指導者)の心の成長を促す

きっかけづくりを目的とします。

開催日  平成28年11月26日(土)・27日(日)

会場   JFEスチール 東日本製鉄所 千葉体育館

(043-263-1166)

主催  『自然体バレー塾in千葉』実行委員会

後援   千葉市教育委員会・千葉市バレーボール協会

講師   草野健次先生 自然体バレー塾 塾長

『自然体バレー塾』を検索してみてください。

日時   平成28年 11月26日(土

2Fアリーナ(受付開始8:40)

         9:00~12:00 人間学講話

13:00~17:00 実技指導

       平成28年 11月27日(日)

2Fアリーナ(受付開始8:40)

        9:30~16:30  実技指導

(会場内ではスクリーンで映像を流します)

対象者  指導者・選手(小学生、中学生、高校生、一般)

学校・チーム単位、個人での参加も受付けます。

選手の参加は約300名/1日とします。

参加費   高校生まで1日500円、大人1日1000円

        (団体の参加費、昼食費は受付でまとめて集金します)

10 申込方法  事務局の土田龍次までご連絡ください。

参加申し込み書をお送りします。

PCアドレス:konan149@yahoo.co.jp

         携帯アドレス:i-love-konan.ryuji@ezweb.ne.jp

         FAX:043-262-2895

         TEL:080-5030-0234

11 申込期限  定員になり次第締め切らせていただきます。

12 懇親会   26日(土)18:00頃から懇親会を開催します。

会費(6,000円/人)

13 その他  昼食(600円)を希望される方は申し込み書に明記下さい。

        懇親会に参加希望の方は申し込み書に明記下さい。

宿泊を希望される方は斡旋します。申し込み書に明記下さい。

運動中における傷害等について応急処置はいたしますが

所属団体加入のスポーツ団体保険を適用してください。

        チーム、個人で参加の方も各自ボールをご持参ください。





















[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-20 14:06 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 打出

【第20回 打出中学校強化練習会 実施要項】

1)期 日
 平成28年11月12日(土)~13日(日)

2)会 場
 両 日  大津市立 打出中学校 体育館
      〒520-0804 滋賀県大津市本宮2丁目46-1
      (最寄りの駅は、JR大津駅です)

3)時 間
 午前9時~午後5時まで

4)内 容
 普通の中学生が成長するための強化練習
  (*通常のバレー塾ではありません)

5)参加費
 指導者:ひとり¥1,000- (1日) 
  (*会場の都合上、選手の外部募集はありません)

6)昼 食
 指導者:1食¥700-

7)懇親会
 12日(土)午後7時ごろより
  (場所:大津駅付近で計画中)

8)問合せ・申し込み

指導者の参加ご希望の方は、
10月31日(月)(期限厳守)までに沖本宛に
メール(uchidejhsvbc-coaching@yahoo.co.jp)で
下記の必要事項を書いて、お申し込み下さい。
 ①氏名 ②連絡先 ③お弁当の注文の有無
 ④懇親会の参加の有無 ⑤その他

問い合わせについても、上記メールアドレスにお願いします。
(LINEによる申込みはご遠慮願います)

*中学校へは直接連絡しないで下さい。
*宿泊希望の方は、各自で予約をお願いします。


紅葉の季節に一緒に勉強しませんか?






 
 

[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-16 15:45 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 清水(改定)

訂正版 【第17回自然体バレー塾in静岡】

1.目 的 子供たちの将来を見据えた正しい一貫指導方法を学び、

      指導者の資質向上を目指すとともに、参加者(選手・指導者)

      の技能と心の成長を促すきっかけづくりを目的とする。


2.開催日 平成28年 10月15日(土)・16日(日)

3.会 場 15(土) 静岡市立高等学校(静岡市葵区千代田三丁目1-1)

16(日) 静岡市立清水第六中学校(静岡市清水区天王西10-40

 4.主 催 『バレーボールを通して子どもたちを幸せにする会』

事務局 担当:岡田直樹(清水第六中学校)中学校への問い合わせはご遠慮ください。

5.講 師 草野健次氏(自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師)

      『自然体バレー塾』を検索してみてください。

6.内 容 講師におまかせしてあります{モデルチーム、清水六中他}

7.日 程 両日とも   受付 8:30~

      随時、講義(解説)をはさんでの実技指導   9:00~17:00

       講習内容は毎回、変化・進化しています。新メニューも続々登場します。


8.参加者 会場の定員に達しましたので、選手の受け付けは終了します。


指導者については、制限がありません。ふるってご参加ください!


9.申込方法 FAXまたはメールにて事務局までご連絡ください。

      申込用紙を送付しますので、必要事項を記入の上、申し込みください。

10.参加費 両日とも、高校生まで1日500円、大人2000円

(参加費、昼食費、懇親会費(5000円)は各会場受付で徴収させていただきます。)

  懇親会に参加される方、お弁当を注文する方は、別紙申込用紙に記入してください。


11.★申し込み&問い合わせ

「バレーボールを通して子どもたちを幸せにする会」事務局 

担当:岡田 直樹(静岡市立清水第六中学校)

TEL:090-8499-1702 mailnokegao@i.softbank.jp  

FAX:054-366-6520

清水第六中学校への問い合わせは、ご遠慮ください。



12.☆オプション 15日(土)夜の勉強会「懇親会」(で参加費5000円の予定)

 ※今回も、清水の「海の幸」をつまみに、夜の勉強会を実施する予定です。

   ☆宿 泊 ご相談ください。











[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-15 10:33 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 旭川(改定版)

第7回 自然体バレー塾in旭川 研修会 開催要項(最新版)


期 日  平成28年10月21日(金)~23日(日)

会 場     旭川市立神楽中学校    旭川市神楽6条12丁目

        旭川明成高校       旭川市緑町14丁目

主 催     旭川バレーボール協会指導普及員会    

参加費     一般・指導者 21日・23日500円・22日1000円

        生徒   22日・23日ともに500円

参加申込   神楽中学校 小林 昌史 TEL 0166-61-7196

             FAX 0166-61-7197

 指導者の方で22日の昼食をご希望の方は、1食800円で準備致します。

申込は、先着順と致します。申込多数の場合、会場の都合によりお断りさせていただくことがありますので、ご了承ください。


【第1日目】 指導者研修会

 10月21日(金)  会場神楽中学校図書室     対象指導者

17:15    受付開始

17:30~ 研修会開始

20:30 研修会終了

【第2日目】 技術講習会・指導者研修会

 10月22日(土)  会場旭川明成高校       対象小学生・中学生

 8:30    選手集合 受付開始

 9:00~ 講習会開始

16:30 講習会終了

【第3日目】 技術講習会・指導者研修会

 10月23日(日)  会場旭川明成高校        対象小学生・中学生

 8:30 参加選手集合  受付開始

 9:00~ 講習会開始

12:30 講習会終了








[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-13 10:33 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 第2646話・・・バレー塾 第954回

第954回バレー塾
in和歌山
2016年9月4〜5日:橋本小学校体育館 100名
述べ参加数:184、580名


ウエンディ強化練習

9月10日LINE研修
「なぜネット7種か」
🔶今日と明日は、来週のヤングバレー全国大会に出場する中学生クラブチームの強化練習。ちょうど1年前の動画がありました。こ子に登場している選手たちは地元の中学校部活ではその指導方針の違いで受け入れてもらえず、相当苦労してきたようですが、ここではキビキビ・伸び伸びやってくれます。同じバレーなのに何が違うのでしょうかね。それではいけないということで小中連携、部活とクラブの連携の一貫として今回は地元の中学校も参加してくれるとのことです。小さな1歩ですが関係者には大きな1歩ではないかと思います。動かないと何も解決しませんからね。関係者の皆さん、まことにご苦労様です。

c0000970_19180287.jpg

9月12日LINE研修
「パス練習と人生」
🔶中学生は、顧問の向き合い方で全てが変わります。顧問の過去の実績は生徒にとっては全く無関係。「いま」なんです。二日間、地元(橋本市)中学クラブと中学部活、そして小学生の合同強化練習会。クラブはいろんな中学から集まっているので、その分学校の「いま」が垣間見れます。クラブに所属する選手は部活の現状に満足できないので、他の共同体(アドラー的にみれば)に活路を見出す動機もあります。これは全国的な傾向です。今回、クラブと単独部活のコラボが実現。お互いにプラスの相乗効果が出たようです。顧問の情熱次第で部活は変わります。今回二つの中学校の生徒たち、目がキラキラしていました。


<参加者レポート>

本日は、ウエンディ強化練習会に参加させていただき、ありがとうございました。今回は、M先生が生徒と一緒に参加されました。地元の中学校が自然体の強化練習会に参加してくれている!!私は午後からのわずかな時間しか参加できませんでしたが、夢のような光景に、涙が出そうでした。


 ウォーミングアップ→ゴリラステップ→ネット七種→レセプション

→セッターを入れて→・・・

とだんだん実戦に近くなっていきます。

合間合間にダンスやステップが入ります。

「なんで練習の合間に遊びやダンスやステップを入れるかわかるか?それはな、君らの『心のスイッチ』を入れ替えてるんやで。試合ではな、ミスしたからといって前のプレーを引きずってる場合じゃないんや。ピッというホイッスル一つで次のプレーが始まるやろ。パッと気持ちを切り替えなあかんやろ。その練習やで」と草野先生。初めて聞く子ども達は、なるほどと感心してる様子でした。



 『5年生の担任』の動画も見せていただきました。

「小学校4年から6年の間に聞いた良い話は、ずーと記憶に残るんやで。

子ども達に答えを与えなくても、子ども達は自分たちで答えを探していくんや。

映像を見ながら、自分の中でイメージを膨らましていくんや。」


もしかしたら、今日の参加者の中に、将来教師になる子がいるかもしれません。その子が壁にぶつかったとき、この動画を思い出すかもしれません。

もしかしたら、今日の動画を見て「教師になりたい」と思った子がいるかもしれません。

今ここにいる子たちが、この先絶対にバレーを続けていくとは限りません。

この子たちがどんな道を選んでも、どんな道に進んでも、自然体で学んだことがきっと役に立つ、生きる力になると強く思います。



 『ベストを尽くす体験をした者はベストな結果を残した者に勝る』


「勝ち負けではないんやで。

ベストな努力をした人には、

ベストな努力をしたという

結果が残るんや。

ひたむきに努力をする姿は

美しいなぁ。」



 

五條東中からも4名の選手が参加していました。

彼女たち、本当に明るくて、素直で、バレーがとても楽しそうでした。

「指導者の人柄が出るんやろうな。」草野先生がポツリとおっしゃいました。










[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-12 19:19 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 第2645話・・・元監督・元教頭の視点(59)

小さな問題が・・・


私が自然体バレーを中心軸にしたのは、勝てなかったことよりも、チーム内の人間関係の修羅場にたくさん出会ったことがあげられます。


 チーム最後となる公式戦の前に6年生の保護者たちが私の所に来て、「明日の試合は6年生を使ってほしい。勝っても負けてもいいから6年生で試合を終えたい。そうでなければ、明日の試合はボイコットする」と言われたことがありました。


 ここに来て、どうしてそんなことを言うの? 地獄に突き落とされました。しかし、指導力も信頼もなかった当時の自分は、保護者の言うことを聞いてしまいました。


  試合はあっさりと敗退。試合中、保護者の応援が6年生と5年生以下の二つに分かれるという異常な光景がありました。


 試合後、保護者の所へ挨拶に行くと、6年生の保護者は自分の娘を泣きながら抱きしめています。しかし、そこに注がれる冷やかな周囲の視線・・・。空中分解したチームの末路でした。


 私はこのとき、もうバレー指導はやめようと思いました。


 けど、どうしてこうなったのか。全ては指導技術と同じく未熟な自分の指導理念のなさが招いた結果だったのです。


 悲惨な末路に至る過程には、いくつもの悪い前兆がありました。

例えば、

 ①練習試合での送迎車の配車では、あそこのうちの子は乗せた  

  くないなどの声があがる。

 ②ユニフォームを新調するが一部の親だけでデザイン等を勝手

  に決めて注文。

 ③監督の選手起用・采配へ保護者が口を挟む。


 こういった変化に場当たり的な対処方法しかなしえなかった自分がいました。


 「どうやったら、選手だけでなく、保護者の思いも『心ひとつ』にすることができるのか?」


 そんな思いを強烈に抱いたのを覚えています。


 そんな時に出会ったのが自然体バレーです。


 かつての私と同じように大切な試合を前にチーム内の不協和音で悩んでいる監督さんもたくさんいるはずです。けど、その辛い思いは必ずやこれからプラスとなって生かされていきます。


 指導をやめないでがんばってください。


 少しずつ、ほんの少しずつでいいですから、がんばってみてください。そしたら、ずっとがんばれます。


 そしてそんな時こそ、草野先生の発してきた言葉に耳を傾けてください。きっと乗り越えられるはずです。


 



[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-12 13:46 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 カタリナ

聖カタリナ学園高等学校 

強化練習会 兼 指導者講習会

開催要項≫



1 講 師  草野 健次(くさの けんじ)氏

 


2 日 時  平成28年9月17日(土)13:00~17:00(講義)

18日(日) 9:00~17:00(実技)

19日(月) 9:00~17:00(実技)

3 会 場  

<17日>

聖カタリナ学園高等学校「地歴公民科教室」(住所:〒790-8557愛媛県松山市藤原町468)

<18,19日>

聖カタリナ学園高等学校「朝生田体育館」(住所:〒790-0952愛媛県松山市朝生田町4-9-9)

 ※高校には駐車スペースがございませんので、近隣の有料駐車場をご利用下さい

  また高校へのご連絡はご遠慮下さい


4 昼 食  500円(ご入り用の方は申し込み時にお伝えください。)


5 懇親会

9月17日(土)と18日(日)の夜に松山市で草野先生を囲んでの懇親会を開催

する予定です。バレーの指導や悩みなど共有しながら一緒に勉強させていただければ

と思います。

ご参加希望の方はお申し込み時に参加の旨をお伝えください。詳細は別途、ご連絡

いたします。


6 申込み  聖カタリナ学園高等学校 武市健太郎

(携帯:090-9559-3059 メールアドレス:takeichi@catalina.ed.jp

  • 人数調整の関係上、9月15日(木)までにご連絡ください。

          また今回は事業の関係上、指導者のみの参加とさせていただきます。

  

LINE研修会員の方は草野まで連絡ください



7 その他

今回、草野先生は、「えひめ国体ジュニアアスリート強化事業(えひめ国体重点強化

指定校へのトップコーチ派遣)」で招へいしています。






[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-10 00:03 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 北海道

第2回 自然体バレー塾in岩見沢(北海道) 開催要項

~ 小学生チームの強化練習会 ~


1、目的  子どもたちの将来を見据えた正しい指導方法を学び、

      指導者の資質向上をめざす。

      また、参加者(選手・指導者)の心の成長を促す

      きっかけづくりを目的とする。

2、主催  「自然体バレー塾in岩見沢」実行委員会



3、後援  岩見沢栗沢エンジェルス父母の会、

      岩見沢日の出イーグルス父母の会


4、日時  2016115日(土)

840分      講義受講者の受付開始    

9時~12時     指導者向け講義

         〔栗沢小学校1階2年生教室〕

1240分      選手集合、選手並びに指導者の受付開始

13時~1630分   選手実技指導

      2016116日(日)

840分      選手集合・受付開始

900分~16時   選手実技指導


5、会場  北海道岩見沢市立栗沢小学校体育館

     〔岩見沢市栗沢町南幸穂66 ℡0126-45-2786

6、講師  草野健次

     ・()日本バレーボール協会公認講師   


7、参加費  大人:一日/一人1,000円  児童:一日/一人500

    ※会場の都合上、選手は人数を制限します。要相談。

    申し込む前に連絡を下さい。

 ※指導者の人数制限はありません。


8、その他 *講習中における傷害等について応急処置はいたしますが、

    その後は各自所属団体加入のスポーツ団体保険を適用してください

   *昼食を希望する方は、1食600円で用意します。

   *115日(土)の夜、草野先生を囲んで懇親会を予定しています。

      

【問い合わせ・申し込み先】

068-082 北海道岩見沢市かえで町2丁目1-1 

      岩見沢市立日の出小学校 

      加 藤   学

電話0126-23-2442  FAX 0126-22-3859

  携帯番号 090-5071-5465   

  メールアドレス vivadreamv@yahoo.co.jp








[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-08 22:17 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 第2644話・・・養成講習会

第953回バレー塾
in和歌山
2016年9月4〜5日:県立橋下体育館 600名
述べ参加数:184、480名


 自然体公認指導者養成講座


c0000970_19145498.png

<レポーター 佐々木>


指導者養成講習会の2日目の朝は

この内容から始まるのが定番になっているでしょうか。
『昨晩の飲み方はどうでしたか?自分のことばかり話していませんか?

目の前にいる人、隣にいる人に気を使えましたか?』
など、夜の研修会の振り返りがあります。
その中で、「ハッ!」と思った言葉がありました。


『隣の人を独占していませんでしたか?』
お酒の場はコミュニケーションの場です。

あの人と話がしたいと思った時に、間に入りづらい雰囲気を作ってはいけませんよ。
と言われ、意識をしていなかった自分に気づき、、、自分は大丈夫だったかな?と反省をしました。

c0000970_19143770.jpg

今回の講習会では、三角ロジックを深められたことが、今後の実践に何より力になると思っています。
なぜならば、「プロセスが大事」という言葉が「言い訳」に聞こえてしまうことがあったからです。プロセスはぼんやりとしており見えづらいところがあります。それをどう大事にしたらいいのか、どう実践したらいいのかがはっきりとしていなかったのが現状でした。LINE研修(9月6日)でも分かりやすく三角ロジックの説明がありましたが、今まで以上に「結果」ではなく「プロセス」を大切に、論理的に考え行動できると勇気をいただきました。知識はついた。次は点と点をつないで実践です!

c0000970_19141692.jpg


さて、急ですがこれを読んでくださっている皆さんに質問です。
2日目の朝から夕方まで、受講者はいくつの動画を見たでしょうか?
(回答は、もう少し後に。。。)

実は、2日目の朝、お酒の席の反省をした後にこんなことを話されました。
『昨日は1つ1つをだいぶ深いところまで学ぶことができました。今日は、ちょっとバラバラに動画を流します。その中で大枠をつかんでください。そしてキーワードをつかみググっとはいっていけるようにしてください』と説明がありました。

僕は、この時
「点を多くするから、点と点を線にするイメージを持ちながら見てください」と解釈しました。
そこで、どんな動画を見たのか忘れてしまうので(笑)メモをすることにしました。

昨日、動画の振り返りをしていました。すると、『約50話』を見ていたことに驚きました。
1日で50話。2日で100話。
それだけでなく、動画の後の草野先生のグッと入り込む説明。
いかに濃厚な2日間なのか、これだけでもそのすごさに気付かされました。そして、16回目を迎え、約8年間続けてきたのかと思うと。。。。

c0000970_19142086.jpg

次回の講習会でより学びを深めるために、「プロセスの実践」を繰り返し、講習会の場で確認作業ができるようにしたいです。よく草野先生から何事も準備が必要。その場で考えていては遅い。と言われます。
となると、講習会の場で考えていては遅い。講習会を受講する準備を、日々の実践で積み重ねていきたいと思います。




[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-06 23:39 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 第2644話・・・元監督・元教頭の視点(58)

「自分は勉強している」という強気気持ちが落とし穴


ライブでの講習会、ライン研修、DVD、書物等、自然体バレーを片っ端から勉強している方はたくさんいます。


 自分も「バレー指導の技術を学びたい」「人間学を取り入れたい」と思って勉強していました。


 しかし、それを人に伝えるとなると、感情のある人間同士のやりとりですから、どうしても伝わらないことがたくさんありました。例えば、こんな声があがったことがありました。


 「言っていることはわかるんだけど」

 「わかりやすいとは思うんだけど理屈っぽい」

 「自分の言いたいことが中心過ぎて・・・・」


 こんな言葉が耳に入ってきました。当然、相手に受け入れられると思っていたことが、他のチームの指導者や自分のチームの特に保護者には受け入れられないことでショックを受けました。


 自然体バレーの「How To」を勉強しまくっていたころに、「自分の指導は本物ではない」と気付かされました。


 もちろん自然体バレーの技術やコツを学ぶことは大切です。しかし、技術やコツを学ぶ前提として、相手の視線に立つ気持ちを持っているかどうかで、話す力の効果が大きく違ってくることに気付かされました。


 自分の場合、相手の立場に立つことをおろそかにしてしまったので、話の内容は伝わっても「相手の心に届かない」「相手に納得してもらえない」という状況になってしまったのです。


 自然体バレーには既存のバレー界の常識を覆していくような指導法と考え方があります。しかし、それらを声高々に伝えている人を時々見受けました。


 「私は勉強している」

 「私たちの目指すバレーはこうだ」

 「だから、今までのバレー界はだめなんだ」


 こういったスタンスで指導している人を見かけますが、あまり好ましいとは思いません。自分を美化したり、相手をけなすような言動は自分で墓穴を掘っているものです。


 話し方のポイントは、「相手の身になること」であって、それができれば独りよがりの一方的な発信もなくなっていきます。


 話し方一つで「この人はバレーを勉強している人」「信頼できる人」「人間力のある人」に変わってしまうのです。


 せっかく自然体バレーを熱心に勉強されているのですから、それらを自分の「強み」に変わるようにしていくと、自分のバレー指導に大きく役立ってくるはずです。


 






[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-06 00:34 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 清水

【第17回自然体バレー塾in静岡】


1.目 的 子供たちの将来を見据えた正しい一貫指導方法を学び、指導者の資質向上を目指すとともに、参加者(選手・指導者)の技能と心の成長を促すきっかけづくりを目的とする。


2.開催日 平成28年 10月15日(土)・16日(日)

3.会 場 15(土) 静岡市立清水第三中学校(静岡市清水区三光町3番57号)

16(日) 静岡市立清水第六中学校(静岡市清水区天王西10-40

 4.主 催 『バレーボールを通して子どもたちを幸せにする会』

事務局 担当:岡田直樹(清水第六中学校)中学校への問い合わせはご遠慮ください。

5.講 師 草野健次氏(自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師)

      『自然体バレー塾』を検索してみてください。

6.内 容 講師におまかせしてあります{モデルチーム、清水六中他}

7.日 程 両日とも   受付 8:30~

      随時、講義(解説)をはさんでの実技指導   9:00~17:00

       講習内容は毎回、変化・進化しています。新メニューも続々登場します。

8.参加者 会場の関係で選手の人数制限があります。選手の参加については、ご相談ください。参加者が上限を超えるときは、お断りをする時がありますのでご了承ください。

指導者については、制限がありません。ふるってご参加ください!

9.申込方法 FAXまたはメールにて事務局までご連絡ください。申込用紙を送付しますので、必要事項を記入の上、申し込みください。

10.参加費 両日とも、高校生まで1日500円、大人2000円

(参加費、昼食費、懇親会費(5000円)は各会場受付で徴収させていただきます。)

  懇親会に参加される方、お弁当を注文する方は、別紙申込用紙に記入してください。


11.★申し込み&問い合わせ

「バレーボールを通して子どもたちを幸せにする会」事務局 

担当:岡田 直樹(静岡市立清水第六中学校)

TEL:090-8499-1702 mailnokegao@i.softbank.jp  

FAX:054-366-6520

清水第六中学校への問い合わせは、ご遠慮ください。


12.申込期限 10/8(土)まで。会場のスペースの関係上、選手は定員になりしだい選手の受付を終了させていただきます。先着順とさせていただきますので、お早めにお手続きをお願いします。

13.☆オプション 15日(土)夜の勉強会「懇親会」(で参加費5000円の予定)

 ※今回も、清水の「海の幸」をつまみに、夜の勉強会を実施する予定です。

   ☆宿 泊 ご相談ください。








[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-02 18:23 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 第2643話・・・元監督・元教頭の視点(57)

【心の余裕】


すごい台風が通過しました。

通過した後の今朝の空は昨日までのどんよりとした雰囲気ではなく、気持ちのいい秋晴れです。


 大切な試合を直前に控えている時、どんどん心の余裕がなくなり、今朝の空の表情なんか目に入らないときがありました。


 けど、どこかで数秒でも空を見るようにしました。どこかで心の余裕を持つようにしました。


 信頼される指導者の条件として、「動じない心」という視点があげられます。


 心に余裕がなければ、突発的なことに対応できません。心の余裕がない指導者は、選手や周りの状況も目に入りません。


 そういった時代の自分をふりかえると、指導の本質や三つの納得を忘れて、小手先の手段や細かいことにこだわって選手や周囲を振り回していたように思います。


 そんな器の小さい自分勝手な指導者は相手にされなくなります。私もそういった時代に、突然、選手がやめると言いだしてどん底に突き落とされた時がありました。


 「どうしてこんな大切な時にやめると言い出すのか」


 しかし、その答えは、指導者の姿勢にあったのです。


 何だかそんな経験をしていくうちに、毎朝、空を見るようになりました。空の表情を感じて深呼吸するようになりました。


 指導者の皆さんへ。心の余裕のない指導者に選手はついてきません。自分の心への水撒きの仕方を自分で見つけることも大切だと思います。


 ちょっとだけでも空を見上げて深呼吸してみませんか?








[PR]

# by kusanokenji | 2016-09-02 10:20 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 バレー塾 in東京

第952回バレー塾
in東京
2016年8月26〜27日:都立第一商業高校体育館 220名
述べ参加数:184、420名


 in東京も10回目
c0000970_13575899.jpg
小学生から高校生、ママさんまで

c0000970_13570935.jpg
前日は会場校の強化練習。練習後は温泉にはいり、もんじゃ焼き屋。
3週間の研修(つくば)を終えた沖本先生(本人は撮影中)もかけつけて懇親会!

c0000970_13572363.jpg
朝の「いいお話」タイム!

c0000970_13582593.jpg
神奈川から参加してくれた太子堂と秦野北JVCは毎年参加してくれる。
秦野北は今夏の全国大会に出場してベスト8。
週二日の練習での快挙! 小学生チームの見本です。

c0000970_13575279.jpg
汗で滑らないように・・・・
c0000970_13574005.jpg
懇親会には沖縄の座安先生も特別参加
ちょうどダンス研修で東京に来ていたので夜に合流




【気づきのレポート】

(1)小野田

in 東京を終えて

8/27,28と東京のバレー塾に参加してきました。これまでに、毎日の40分トレーニングをこなし、その成果が出てきた時期での参加でした。しかし、思わぬ落とし穴も・・・。

草野先生が配信してくださるLINE研修の動画を安易に使うのは危険です。指導者が、原理原則をしっかり理解していないと生徒にき間違ったものが身についてしまいます。例えば(今回指摘され、修正された点)、新ゴリラ。サークルスクラッチは、顔の前で手が動いているだけになっている。へそモゾの時の手の形はきちんとできているか。肘を動かすスピードや位置はきちんとできているか。逆にこだわりすぎて、窮屈な動きにさせていることもあります。

やはり、講習会に参加しないと・・・。動画をいただき、ラッキー!は、危険です。動画使用にも責任と自覚が必要です。今回、ライン「研修」の意味を確認でき、気が引き締まりました。今回も同じ志をもつ仲間と研修できて充実した2日間でした。草野先生、糸川先生ありがとうございました。生徒たちについた灯を大切にしていきます。

この「チョッとした勘違い」については後日配信しようかと考えています。関係する知識をつないでいく作業の段階で起きていると思うからです。知った知識をどうつなぎ合わせるか。この思考回路が「考える」と言う行為。我々に必要なのはここですね。いわゆる文脈の理解とでも言うのでしょうか。ここの中学校の選手はわざわざ栃木県から参加。オリンピック会館に宿泊して二日目の高校生強化練習にも参加。高校生のネットの高さとボールで違和感なくやっていました。そして心が育っていました。「忍耐できる心」と「向上心」が・・・。


(2)日野台高校監督;杉山

お話と、シナプソロジートレーニングから始まりました。ボディローテーションやD2ラインについて説明があり、筋肉は斜めについている、対角で動くことが多いのが球技スポーツだというわかりやすい説明。小学生中学生高校生と混ざってのお辞儀ダッシュやパス練習。同じメニューでレベルが違ってもできる練習!ここに初心者と経験者の求めるレベルに差があっても一緒に練習できるヒントがある。精度は違っても一緒にやれる。だから初心者も楽しめる。

今回も気づきがたくさんありました。
🔶足ができないと手はできない。点から線へ。🔶練習は試合の準備をすること。準備をして試合に挑むべき。🔶速い動きはごまかせる。ゆっくりできること!🔶見て、判断して、動く、待って、とる。🔶待って!を作ることが大事🔶笑顔は自信の表れ! 何かに向かって頑張ることが楽しみ。🔶2ステップはすべてにつながる。やればやるほどプレイが変わってくる。🔶一番いいところで捉えられるように動く!これを経験する。経験して覚える。🔶そのための練習をする。🔶ボーリングスローからのスパイクステップ

<午後から>
🔶手とり足取り教えるのは弊害。説明はきちんと🔶ミスをして笑うのが本当の笑顔!シナプソロジー的な遊びの中で確認🔶スイングトレからモシカメスパイクまで🔶膝つかないバナナレシーブから膝すべりレシーブ🔶真上に打つスパイク練習🔶膝のちょんちょんで体重移動(これしばらく忘れてました)🔶当たる瞬間に回内、伸びる前にあたる、親指が下で斜め回転🔶切り返しで見られる現象と意識してやるのとは違う!後頭部を触ってスイングは違う🔶切り返しでは自然にそうなる🔶正面から支えてあげて回内させる 打点とリリースは違う🔶手の甲での振り上げスイング

<二日目;強化練習>
🔶約30分かけてじっくりと、朝のお話し🔶足じゃんけん🔶なぜ練習試合をするのか?指導者の確認!🔶自分の行動は自分で決める
ステップ練習🔶ゴリラステップ 遅い!膝滑りしながら立ち上がる!流れる動きを!🔶身体は正面でクロスステップ(かなり流してしまっていた部分でした)

<トストレ>
乱れたレシーブをどう攻撃につなげるか!🔶レシーブからのトストレ🔶ここで自分の役割、動きを確認する(初心者でもできる参加できる!)🔶戻るところまでを練習!

<おひるごはん>
🔶練習の始まりと終わりをはっきりさせる。スタートは360度の円の任意位置から🔶ミスから始まる練習!攻め返し!🔶フォーメーションを複数持つ!試合のための準備!🔶(3-1-2、1-5の日野台の課題 セッターが前の時のセット 左ききの使い方)🔶答えを求めない、相手のイメージを膨らませる話、子供は説教嫌い(HRでも使えます)🔶怒る、叱る、判断基準を持つこと🔶レシーブボールに対してスパイカーはどう動くか!これを練習!🔶攻めるとはリズムを変えること!🔶いつこの攻めを使うのか?そこを練習!

<線の練習>
左足でタイミングを計る ネットを触って待つ 助走で腕が自然に振れたらOK

ラリー練習
🔶人を狙って打つ。動きを覚える(このテーマでなら初心者の選手も十分やれました)🔶相手に十分な攻撃をさせて、切り返す!その練習をする。

やはり何度見ても、確認しても、そのたびに気づきがあります。見る視点や目的についても、もっとはっきりさせることが必要でした。感情的になりがちな自分にも反省点がいっぱいです。参加して良かったと思えることが毎回多く、今後も成長の基にしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


日野台高校は初心者も4〜5名いますが、同じように溶け込んで楽しく、しかし一生懸命!一年生の初心者も先輩について「2016夏トレ」を頑張り通しただけあってしっかりやっていました。この経験は、卒業後にきっと大きな自信になると確信します。まさに青春バレーでした。














[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-29 14:08 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 講演会 京都すばる高校

第951回バレー塾
in京都すばる高校
2016年8月26日:すばる高校介護室 70名
述べ参加数:184,200名


人権研修会

テーマは
「肉体は殴れても、人の心は殴れない」
1、言葉の暴力で脳が萎縮
2、なぜ怒るの
3、また体罰
4、体罰の結末

c0000970_13482630.jpg
多面的に話させてもらいました

紳士的に傾聴していただき
感謝いたします




[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-29 13:48 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 バレー塾 第950回 in橋本

第950回バレー塾
in橋本
2016年8月20〜21日:県立橋本体育館 270名
述べ参加数:184,130名


日体協公認指導員養成講習会と
バレー塾のコラボでした

c0000970_13460207.jpg
日体協参加者45名、バレー塾指導者20名
<二日目のバレー塾に参加した自然体常連の指導者のfBより>

🔶昨日は、第44回自然体バレー塾 IN 橋本に参加してきました。

今回は、和歌山の日体協の指導員養成講習と兼ねての開催でしたので、講義が多めで人間学のお話と技術的なお話も…

自然体バレー入門編のような基礎的なお話でした。
再確認の意味で、改めて勉強になりました。

午後からのアリーナでの実技講習では、人間学のお話も(*^_^*)

久々に、七夕のお話…シャボン玉のお話…ハリネズミのお話も…子供も大人も…しんみりと聞き入っていました(*^_^*)

そして…塾長語録も

チームを経営するという考え方をしてください

人を動かそうとする
人に喜んでもらおうとする
この考え方は、真逆です!

資質、能力を信じてあげる
見つけてあげる 伸ばしてあげる

目に見えるもの 表面的なもの
結果で評価するな!

大切なのは、誠意、愛情
相手に求めるのではなく…

スパイクの三大要素!
連鎖運動・伸張反射・慣性力



c0000970_13461761.jpg
c0000970_13461644.jpg


自然体の勉強をされている人には常識でも
初めて聴く人は衝撃!


バレー塾参加者は
講義内容は「自然体入門編」みたいで
これまでの復習のようでしたとの感想

















[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-22 13:47 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 第2642話・・・元監督・現教頭の視点(56)

独りよがりの指導にならないために

チームを強くするためには厳しくすればよい。選手がミスすれば怒鳴り散らし、追い込めば良い。怒りにあふれた厳しさでこそ勝利への道が開ける。


 こんな言葉を言う指導者がいました。そのチームは連戦連勝のチームでとても勢いがありました。選手も保護者も周りの指導者も何もいえませんでした。しかし、長くは続きませんでした。チームに選手が集まらなくなりだしたころから、その指導者の指導は、ある一線を越えてしまうようになりました。暴力がふるわれるようになりました。そのチームの子どもたちは、チック症状がでるようになった子もいました。極度のストレスで顔面麻痺になる子もいました。もちろんチームは崩壊しました。


 子どもには優しく微笑みながら指導する。思いやりと優しさがあってこそ指導できる。自然体バレーの教えです。


 また、自分に満足した人は天狗になります。自分に満足できないからこそ向上心が生まれます。いくつになっても修行は続きます。


 今日もお互いにいい練習・いい仕事ができるようにがんばりましょう。







[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-18 14:39 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 遊佐

【 自然体バレー塾in遊佐 8 】


目 的  自然体バレーを通じ、身体のメカニズムに即した練習方法で、

楽しくバレーボール技術の向上を目指します。


主 催  自然体バレー塾in遊佐実行委員会


共 催  遊佐町バレーボール協会・酒田地区バレーボール協会


期 日  平成28年9月24日(土)


会 場  遊佐町民体育館(講義及び実技) TEL0234-72-5454   

    

対 象  幼児・児童・スポーツ少年団・中学生・高校生・保護者・ママさん・指導者・一般の方どなたでもどうぞ

       

参加費  指導者 1,000円/日  選手 500円/日


弁当代  700円 (ご希望の際は参加申込時に併せてお申しつけください)


日 程        8:30  受付開始 

           9:00  講義及び実技 

          12:00  昼食

          13:00  講義及び実技

          16:00  終了



その他  参加される方はボールを各自一個お持ちください。


                                

申込み  平成28年9月3日()までにe-mailかお電話で池田真紀に

申し込みください。お待ちいたしております。


       e-mail mahiro88@khaki.plala.or.jp

      T E L 090-7079-4966


※e-maiでお申し込みの場合は件名に『自然体バレー塾in遊佐参加申込』とご記入ください。折り返し、参加申込書をお送りさせていただきます。

たくさんのご参加をスタッフ一同心よりお待ちいたしております。






[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-12 10:43 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 バレー塾 第949回 in横浜

第949回バレー塾
in横浜
2016年8月9〜10日;横浜市立大綱中学校体育館 320名
述べ参加数:183,860名


先生の笑顔が
いいチームの条件

c0000970_18220878.jpg

『in横浜』
🔶中学校の先生も見捨てたもんじゃありません😊。こんなにも学ぶ心を中学校の先生(バレー顧問)がいたとは・・・嬉しいじゃありませんか。初心者の子どもたちにこうして向き合ってくれる先生がたの集まりは気持ちがいいね。彼たちはまるで勉強に飢えていたかのように貪欲(どんよく)でした。中高大とバレーをやってきて、参加者の80%がバレー専門の顧問。恵まれています。こういう人たちは普通は過去を語るのが好きですからね。目の前の子どもを満足させる指導はできないくせにね。でも今回の先生方は「できないのはお前たちのせいや」と怒ってる人たちではありませんでした。教えているのは地域にジュニアチームがないので選手全員が初心者。ジュニア経験者のチームを受け持てば強いチームを作れる腕がありながら、初心者の指導に行き詰まっていたとのこと。だからちゃんと教えてあげたい、その為の引き出しが欲しい。いいね。「なかなか思うように行かない。それで色々調べているうちに自然体の本やDVDに出会った」と自然体のことは皆さんご存知。自然体サンバを踊らせたら全員が踊れた、その姿にこちらが鳥肌が立つ思い。へぇ〜、やるじゃん😊と。でも技術指導がよくわからない、初心者を指導するのがいかに難しいと皆さん言われる。結局その体験が、今までの経験ではダメだと気付いて「学ぶ心」を作ってくれたのでしょうね。強いチームをつくるのも立派な顧問かもしれないが、ジュニア選手だけでチーム構成して強くなってもそれだけで立派な指導者とは言えない。初心者も経験者も同じように向き合えて、同じように全員が卒業してこその部活であって、立派な指導者だと僕は考えます、とそんな話も交えながらの二日間の講習会。ただの「バレー教室」ではありません。生き方にも通じる話が主体。だからこそ初心者相手に懸命に向き合う彼たちに僕は良い印象を持ったのです。ただ、「だから勝たせたいんです」と言っていたので、「あなたが『勝たせる』のではないでしょ!」と苦言も言った。「勝たせるとは指導者の傲慢さの代名詞。決して言ってはならぬ言葉だよ」と。ほかにも、指導者としては間違った考えだと思った点は、ズバッと直言。まさしく研修の場です。だからただの飲み会には僕は行きません。


c0000970_23523224.png
c0000970_23525447.png
c0000970_23524185.png

🔶懇親会の席で、「今日の実技でやったダンスとかトレーニングとかの 動画はどこかで買えるのでしょうか」と言われた。昨日の歓迎会、午前の講義の受講態度、そして午後の実技での受講態度をじっくり拝見していたのでこの言葉で決心。「今日使った動画は全部無料で、データ丸ごと差し上げます」「えっ!」「そんなに簡単にあげていいんですか?」「うん、いいよ!、君たちなら子どもに還元してくれそうだから、ただしipad持っている人に限るね」「わあ〜、鳥肌が立ってきた、ipadあります。macproもあります、見て、見て」とその場にいた何人かの先生方の喜ぶ姿。そうなんです、この先生方なら、動画をあげても有効に活用してくれそうと思えたのです。お金出してでも欲しい、というこの心意気に僕の心が動いただけです。今までデータをいろいろと差し上げてきたけど、どうみても活かされてるとは思えない人もたくさんおり、チームを見ても一向に成果が見えないのでいかがなものだろうかと思っていたところでした。ありがたいのは僕の方です。僕の作ったやつをこうして、お金出してでも欲しいと言ってくれる気持ち。それだけで十分。作った甲斐があります。そういう人にはどんどんあげたくなっちゃいます。まだまだ山ほどあるからね。ぼつぼつとね。子どもに還元させてくれたらそれ以上の喜びはありません。

c0000970_18271205.jpg

c0000970_18232800.jpg


[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-11 18:24 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 岩見沢(変更あり)

 自然体バレー塾 BY 岩見沢緑陵高校男子バレー部(北海道) 



       開催要項  ~小中高生男子チームの練習会~


1、目的  男子選手の裾野拡大と競技力向上をめざす。指導者の指導法改善の一助とする。


2、主催  岩見沢緑陵高等学校男子バレーボール部 


3、日時  2016年10月1日(土)~2日(日) 

10月1日(土) 830分        講義受講者の受付開始

900分~1200分  指導者のための講義 ←変更になりました!

(会場は南幌スポーツセンター会議室)


      1200分~1230分  選手並びに指導者の受付開始

      1300分~1630分  実技


10月2日(日) 830分         選手並びに指導者の受付開始

900分~1200分   実技

1200分~1300 昼食・休憩

1300分~1600 実技


4、会場  *変更になりました!両日とも会場が違います!注意してください!

10月1日(土)南幌スポーツセンター←変更になりました!

         〔空知郡南幌町栄恵町3丁目21号 ℡011-378-2121〕 

10月2日(日)北海道岩見沢緑陵高等学校体育館

〔北海道岩見沢市緑が丘74番地2 ℡0126-22-3203

5、講師  草野健次 先生

     

6、参加費  大人・高校生:一日/一人1,000円  小中学生:一日/一人500

    ※会場の都合上、選手は人数を制限します。要相談。申し込む前に連絡を下さい。

※指導者の人数制限はありません。


7、その他 *運動中における傷害等について応急処置はいたしますが、その後は各自所属団体加入のスポーツ団体保険を適用してください。

      *101日(土)の夜、草野先生を囲んで懇親会を予定しています。

      *指導者で昼食を希望する方は、1食600円で用意します。



【問い合わせ・申し込み先】

068-0835 北海道岩見沢市緑が丘74番地2 北海道岩見沢緑陵高等学校   平井伸治

電話 0126-22-3203  FAX 0126-22-3859

  

携帯番号 090-1384-6145    

メールアドレス shinji19694414@yahoo.co.jp









[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-11 12:24 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 8〜12月

🔶8月
06   :ウエンディ強化練習
09〜10:横浜(神奈川)
19   :教職員研修(奈良)
20〜21:橋本(和歌山)
26   :教職員研修(京都)
27〜28:代官山(東京)
🔶9月
03〜04:自然体公認指導員養成
10〜11:ウエンディ強化練習
17〜19:カタリナ(愛媛)
24〜25:遊佐(山
🔶10月
01〜02:岩見沢(北海道)高校
08〜10:カタリナ(愛媛)
15〜16:清水(静岡)
22〜23:旭川(北海道)
29〜30:横手(秋田)
🔶11月
05〜06:岩見沢(北海道)小学
12〜13:打出(滋賀)
19〜20:蒜山(岡山)
26〜27:千葉(千葉)
🔶12月
03〜04:能生(新潟)
10〜11:穂積(岐阜)
16〜18:カタリナ(愛媛)
23〜24:橋本(和歌山)



[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-08 10:30 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 バレー塾 948回 ウエンディ強化練習

第948回バレー塾
in橋本
2016年8月6日;城山小学校体育館 40名
述べ参加数:183,540名


6年生に求めること
何か一つでもいいから
「わたし頑張ったよ!」と
心から言える充実感をもって
卒業してもらいたいね

c0000970_08343550.jpg


<濱根コーチレポート>


ウエンディの強化練習会に参加させていただき、ありがとうございました。


 まずは、《2016 新ゴリラ》からスタート。

けれどみんな何となくフワフワした動き。

もちろん、選手はみんな一生懸命やっているつもり。

けれど、どう見ても「やれと言われたからやっています」といった感じ。

途中、草野先生が何度か声をかけてくださいましたが、あまり変化がありません。

そこで、選手たちを集合させて、次のように話してくださいました。


今、このことをやったからと言ってすぐに強くなるわけじゃない。

『上手くなる道』を歩くんや。

道には二つあってな・・・

『上手くなる道』と『上手くならない道』や。

何事も適当にやったら、適当にしかならん。

まずは、「一生懸命やれる自分が好きやなぁ」と思える自分になったらいい。

大事なことがあるんやな・・・ということを大事に練習して、気が付いたら考えなくても動けてる・・・それが一番いい。

一つ一つの動きの中には、大事なこと(ポイント)がある!

まずは、その大事なことを身に付ける!

それが身に付いたら、意識しなくても動けるようになってる!


そして再び新ゴリラに挑戦。

しかし、選手にあまり変化はありませんでした。

草野先生はしばらく黙って見ておられましたが、突然「よしっ」と言って立ち上がられました。

「君らはここからや!」と言って始まった練習は・・・


新ゴリラの分解練習

①最終形のウサギの形

②ウサギの時の足→右・左・膝曲げる

③ウサギの形から構え(スプリット)

④戻りのステップ

⑤膝は120°→90°

・・・というように一つの流れを細かく細かく分解して、繰り返し練習します。

「ここだけは絶対に外したら(手を抜いたら)あかんのや!」

途中で草野先生がポツッとおっしゃったのですが、

その意味がこの後のテニス式トス&スパイク練習で分かります。

ゴリラでの動きがレシーブ、セッター、ブロックすべての動きに繋がっていくからです。

また、インターハイの決勝に出てくる選手の動きを見せていただき、自分たちの練習が最終どこに繋がっているのかを確認することもできました。

選手にもそれはしっかり伝わったようで、

朝始まった時の動きと、夕方最後の動きは全く違うものでした。


朝ドラ「とと姉ちゃん」で、ホットケーキの作り方を分解写真を利用して伝よう・・・

というシーンがあったのを思い出しました。

同じ文章を読んでも、

読んだ人の受け取り方によって全く違うものが完成してしまいます。

私たちも、LINE研修で全く同じ動画を与えていただいても、

使い方ひとつでこんなにも変わるんだなと改めて感じました。


「もっと頑張れ!」「気合い入れて!」「やる気あるの!」

そんな言葉は全く必要ありません。

というより、そんな言葉は全く意味がありません。

だって、選手本人は見たまま、受け取ったままを一生懸命やっている、つもりなのですから。

選手ができないのは選手の責任ではない。指導者の指導力不足だ・・・全くその通りです。


分解練習をしている時に草野先生が、

「こんな練習(ここまで細かく)はここでしかやらんぞ。」とおっしゃいました。

先生は各会場で子ども達を見て、その場その時に合わせて指導の方法を変えられます。

その会場でしか聞けないお話し、

その会場でしか見れない大事なことがたくさんあると思います。

なぜLIVEが大切なのか・・・その意味を痛感した一日でした。


ありがとうございました。








[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-08 08:35 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 横手

【第9回 自然体バレー塾 in 横手】 

     開催要項  


1 目 的 「スポーツと人生を真剣に考える!」


2 主 催 ADVANCEスポーツ少年団


3 期 日 平成28年10月29日(土)30日(日) 2日間

      1日目  受付 8:30  開講式9:00 

   1日目終了予定16:00
      2日目  受付 8:30 実技(途中講義含む) 9:00~ 

   閉講式 15:00


4 会 場 横手市山内体育館

      (秋田県横手市山内平野沢字南相野々42-1)


5 講 師 草野健次先生 

     (自然体バレー塾 塾長 、日本バレーボール協会公認講師)


6 対 象 小中学生(高校生可)指導者・指導に関わる保護者ほか

会場の関係で、学生の定員が1日100名となります。

※指導者は定員なし


7 参加料 大人1,000円/1日 小中高生 500円/1日

団体ごとに、当日受付にて集金いたします。


8 申込方法  ADVANCEスポ少代表坂上へ電話かメールをいただければ、

        申込書をFAXかメールにて送信。

        申込書に必要事項を記入し申し込みください。


9 申込期日  平成28年9月30日(金)まで

        定員に達した時点で締め切りとなります。   

        但し期日を過ぎた場合でも、

        空きがあれば受け付けいたします。
10その他  
 ①運動中における傷害等について 

応急処置はいたしますが、その後は各自所属団体加入の保険等で

対処をお願いします。
②実技参加の方は動ける服装・各自ボール1個を準備してください。

③お弁当が必要な方は、申込いただければ準備いたします。

④29日(土)の夜に☆夜の自然体バレー塾☆ 会費5000円 を予定!

  会場 南郷夢温泉 共林荘 秋田県横手市山内南郷字大払川139-1 

      電話0182-53-2800

     ※指導者の宿泊については、同会場を抑えてあります。

      ご相談ください。

      (朝食付きの宿泊+懇親会で10,000円の予定です。)

      また29日(土)は奥羽駅伝と重なり

      宿泊予約が取り難い状況となっておりますので

     各宿泊施設共、早めの予約が必要です。

     選手の宿泊は各チームで手配お願いします。

     ADVANCE(アドバンス)スポーツ少年団 代表 坂上(サカノウエ)

携帯電話 09029816503 

(日中でも可)

            

   E-mail ap448@hotmail.com


c0000970_09583238.jpg


[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-04 15:14 | <開催要項>

自動車保険配布スキンパーツ1 第2641話・・・打出レポート2

打出レポート2(打出中・沖本)

先日の強化練習会に
多くの方々に来校していただき打出中バレー部の様子を見ていただきました。遠方からそして弾丸ツアーで強化練習会に参加をしていただきありがとうございました。

この時期の強化練習会は
三年生の引退と新チームスタートです。

草野先生から
先輩の伝統を受け継いでいるね
とコメントしていただき、
次もいいチームにしたいなぁ~と
僕自身が決意できました。

三年生のチームは、自治的な活動ができ自分たちで判断、実行できるチームになりました。生徒たちのもつ力は凄いなぁ~と感動されました。

練習試合も年間100セット弱でしたが最後の市内大会では強豪から第1セットを獲得するなど会場をアッと驚かせてくれました。8人の三年生がそれぞれにいいプレイを披露し中学からバレーボールを始めたセッターは最終試合では、ノーファール。試合後の本人の笑顔が最高に輝いていました。
c0000970_11250870.jpg
教室で昼食(自己紹介)

そして、強化練習会では草野先生から
教員の判断力の無さに喝をいれていただきました。
例えば…
真夏の練習で、体育館のフロアに
水筒を置いてはいけないのか?
大切なのは、命?床?

どこまでの保護者の指摘で
教員はそれはいけなかったといえるのか?

今週末から教職員研修にいく僕にとって
法規に照らし合わせ、人道的に、
教育に携わる者としてどう判断するのかを
確固たる教育力を身につけたいと
思います。

次回は11月12、13に
第20回強化練習会を予定しています。
生徒が主役であるということを一緒に勉強しましょう!







[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-03 11:26 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 第2641話・・・・・打出レポート

打出レポート(東京・日野台高校 杉山)

初日(7月30)、ボディローテーションから始まる夏トレ2016

ここでグッピー体操に手が入る

★クロスした手の形にこだわる!

回内、掌屈、そして尺屈 決めポーズの手の形がそのままスパイク、オーバーパスの形につながる。このことは気が付いていませんでした。早速、矯正します。

頭の体操は足じゃんけん これもリズムと頭と体をつなぐのがむつかしい。

楽しめることも大事。

★お辞儀ダッシュ

ステップ!スプリット、サイドステップ、次の2ステップをしっかり!ここを流さない!

★なぜ夏トレか?

自信の話。自信は自分がやってきたことでしかつかない。

人はつけてくれない。

人と比べない、やり続けることが自信になる。


★わからない人に練習時間を使わない(合わせない)

わかる人が教えて練習時間を使ってしまうことは、わからない人のレベルのチームになってしまう。どこにも合わせない!全員が今の自分よりレベルアップ!

わからない人は、わかる人を見て動く。自分で考えてやる。それでもわからないときは練習時間外で、分かる人に教わる。

午後もダッシュのステップ中心。そこにパスの手、スイングを載せてゆく

★ここでも気づきがスパイクステップの手は肘が上、手首はリラックス。肩のゼロポジション。スイングスピードを意識する場所はゼロポイントへ向かって速くなる

★パスの最終形で1秒ストップ!手の位置はくるぶし、股関節、肩、耳をつなげた線上。上を向けばパスの位置。バックトスがあげられる位置が基本!

パスの手を下げるときに必ずスプリット!

パスの手の形 薬指と親指で四角を!人差し指と中指は飛ばす準備!

このパス練習しかない!これしかセッターのパスを作ることはできない!この一言はかなりズシンときました。

慣れてきたら、パスのボールの下に入るのに無駄な動きを入れてから入るようにして落下点移動の練習をする。いくらでも難易度は変えられる。違うレベルの選手がそれぞれ上を目指す練習ができる!(これもわかっていても、なかなかやってなかった)

★ラインの話、三つの話、心豊かになど

HRでつ開ける話満載!

★膝滑りレシーブ

なぜ膝滑りか?レシーブしてから膝で滑る!(これも先日まで勘違いしてました)

8方向ステップ

★そしてまたパス

手首の力で飛ばして肘が付いてくる。

手首の動きを覚える練習!これはかなり効きます!

真上でとらえて後頭部までおろして、手首でパス、最後はウサギさん

この時もステップ時はへそもぞの位置に手を置いて動くことを忘れない。

とにかく動き始めの手の位置にこだわる!

★新ゴリラ

ステップを覚えるのにとにかくこれをやるべし!

★スパイクステップ

リラックスした腕ぶらんから上がっても肘は肩まで、手首はそれよりも下

顔は前‼ジャンプしながらひねる

テイクバック!脇90° 手首は、尺屈、掌屈、回内

★ダンスは動きを修正したり、練習の流れを切るためにも使われる

★自由の話

自由には責任が!

★練習について

相手のことを考えてボールを送る

上げっぱなし、打ちっぱなしはダメ

相手と次のプレイを考える

具体的には、むつかしいボールはつないで修正して送る

ジャンプしてスパイクに自信がなければ2段モーションでもいい

特につなげることが目的の場合は、そうするべき

☆技術に差があっても全員が今よりうまくなろうとする!

全員を同じレベルにするとは違う

☆今回の練習会で特に思ったこと

やればできるようになる

意識すればできる

大事なことはしつこく言う

全員が今よりうまくなろうとするチーム

思いやりを持つ!

練習に取り組む姿勢。技術的には本校選手に今すぐにでも生きる内容が盛りだくさんでした










[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-03 11:13 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 第2640話・・・元監督・現教頭の視点(55)

生活と心のつながり


夏休みに入ってから一週間ほどになりました。先日、同じ職場の先生から「教頭先生は夏休みでも出勤時間が変わらないんですね」と言われました。自分では意識したことはないのですが、私は一般教諭・監督時代から夏休みでも通常と同じ時刻に出勤していました。理由は、「生活の乱れは指導の乱れになる」と思っていたからです。


 合宿、遠征等、この世界ではいろいろとお酒を飲む機会があります。また、優勝でもすると祝勝会があり、保護者とものむ機会が確実に増えます。私も勝つたびに「先生、親たちで○○でのんでいるからね。後から来てね」とお誘いを受けることもたくさんありました。勝った話をつまみにしてのむのは実に気持ちのいいものです。「先生、すごい」などと言われ有頂天になってしまいます。当然、酒量も増えて、翌日まで残るのみ方をしてしまいます。


 私の周りでも強くなることで、自分を見失い、酒席も増えて家にいなく家族を粗末にするようなになった人。保護者と不倫関係に陥ったり、一部の保護者から過剰な接待を受けたりした人を何人か見ました。欲にまみれた生活に送り、指導の世界からも離れていき、家族までも失ってしまうケースもみました。


 そういう人たちを見て、「強くなっても心をいかに清らかに保つか」などということを考えるようになりました。そんな時に出会ったのが自然体バレーでした。私は自然体バレーの練習メニューよりも、人間学にひかれてのめりこんでいきました。ですから、チームが強くなっても、信じるものの存在があり、それを羅針盤として指導という航海をしていました。ですから、途中で沈没することはありませんでした。ただ、漂流することはよくありましたが、もう一度、コンパスを持って、正しい航路を目指すことができました。


 私が監督時代も今も心掛けていることとして

 ①規則正しい生活をする

 ②約束したことはきちんと守る

 ③暴飲暴食をしない。

 ④寝不足にならない・反対に寝過ぎない

 ⑤怠けない。けど、無理して働き過ぎない。バランスのとれた生活

 ⑥異性関係の乱れ・問題を起こさない。

 ⑦お金は必要最低限しかもたない。質素・節約を大切に。けど、

  家族・選手・チームのためになるお金の時は太っ腹に使う。


 生活の乱れは心の乱れを起こし、指導の乱れという負のスパイラルに陥ります。バレーをしているときもイライラしたり、怒りっぽくなったり、丁寧さ等も失われていきます。


 私の指導経験から言えることは、「規則正しく、きちんとした生活をすることで、気持ちの乱れもおさまり、仕事やバレーに集中できるようになる」ということです。また、家庭でも落ち着いた状態で過ごせるようになります。


 監督というのは、全てにおいて試されているんだと思います。けど、こういった「動じない生活」ができると仕事でも自分の可能性が大きく広がっていきます。バレー指導をしたことで、私は確実に自分を高めることができて前に進む生き方ができるようになりました。もちろん、その中心軸にしてきたのが自然体バレーです。


 暑い夏休みです。生活も乱れがちになるこの時期、指導者の皆さんも自分の生活を見直す機会にしてはどうでしょうか?



[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-03 11:05 | ■連載“日々努力”

自動車保険配布スキンパーツ1 バレー塾 947回 in打出

第947回バレー塾
in打出
2016年7月30〜31日;打出中体育館ほか 180名
述べ参加数:183,500名


真夏の勉強会

部活のあり方を学ぶ夏の日
東京・茨城・静岡・愛知・沖縄
そして近隣地区の指導者と選手

確かな手応えをつかんで
子どもたちの元に帰って
行かれたようです。

c0000970_11015269.jpg
自主自費研修の先生方は異口同音
生のライブにかなうものなし
勘違いも、理解不足も、?部分も
一気に解決!
しかし、帰って指導すれば
また壁にぶち当たる
それでいいんです
それを繰り返して
成長していくんです
だから
「選手の犠牲の上に
指導者の成長がある」
このことを
忘れてはいけないんですね。
c0000970_11015309.jpg

琵琶湖の見えるホテルで大人のバーベーキュ
夜は「教師の判断とは」
遅い・甘い!
教師は子どもを守るのが使命だ!
そんな話で盛り上がりました😋
c0000970_13505771.jpg
c0000970_11015130.jpg
3年生もこれをもって
中学部活の現役引退!
最後にこんな話をしました

「あなたたちは一人もかける事なくここまできました。いいチームをつくるために互いに協力してきました。明日からはフリーになります。今までは8名で動いていたのが、多くの先輩方がそうであるように2名の特定な友達と一緒に動く事が多くなるでしょう。そこで、二人の仲が急速に接近していくのはいいけども、他の人が入れないような関係を作らず、他の人もウエルカムの状態にしてください。3人グループになった場合、一人をハミごにするような事は避けてください。もし仲間はずれになって一人の寂しさを味わった人は、「自分が相手の立場になったら一人ぼっちにさせない」と誓ってください。寂しい思いをする事で人間的に一回りもふた回りも成長してください」











[PR]

# by kusanokenji | 2016-08-01 11:03 | ■連載“日々努力”